Novelda社 UWBレーダーセンサーモジュールが電波法の認証を取得、国内正式販売を開始

グローバル電子

2019/8/27 14:30

2019年8月27日

グローバル電子株式会社

Novelda社 UWBレーダーセンサーモジュールが

電波法の認証を取得、国内正式販売を開始

グローバル電子株式会社(代表取締役:松田 樹一/所在地:東京都新宿区)が国内正規代理店である Novelda AS(CEO Jan-Bjoernar Lund/ノルウェー)の Xethru™ UWBレーダーモジュール X4M07が新たに電波法の認証を取得しました。これにより当製品は、国内のお客様のシステムにすぐに組み込み、UWBレーダーの設計・開発ができるようになりました。

今回の電波法認証取得に関し、Novelda AS CEO Jan-Bjoernar Lund氏は、

「Xethru X4M07モジュールが日本の電波法認証を取得したことを大変嬉しく思います。今後、日本のお客様は、当社製品を日本の法に準拠した上で、簡単に評価することができUWBレーダー製品を開発できるようになりました。これにより、在・不在センサ、呼吸モニタリング、スマートビル等、さまざまな分野で新たな機会が開かれていくと期待しています。グローバル電子との連携の元、日本のお客様をサポートできることを楽しみにしています。」と述べています。

XeThru UWBレーダーセンサの特長

UWBレーダーの最大の特徴は、非接触で動き、人検知や呼吸数測定などのごくわずかな動きも検出できることです。高い透過性のため、衣服、寝具、住居内の家具だけでなく、壁や天井などの石膏ボードも透過し検知することができます。

Xethru UWBレーダーセンサの可能性

UWBレーダーは、カメラとは違いプライバシーが確保され、壁裏・天井裏に見えないように設置することができます。新たなセンサ機器として、注目されており、これまでにない製品や応用が期待されています。

応用事例

●赤ちゃん用見守りモニター

●睡眠モニター(呼吸数・動き検知)

●要介護施設での見守りモニター

●ホテル・公共施設でのトイレ・浴室の防犯・安全対策

  

X4M07 UWBレーダーモジュールについて

X4 Soc、アンテナを搭載したシンプルなモジュールです。そのためお客様のシステムでお使いのMCU、CPUでのデータプロセス設計が可能です。

■仕様 

インターフェース: SPI、 QSPI ホスト 2x GPIO

サイズ:51㎜×31mm

認証:電波法 第2条第1項第47号

超広帯域無線(UWB)システム)工事設計認証番号005-102026

■開発サポート

X4M07を評価するため、設計・開発に便利な開発ボードX4M202とNovelda Xethru Explorer GUIソフトウェア(無償・ウェブからダウンロード)が用意されています。人検知、呼吸数の測定の評価がすぐに行えます。

測定範囲:0.4~5m

測定

- 距離、5㎝幅の動き※(静止時・動作時)

- 呼吸数、呼吸パターン、レーダークロスセクション(静止時のみ)

 ※6秒以内の速い動きと20秒以内の遅い動き

お問い合せ

●Noveldaに関して 

グローバル電子株式会社

センサ事業部

電話 03-3260-1412(平日9:00~17:30)

https://www.gec-tokyo.co.jp/Z4B

●プレスリリースに関して

グローバル電子株式会社 経営企画室 Marcom部

マレ ホルヘ/野本 花枝

電話 03-3260-1412

グローバル電子株式会社  https://www.gec-tokyo.co.jp/

グローバル電子株式会社は、海外製電子部品やシステムの販売をコアビジネスに、アナログ応用製品、センサ製品などの自社製品の企画・開発・製造を行っております。2005年からは医療機器の企画・開発・製造から販売も開始。金属加工など新たな分野に進出しており、お客様に高い付加価値サービスをご提供できる“電子機器総合企業”として社会に貢献します。

Novelda AS (ノヴェルダ) https://www.xethru.com

Novelda ASは、人体バイタル、移動、在・不在と位置の検知を目的にした XeThru スマートセンサ技術の開発、製造および販売を手掛けているノルウェーのメーカーです。XeThru センサは、プライバシー保護を維持しながらも重要な検知データの収集を可能にするセンシング技術です。応用分野は広く、セキュリティやヘルスケア在宅診断などをはじめ、一部のオートモーティブや産業機器にも採用可能です。その他、開発キットや OEM モジュールもご提供いたします。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中