中小企業に最適なRPA『Owlgarden RPA』 無料トライアル・ハンズオンセミナー開始

エクス

2019/10/7 09:00

2019年10月7日

株式会社エクス

いつでもサポートしてくれる優秀なパーソナルアシスタント

中堅・中小企業に最適な『Owlgarden RPA(オウルガーデンアールピーエー)』

10月1日より無料トライアル・ハンズオンセミナー開始

 株式会社エクス(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:抱 厚志、以下「エクス」)は10月1日より、中堅・中小企業に最適なRPAサービス『Owlgarden RPA(オウルガーデン アールピーエー)』の「無料トライアル」を開始しました。

Owlgarden RPA_logo

 

 『Owlgarden RPA』を導入することで、これまで人手に頼っていた「転記」「集計」業務などのルーティンワークを自動化し、業務の工数削減と飛躍的な効率化を実現します。深夜・休日問わず動くシステムの導入で、私たちはより創造的な業務に集中することが可能になります。ホームぺージ(https://www.owlgarden.jp/)内の「体験版DL(ダウンロード)」から30日間の無料トライアルが可能です。ぜひ一度『Owlgarden RPA』をお試しください。

トライアル手順  

 『Owlgarden RPA』ホームページ右上の体験版アプリケーションをダウンロードし、インストール、ユーザー登録をしていただくことで、30日間の無料トライアルが可能となります。また、アプリケーション操作に不安のある方を対象に、無料ハンズオンセミナーを東京・大阪にて定期開催しておりますので、ご利用ください。

『Owlgarden RPA』サービスサイト: https://www.owlgarden.jp/

『Owlgarden RPA』ハンズオンセミナー情報サイト: https://owlgarden.biz/seminar

『Owlgarden RPA』3つの特長

 『Owlgarden RPA』は、日本の中小企業をITで支援してきたエクスが開発した、基幹システムに強く、中堅・中小企業に最適なRPA*です。私たちのパソコン業務を24時間・365日、いつでもサポートしてくれる優秀なパーソナルアシスタントです。

*RPA(Robotic Process Automation): 今まで人の手で作業していた定型業務をロボットが代行

特長1:誰でも使える操作性

操作ブロックをパズルのように組み立ててつくる、直感的なGUIを採用しました。プログラミングの知識がなくても、誰でも簡単にシナリオを作成することができます。

特長2:データ連携に強いEAIを搭載

データベースへの接続や書き込み、データの参照、削除など、システム間連携を自動化することができます。ExcelやCSVといったデータを操作するための機能としてEAIを標準搭載しました。

特長3:基幹システムに強い機能性

各企業で利用している勤怠管理、営業支援などの基幹システムの多くが、明細形式の入力画面や照会画面を持っています。この明細形式の構造を認識して、データの入力や取得の自動化を実現することができます。

『Owlgarden RPA』インフォメーションサイト: https://owlgarden.biz/

■「株式会社エクス」について

 1994年創業。創業以来、製造業にフォーカスし、導入効果を創出できる生産管理パッケージ『Factory-ONE 電脳工場』シリーズの開発・販売・サポートを手掛けている。小規模から大規模製造業まで、企業規模に応じたシステムからクラウド版まで様々なシステムを提供。2014年に『EXtelligence』を開発。2015年からサービスを開始し、“日本版 Industry4.0”や“次世代ものづくり経営”の構築支援に努めている。また、近年ではデジタルトランスフォーメーション(DX)分野における新たな事業の創出および事業化を行っています。

https://www.xeex.co.jp/

※『Factory-ONE』『電脳工場』『EXtelligence』および『Owlgarden』は株式会社エクスの登録商標です。

※ ニュースリリースに記載された情報は、発表日時点のものです。

商品、サービス内容などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

 

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

Owlgarden RPA_logo

thumbnail

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中