「TAP WATER ADVENTURE」サポートを開始

日本製粉

2016/9/1 15:00

日本製粉(株)(代表取締役社長:近藤雅之 本店:東京都千代田区)は、公益財団法人日本ユニセフ協会(以下ユニセフ)主催の「TAP PROJECT JAPAN 2016」に協賛し、その企画のひとつとして9月1日(木) から11月3日(木)まで実施されるスマートフォン上のミニゲーム「TAP WATER ADVENTURE」をサポートいたします。

2016年9月1日

日本製粉株式会社

安全な水を必要とするマダガスカルの子どもたちのために

「TAP WATER ADVENTURE」サポートを開始

実施期間:2016年9月1日(木)~11月3日(木)

 日本製粉(株)(代表取締役社長:近藤雅之 本店:東京都千代田区)は、公益財団法人日本ユニセフ協会(以下ユニセフ)主催の「TAP PROJECT JAPAN 2016」に協賛し、その企画のひとつとして9月1日(木)から11月3日(木)まで実施されるスマートフォン上のミニゲーム「TAP WATER ADVENTURE」をサポートいたします。

 「TAP PROJECT」は、世界中の子どもたちが「清潔で安全な水」を使えるよう、ユニセフ(国連児童基金)の活動を支援するものです。当社は、「TAP PROJECT」が日本で始動した2009年より、活動の趣旨に賛同し協賛を続けています。

 今年の「TAP PROJECT」でも、多くの方に活動を広く知ってもらうため「TAP PROJECT JAPAN 2016」のデジタル企画として、スマートフォンでアフリカにきれいな水を届けるミニゲーム「TAP WATER ADVENTURE」を実施します。当社はこの企画をサポートし、1プレイにつき100円を「TAP PROJECT」を通じてユニセフに寄付いたします。スマートフォン、タブレットをお持ちの方ならどなたでも、何回でもお楽しみいただけます。

【当社支援企画「TAP WATER ADVENTURE」内容】 

■企画内容 :

「TAP PROJECT JAPAN」ホームページ上に設置されるミニゲームです。

スマートフォンやタブレットを傾けることで、水滴を操作し、世界を巡りながらマダガスカルに水を届けます。

自分のアクション(募金)がどのように現地で活かされるのか、イメージするきっかけ作りとして、募金によって生まれた水が日本からマダガスカルに届けられる様子を擬似的に体験することができるゲームとなっています。

■参加条件 :

スマートフォン、タブレットから参加できます。

(※)パソコンからは参加できません。

どなたでも、お一人さま何回でも遊んでいただけます。

■実施期間 : 2016年9月1日(木)~11月3日(木)

■寄付について :

1プレイにつき、参加者に代わり当社から100円を「TAP PROJECT」を通じてユニセフに寄付します。

■URL : https://www.tapproject.jp/tap-water-adventure/ 

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

TAP WATER ADVENTURE イメージ

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このリリースを配信した企業・団体

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中