早稲田環境塾「青鬼サロン」のお知らせ

早稲田大学

2014/8/27 19:30

2014/08/27

早稲田大学広報室広報課

早稲田環境塾「青鬼サロン」のお知らせ

早稲田大学と毎日新聞社、山形・高畠共生塾プロジェクトが共催する早稲田環境塾「青鬼サロン」(第5回)が8月28日午前10時から午後5時まで、毎日新聞社本社1階、MOTTAINAI STATION「毎日メディアカフェ」(東西線竹橋駅直結)にて開催されます。全国初の、大学・メディア・地域(有機無(減)農薬作物の生産者と購買者)による学びあいと相互支援を試みる集いとなります。大好評の高畠産の生鮮野菜やジュース、ワイン、日本酒などの加工品も展示即売されます。

当日、午後2時からは、「泣いた赤おに」「むく鳥のゆめ」など心揺さぶる高畠町出身の童話作家、浜田広介の作品と、その現代へのメッセージについての講演が行われます。「心を深く、温かく耕す 広介童話の現代へのメッセージ」がテーマです。

講師は浜田広介記念館の鈴木征治理事長と日本児童文芸協会の岡信子理事です。広介は奥羽山脈の懐深く、雄大ながら繊細な山里風景と草木塔に代表される神仏習合に由来する祈りの文化に培われ、数々の名作を著します。自身の挫折と再生のこころの遍路を映した数々の童話は、3.11以降の日本人に愛と善意の尊さを訴えてやみません。

・毎日メディアカフェ 早稲田環境塾「青鬼サロン」お申し込みはこちら(入場無料)

https://mainichimediacafe.jp/eventcal/entry/

【スケジュール】

9:30~10:00 会場設営・農産物搬入

:千代田区竹橋1丁目/内堀通り/平河門前交差点

10:30   青鬼サロン/直売所スタート

13:30 聴講者 受付開始

===================================

14:00  青鬼サロン スタート

 司会:早稲田環境学研究所・たかはた共生プロジェクト 司会 吉川成美

 はじめに 浜田広介記念館 紹介 たかはた共生プロジェクト 有本仙央

14:10 浜田広介記念館理事長 鈴木征治 様 「浜田広介と高畠町」(1時間程)

15:00 ・一般社団法人日本児童文芸家協会顧問、(社)日本文藝家協会理事 岡信子先生

「広介童話の優しさ、その真髄」(仮タイトル)」(30分間程)

15:30 鼎談/テーマ 「広介を現代に読み解く(仮タイトル)」

・浜田広介記念館理事長 鈴木征治

・一般社団法人日本児童文芸家協会顧問、(社)日本文藝家協会理事 岡信子

・早稲田環境塾塾長、たかはた共生プロジェクト共同代表 原剛

【ひろすけ童話賞とは】

日本のアンデルセンと謳われた、本協会初代会長・浜田広介(早稲田大学卒業)の偉業を讃え、「ひろすけ童話」の底を流れるヒューマンな愛と善意、詩魂を継承するため、平成2年に設けられた。1年間に出版された幼年童話から、新しい童話世界を創造するすぐれた作品に贈られる。主催:山形高畠町・高畠町教育委員会・浜田広介記念館・日本児童文芸家協会(山形県高畠町は浜田広介の故郷)

16:20 会場からの質問

16:30 総括 たかはた共生プロジェクト (高畠)

16:50 <農産物試食・販売&高畠への旅紹介>

17:00 終了

≪開催概要≫

開場 14:00 開演 14:00

終演 17:00

定員:30名

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中