P&G 羽生結弦選手の新TV-CM発表会を開催

P&G ジャパン

2017/11/28 11:00

2017年11月28日

プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社

平昌2018冬季オリンピック P&G「ママの公式スポンサー」キャンペーン

羽生結弦選手の新TV-CM発表会を開催
ロシアからエフゲニー・プルシェンコさん来日!
女子レスリング・吉田沙保里選手、松岡修造さんと共に、
羽生結弦選手に向けて熱いエールを送る!



 国際オリンピック委員会(IOC)のワールドワイドスポンサーであるP&G(プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社、本社:神戸市)は11月15日(水)、P&Gグループが世界で展開するオリンピック「ママの公式スポンサー」キャンペーンの日本代表アンバサダーでもある羽生結弦選手が出演する新CMの発表会を東京・恵比寿で開催しました。

 当日は、トリノ2006冬季オリンピック男子フィギュアスケート金メダルのエフゲニー・プルシェンコさん、アテネ2004オリンピック、北京2008オリンピック、ロンドン2012オリンピック女子レスリング金メダルの吉田沙保里選手、「ママの公式スポンサー 熱血応援リーダー」の松岡修造さんをお迎えして、羽生結弦選手の新TV-CMの魅力や、平昌2018冬季オリンピックの見どころなどのお話を伺いました。

【イベント内容】
 今回は特別ゲストとして、羽生選手の小さい頃からの憧れの存在であり、お互いをリスペクトしあう仲でもあるプルシェンコさんと、オリンピアンとして活躍を続ける吉田沙保里選手にご出席いただきました。プルシェンコさんは「私は羽生選手と同じ時代に生きていることを、とても名誉なことと思っています。私は彼を昔から知っています。私を憧れの存在だと言っていただいていることはとてもうれしいです。羽生選手のけがですが、とても大変なことだと思います。ただ、私も脊髄など15回手術をしていますが、自分の中にしっかりとした軸があれば問題ありません。羽生選手はしっかりとした軸を持っています。だから、彼はオリンピックで素晴らしい演技をしてくれると私は信じています」と羽生選手にアドバイスを送りました。吉田選手も世界選手権の直前にけがをしたことを振り返り、「アスリートにけがは付きもの。けがをしてもオリンピックチャンピオンになった人もいますし、万全のコンディションでもメダルが取れなかった人もいます。けがうんぬんではなく、自分に自信を持てるよう、しっかりと準備をしてほしいですね」と同じアスリートならではのコメントをくださいました。

 続いて、羽生選手の新しいTV-CMを見ていただきました。プルシェンコさんは「どの子どもも両親は聖なる存在。ましてやお母さんは格別です。羽生選手はお母さんをとても大切に思っていて、お父さんも大好きなことを私は知っています。このCMはとてもいい。優しいCMですね」と感想を述べてくださいました。吉田選手も「私の家族はスポーツ一家なので、家族の存在がとても大きいんです。家族の支え、応援があってここまでこれたと思っています。このCMは、ぐっとくるものがありますね。家族の大切さが改めてわかるCMです」と言うと、松岡さんも「お母さんのアスリートへの役割はとても大きい。勝っても負けても全てを受け入れてくれる唯一の存在なんです。羽生選手の『お母さん、ありがとう』というシーンで、見ている人も羽生選手のお母さんの気持ちになった人も多いのではないでしょうか」と語りました。

  新CMのお披露目も無事に終わったところで、羽生選手の等身大パネルが登場しました。天の声をイメージ※した羽生選手から吉田選手へ「最初にP&G『ママの公式スポンサー』アンバサダーになったのはいつ?」「平昌オリンピックのエキシビションの開催はいつ?」など、羽生選手にまつわるクイズを出してもらいました。松岡さんのサポートもあって、見事全問正解!クイズでも霊長類最強女子のパワーを発揮してくださいました。※今回の羽生選手の声は、CM撮影時の6月に録音したものです。




 いよいよ来年2月の開催が迫った平昌2018冬季オリンピック。そこで、P&G社員一同が羽生選手に贈る横断幕に、ゲストのみなさんにも応援メッセージを記入していただきました。プルシェンコさんは「最高の場所で、最高の舞台で、成功をお祈りしています」、松岡さんは「ゆづるさんだからできる」、吉田選手は「最高のパフォーマンスを楽しみにしています」とそれぞれの思いをメッセージに込めて記入しました。

 プルシェンコさんは「羽生選手には、ライバルと戦ってはいけない、と言いたいですね。フィギュアで大切なのは自分自身なのです。4歳から積み重ねてきた仕事をきちんとオリンピックという晴れの舞台でやれば大丈夫です。そして早くけがを治して、いつものプラス思考を発揮してほしいですね」とエールを送りました。吉田選手は「選手はみんな最高のパフォーマンスを出すために一生懸命練習しています。自分を信じて、できるという強い気持ちを持つことはとても大切です。最後は気持ちなんです。揺らがないことが大事です。羽生選手には自分らしく、伸びやかに滑ってほしいですね」と言うと、松岡さんも「お二人の羽生選手への熱い気持ちがよく伝わりました。羽生選手はこのオリンピックで、自分の限界を超えたプログラムを組んで、連覇をするという信じられないことをしようとしています。彼はスポーツを変えようとしています。羽生選手は頑張りますよ。だから皆さんも、羽生選手を応援しましょう!」とコメントしました。そして、最後に横断幕を持って3人で「頑張れ羽生選手!」と熱いエールを送って、イベントを締めくくりました。





■“平昌2018冬季オリンピック P&Gキャンペーン”概要
 P&Gは、日ごろからP&G製品をご愛用いただいているお客様への感謝の気持ちを込めて、平昌2018冬季オリンピックのフィギュアエキシビション(5組20名様)をはじめ、国内のアイスショー観戦チケット(合計ペア200組400名様)などが当たる“平昌2018冬季オリンピック観戦ツアー当たる!P&Gプレゼントキャンペーン”を2017年11月1日(水)から開始しています。
参加方法などの詳細に関しては、下記ウェブサイトをご覧ください。
ママの公式スポンサーキャンペーンサイト:https://www.myrepi.com/pyc

■P&Gとオリンピックについて
 P&Gは、2010年7月、国際オリンピック委員会(IOC)と「TOP(The Olympic Partner)プログラム」の契約を締結しました。このパートナーシップは、スポーツを通じてよりよい世界を構築するというオリンピックの精神と、世界中の人々の暮らしをよりよくしていくというP&Gの企業理念が合致して実現したものです。
 2020年開催予定の東京2020オリンピックまでの10年間、オリンピックそのものへの支援に加えて、世界共通のテーマ「ママの公式スポンサー」のもと、オリンピック出場選手とそのお母さんを応援するキャンペーンを全世界で展開します。日本においても、同キャンペーンを通じ、日本中のお母さんと家族を応援するさまざまな活動を行っています。

■世界共通P&G「ママの公式スポンサー」キャンペーンとは?
 P&Gは、ロンドン2012オリンピックから「ママの公式スポンサー」をキャンペーンテーマとして定めています(海外では「Thank You, Mom」という名称で展開)。このテーマには、オリンピックは選手たちの活躍によって生まれる感動だけでなく、選手とそのご家族とのつながりを強く感じる機会でもあることから、その絆に触れることで、自分のお母さんや家族の大切さ、感謝の気持ちに改めて気付いてほしいという願いが込められています。ロンドン2012オリンピック、ソチ2014冬季オリンピック、リオデジャネイロ2016オリンピックでのキャンペーン展開では、日本のみならず世界中から多くの反響をいただきました。
 P&Gは、国際オリンピック委員会(IOC)のワールドワイドスポンサーとして、平昌2018冬季オリンピック、そして次の東京2020オリンピックにおいても、「ママの公式スポンサー」として世界中のオリンピック出場選手およびそのお母様を支援してまいります。 

■P&Gについて
 P&Gは、高い信頼と優れた品質の製品ブランドを通じて、世界中の人々の暮らしに触れ、よりよいものにしています。日本では、衣類用洗剤「アリエール」「ボールド」「さらさ」をはじめとして、エアケア製品「ファブリーズ」、柔軟剤「レノア」、台所用洗剤「ジョイ」、紙おむつ「パンパース」、生理用品「ウィスパー」、ヘアケアブランド「パンテーン」「h&s」「ヘアレシピ」、スキンケア製品「SK-II」、シェーバー「ジレット」「ブラウン」、電動歯ブラシ「ブラウン オーラルB」など、様々な製品を提供しています。(http://jp.pg.com/




本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

プレスリリース添付画像

このリリースを配信した企業・団体

  • 名称 プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社
  • 所在地 兵庫県
  • 業種 化学
  • URL http://jp.pg.com/

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中

過去のリリース