入賞作品5点が決定!! 第6回「夏休み!子ども絵画コンクール」

日本製粉

2013/11/7 16:33

日本製粉(株)(社長 小寺春樹)が開催するNIPPN世界の子ども支援企画 第6回「夏休み!子ども絵画コンクール」の入賞作品が決定いたしました。

2013年11月7日

日本製粉株式会社

入賞作品5点が決定!!

第6回「夏休み!子ども絵画コンクール」

~ 最優秀賞は『せかいのこどもたち』 ~

 日本製粉(株)(社長 小寺春樹)が開催するNIPPN世界の子ども支援企画 第6回「夏休み!子ども絵画コンクール」の入賞作品が決定いたしました。

--------------------------------------------------------------------------------

 『みんなの個性、みんな大切』をテーマとした1,975作品の応募

--------------------------------------------------------------------------------

 当社は、次世代を担う子どもたちの育成支援を行う活動の一環として、参加することにより寄付につながる「世界の子ども支援企画」を実施しています。

 「夏休み!子ども絵画コンクール」は、「世界の子ども支援企画」のひとつとして2008年より全国の小学生を対象に開催しており、応募作品1点につき100円を当社がユニセフに寄付するというものです。第6回となった今年は、「みんなが違うから、みんながオンリーワン、みんなが大切」ということを感じてもらいたいという思いを込めて、『みんなの個性、みんな大切』をテーマに作品を募集し、1,975点の作品が全国から寄せられました。

--------------------------------------------------------------------------------

 優しい気持ちが伝わる、個性豊かな入賞作品5点が決定!!

--------------------------------------------------------------------------------

 10月18日(金)に最終審査会を開催し、各賞の受賞作品が決定いたしました。最優秀賞には、「世界中の子どもたちが平和で暮らせるように」という願いを、画面いっぱいにのびのびと描かれた世界中の子どもたちのたくさんの顔で表現した『せかいのこどもたち』が選ばれました。応募作品はどの作品も子どもたちの優しい視線と思いに溢れており、みんなの個性の大切さがしっかりと表現された力作が多数寄せられました。

 当社はこれからも、世界の子どもたちの健やかな成長を願い、CSR活動に力を入れてまいります。

第6回「夏休み!子ども絵画コンクール」開催概要

■テーマ : みんなの個性、みんな大切

■企画趣旨 : 世界には、たくさんの人たちがいて、それぞれに他にない個性を持って

        います。違うからこそ、私たちはお互いから学ぶことができます。私た

        ち一人ひとりが、それぞれ異なる個性を発揮することで、ひとりではで

        きないこともできるようになります。自分の個性が大事なように、他の

        人の個性も同じように大事です。「みんなが違うから、みんなが

        オンリーワン、みんなが大切」ということを感じてもらいたいと願い、

        今回のテーマで作品を募集しました。

■対象 : 日本国内の小学生

■募集期間 : 2013年7月1日(月)~9月17日(火)

■応募数 : 1,975点

■審査員 :●広島市立大学 芸術学部 松尾真由美先生

      ●公益財団法人 日本ユニセフ協会 個人・企業事業部 部長 遠藤剛氏 ほか

      ●日本製粉(株) 取締役常務執行役員 清都崇史 ほか

■寄付について : 応募1作品につき100円を、日本製粉が日本ユニセフ協会に寄付します

全受賞作品と審査員によるコメント、最終審査の様子等はこちらでご覧いただけます。

 > http://www.dff.jp/nippn_sekainokodomo/kaiga/prize.html

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

【最優秀賞】せかいのこどもたち

【優秀賞】いつも、私らしく

【優秀賞】てんぷく ちよちゃん

【ニップン賞】いろんなナス

【ユニセフ賞】最後までおうえん

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中