FXDD Globalはヘッジファンドが提供する機関投資家向けのアルゴリズムを個人投資家向けにも提供する業界初のFXブローカーとなります

FXDD Global

2015/7/23 11:30

AsiaNet 61293

FXDD Globalはヘッジファンドが提供する機関投資家向けのアルゴリズムを個人投資家向けにも提供する業界初のFXブローカーとなります

Tradency社との業務提携を強化することで顧客のトレードの幅を広げます

ニューヨーク - 2015年7月23日 -  金融機関へのサービス提供、及び商品開発に力を入れているグローバル企業Tradencyと、国際的なオンラインFXブローカーであるFXDD Globalは、本日提供している取引プラットフォームMirror Traderの拡充を発表した。この革新的な最新のトレードストラテジーはヘッジファンドが開発するアルゴリズムを特徴とし、FXDD Global の個人投資家の皆様に口座残高が100万米ドル以上の機関投資家のみにアクセス権のあったストラテジーを提供することが可能となった。

今回の決定についてFXDD Global の上級副社長であるTom O’Reillyは次のように述べた。「過去の取引実績などによって開発された世界最高基準のトレードテクノロジーを提供できるようになったことで、弊社の個人投資家の方々により幅広いトレードを展開して頂くことが可能になりました。これらのストラテジーを提供することで弊社が世界各国の投資家に提供する取引ツールが拡充されました。」

今後FXDD Global が提供するMirror Trader は新たにヘッジファンドが提供する15のストラテジーがご利用いただけるようになります。これらのヘッジファンドは過去の取引結果、並びに資金額を基に、厳選されております。

Tradency 社 副社長 Oz Golanは次のコメントを残している。「弊社は世界でも有数のトレーダーによって使用されている最高品質のアルゴリズムを個人投資家にも提供することによってシステムトレードのツールの拡充を決定いたしました。FXDD Globalとの提携は喜ばしいものであり、この新しいサービスによって顧客満足度がが上がり、顧客の利益率(ROI)が増加されることを期待しております。」

Mirror TraderについてはこちらのURLをご参照ください。http://www.fxdd.com/mirror_jp/

FXDD Global について

FXDD Global (http://www.fxdd.com/mt/jp ) は世界有数のFXブローカーでCurrency Mountain Holdings社 (www.currencymountain.com) の子会社です。FXDD Globalは最先端の技術、及び教育によってお客様のトレードをより良いものに致します。FXDD Globalは米国外の個人投資家、機関投資家、ヘッジファンド、事業体、ブローカー、及びマネーマネージャーの皆様にサービスを提供しております。FXDD Globalは様々な取引スタイル、ニーズに応えるべく、広範囲に及ぶトレードツール、プラットフォーム、及び24時間対応のカスタマーサポートを提供しております。FXDD Globalはマルタ金融庁 (MFSA: Malta Financial Services Authority) の認可を受けております。

Tradencyについて

Tradency社は金融機関へのサービス提供、及び商品開発に力を入れているグローバルテクノロジー企業です。Tradency社の最先端の金融技術は最上級の顧客に対し、新しいマーケットトレンド、取引機会を形成しています。過去10年以上、Tradency社は世界各国の顧客に信頼性、費用効果の高い取引システムを提供してきました。Tradencyは2005年、業界初となるシステムトレードの開発に成功しました。現在は全5大陸全てに進出しており、日本国内においても絶大な存在感を示しています。Tradency 社の詳細はこちらのURLをご確認ください。http://www.tradency.com/ja/home-page-japanese

情報元:  FXDD Global

このプレスリリースについてのお問合せは下記にお願いいたします。

FXDD Global

marketing@fxdd.com

+1 212-266-0880

Tradency:

Leehee Yaron-Gerti

Leehee.Gerti@Tradency.Com

(日本語リリース:クライアント提供)

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中