テーブルに隠された“大人の遊び心”。インダストリアル調デザインのゲームテーブルを発売。

ビーズ株式会社

2019/2/14 12:30

2019/02/14

ビーズ株式会社

テーブルに隠された“大人の遊び心”。

インダストリアル調デザインのゲームテーブルを発売。

 ビーズ株式会社(所在地:大阪府東大阪市、代表:大上響)は2019年2月14日、趣味空間を充実させるガレージングブランド「DOPPELGANGER(R)(ドッペルギャンガー)」より、インダストリアル調のゲームテーブル「シークレット麻雀卓 DDS490-BR」を発売します。

 麻雀卓をインテリアにリデザインした「シークレット麻雀卓」を発売。

 「シークレット麻雀卓」は一見モダンな印象のテーブル。 しかし、天板を外せばボードゲーム用のプレイマットに早変わりします。 麻雀卓をインテリアにリデザインすることで、大人の遊び心を隠し持つゲームテーブルです。

全容画像。

1. 無骨でシンプルな印象

 一人暮らしの方のワンルームや自室で落ち着いた雰囲気のインテリアとして使用できる本製品。 ウォールナット風の天板とアイアンフレームを掛け合わせ、無骨でシンプルな印象に仕上げました。 食卓やサイドテーブルとして、またソファと組み合わせてコーヒーテーブルとしても使いやすいタイプです。 ロースタイルなので、部屋全体が広々とみえる効果も発揮します。

ウォールナット調の天板で、落ち着いた印象に仕上げました。 無骨でシンプルなブラックのアイアンフレームを採用。 一人暮らしのワンルームに置くロースタイルテーブルとして。

2. ボードゲームのプレイマットに早変わり

 本製品は天板を外せば、別売りの麻雀やトランプ、ボードゲーム用のプレイマットに早変わり。 プレイマットとして使いやすいよう、麻雀牌やゲーム用小物にキズがつきにくいラシャ生地を選定しました。 中央部を押すとフラップが開閉する収納庫を内蔵しているので、麻雀牌一式やゲーム用品を収納できます。 開閉部もプレイを妨げないフラット設計。 麻雀の点棒やサイコロなど小物が入れられる収納ポケットも四隅に配しており、時にはドリンクホルダーとしても使えます。

天板を外せばプレイマットに早変わりします。 テーブルゲームのプレイに最適です。 家族や友人との宅飲みの際、麻雀で盛り上がるのも一興です。

 テーブルにも遊び心のエッセンスをという意図から開発された「シークレット麻雀卓」。 見た目と中身の意外性で、普段も、家族や友人との団らんや宅飲みの際にも活躍します。

<ガレージングとは>

 DOPPELGANGER(R)はこれまで、二輪車を基軸とした「自転車」や「バイク」のカテゴリーで主にアクティビティを楽しむ製品を展開してきました。 このコンセプトをさらに拡大し、愛車や趣味のものに囲まれた理想空間であるガレージでの遊び方、暮らし方を提案する「ガレージング」というカテゴリーを新たに設け、様々な製品を展開していきます。

<製品スペック詳細>

 

【ブランド名】DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー)

【材質】天板:合成樹脂化粧繊維板

【商品名】シークレット麻雀卓

【型番:カラー】DDS490-BR:ブラウン

【サイズ】W69×L(D)69×H37cm

【重量】22 kg

【材質】天板:合成樹脂化粧繊維板/合成樹脂化粧パーティクルボード

    脚部:金属フレーム(スチール)

【希望小売価格】27,600円(税別)

【製品ページ】http://www.doppelganger.jp/option/dds490/

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

麻雀卓をインテリアにリデザインした「シークレット麻雀卓」を発売。

全容画像。

ウォールナット調の天板で、落ち着いた印象に仕上げました。

無骨でシンプルなブラックのアイアンフレームを採用。

一人暮らしのワンルームに置くロースタイルテーブルとして。

天板を外せばプレイマットに早変わりします。

麻雀牌やゲーム用品が傷つきにくいラシャ生地を採用しました。

テーブルゲームのプレイに最適です。

中央部を押すとフラップが開閉する収納庫付き。

麻雀の点棒やサイコロなど小物が入れられる収納ポケット。ドリンクホルダーとしても使えます。

家族や友人との宅飲みの際、麻雀で盛り上がるのも一興です。

見た目と中身のギャップで、日常に遊びのエッセンスをもたらす「シークレット麻雀卓」。

麻雀卓としての機能も充実している「シークレット麻雀卓」です。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このリリースを配信した企業・団体

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中

過去のリリース