2019年鮮鶴平和賞をソウルでアキンウミ・アヨデジ・アデシナ、ワリス・ディリー両氏に授与

鮮鶴平和賞委員会(The Sunhak Peace Prize Committee)

2019/2/11 12:00

2019年鮮鶴平和賞をソウルでアキンウミ・アヨデジ・アデシナ、ワリス・ディリー両氏に授与

AsiaNet 77320 (0181)

【ソウル(韓国)2019年2月9日PR Newswire=共同通信JBN】鮮鶴平和賞委員会(The Sunhak Peace Prize Committee)は2月9日午前10時に蚕室ロッテホテルワールドで2019年の鮮鶴平和賞受賞式を開催した。

2019年の鮮鶴平和賞は、アフリカ開発銀行グループ総裁のアキンウミ・アヨデジ・アデシナ(Akinwumi Ayodeji Adesina)博士と、女性器切除(FGM)人権活動家のワリス・ディリー(Waris Dirie)氏に授与された。

Photo: https://photos.prnasia.com/prnh/20190209/2363445-1-c

キャプション:アキンウミ・アデシナ博士

Photo: https://photos.prnasia.com/prnh/20190209/2363445-1-d

キャプション:ワリス・ディリー氏

Photo: https://photos.prnasia.com/prnh/20190209/2363445-1-e

キャプション:韓鶴子博士、アキンウミ・アデシナ博士、ワリス・ディリー氏と委員会委員長の洪一植博士

同委員会は、アデシナ博士がグッドガバナンスの促進と農業の刷新の指導を通じてアフリカの経済の向上を達成したことを認めた。彼の業績は、アフリカの数百万人の貧困生活者の生活改善を目指したアフリカの食糧安全保障に貢献した。

委員会は、ワリス・ディリー氏が女児と女性の権利を精力的に擁護し、FGMのリスクを抱える女児らの保護につながるFGM撤廃のための世界的な解決を訴えたことを認め、賞を授与した。

授賞式で受賞者はそれぞれ、平和賞創設者の韓鶴子博士と委員会委員長の洪一植博士からメダルと記念額とともに50万米ドルの賞金を受け取った。

授賞式にはアフリカその他からさまざまな政府、学界、事業、メディアや宗教を代表する現職や元大統領、副大統領、指導者や企業家を含め1000人超の代表らが参加した。

世界食糧賞財団の会長のケネス・M.クイン大使が祝賀演説を行い、2人の受賞者は真にアフリカの人権と人間開発の向上をとりわけ重視するだろうと述べた。

アデシナ博士は受賞演説で、空腹な世界に平和はありえないとし、この賞はこれらの世界中の、また特にアフリカの最も特権を持たない人々のためにさらに活動するようにとの要請だと述べた。

ワリス氏は、FGMは自分たちの時代で根絶されなければいけないとし、彼女は自分たちが女児や女性の権利が尊重されることのできる社会が建設されるまで、女児と女性の権利のために闘い続けると述べた。

洪会長はOne Family Under God(神のもとで1つの家族)の理想と、アフリカでの人権と人間開発のテーマの重要性を力説した。彼の歓迎演説は、平和はすべての人の人権が保護されて初めて達成できるとし、受賞者の献身がどれほど人間を世界平和の新たな章を開くことへと一歩近づけることができるかを強調した。

鮮鶴平和賞は平和と未来世代の幸福と人間開発に大きな貢献をした個人と組織をたたえるものである。

ソース:The Sunhak Peace Prize Committee

The Sunhak Peace Prize for 2019 Convened in Seoul Awarding Akinwumi Ayodeji Adesina & Waris Dirie

PR77320

SEOUL, South Korea, Feb. 9, 2019 /PRNewswire=KYODO JBN/--

The Sunhak Peace Prize Committee held the 2019 Sunhak Peace Prize Award

Ceremony on Feb.9, 10 am, at Jamsil Lotte Hotel World.

The Sunhak Peace Prize 2019 was awarded to Dr. Akinwumi Adesina, President of

the African Development Bank Group and to Waris Dirie, Female Genital

Mutilation (FGM) human rights activist.

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20190209/2363445-1-c

Caption: Dr Akinwumi Adesina

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20190209/2363445-1-d

Caption: Waris Dirie

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20190209/2363445-1-e

Caption: Dr. Hak Ja Han Moon, Dr. Akinwumi Adesina, Waris Dirie and Committee

Chair, Dr. Il Sik Hong

The Committee acknowledges Dr. Adesina's achievements in improving Africa's

economy by promoting Good Governance and in leading agricultural innovation.

His achievements contributed to food security in Africa, aimed at improving the

lives of millions living in poverty in Africa.

The Committee awarded Waris Dirie in recognition of her tireless advocacy for

the rights of girls and women, and her call for a worldwide resolution for the

eradication of FGM, thereby protecting girls who are at the risk of FGM.

At the Ceremony, each laureate received a prize of US$500,000, along with a

medal and plaque, presented by founder, Dr. Hak Ja Han Moon, and Committee

Chair, Dr. Il Sik Hong.

The ceremony was attended by more than 1,000 delegates, including current and

former presidents, vice presidents, leaders and entrepreneurs from Africa and

others representing various governments, academia, businesses, media, and

religions.

Ambassador Kenneth M. Quinn, president of the World Food Prize Foundation, gave

Congratulatory Address stating: the two Laureates truly will bring a distinct

focus on uplifting Human Rights and Human Development in Africa.

Through his acceptance speech, Dr. Adesina asserted that, there cannot be peace

in a world that is hungry and the prize is a call to do more for those least

privileged around the world and especially in Africa.

Waris asserted that FGM must be eradiated in our time and she will continue to

fight for girls and women's rights until we build a society where their rights

can be respected.

Chairman Hong asserted the importance of the vision One Family Under God, and

the theme Human Rights and Human Development in Africa. His Welcome Address

emphasized that peace can be achieved only when everyone's human rights are

protected and how laureates' devotion can bring humanity one step closer to

opening a new chapter of world peace.

The Prize honors individuals and organizations who made significant

contributions to the peace and human development of the future generations.

SOURCE: The Sunhak Peace Prize Committee

  

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中