国内プレスリリース配信サービスのご案内

圧倒的な記事化率 配信プレスリリースの約7割が記事になっています。

メディアの編集部に届くプレスリリースは1日あたり数百本。その中で記事になるプレスリリースはわずか数本です。
プレスリリースから記事になる可能性が低い中、PRワイヤーでは約7割のプレスリリースが記事化(※)されています。

  • ※共同通信PRワイヤーから配信されたプレスリリースの記事掲載率を外部調査
  • ・共同通信PRワイヤーから2021年12月に配信された532本のプレスリリースを2022年2月28日まで追跡
  • ・プレスリリースの転載(提携メディア含む)は除外。
  • ・調査対象は紙媒体およびWEBメディア対象。

登録メディアは
2,600媒体・約4,050カ所
提携メディア72サイトの内
56サイトが全プレスリリース掲載

  • 配信メディアイメージ

    一回のプレスリリース配信で平均1,500件ほど配信可能

    プレスリリースの内容に応じて「カテゴリ」を選ぶだけで簡単に最適なメディアに配信され、一度に配信できるのは平均1,500件ほど。
    配信先は新聞・雑誌・テレビ・ラジオ・WEBメディアはもちろん、編集プロダクションや番組制作会社など「取り上げられる」上で必要な配信先を網羅しています。

  • 提携メディアイメージ

    プレスリリースが報道機関のサイトに全文掲載

    PRワイヤーの提携メディアは72サイト。そのうち56サイトについては、配信したすべてのプレスリリースが転載対象となっています。
    約半数が報道機関のサイトで、共同通信加盟社(地方紙)を中心とする新聞社のニュースサイトやポータルサイトのニュースコーナー、そのほか有力な情報サイトにプレスリリースが原文のまま転載されます。

スタンダードプランなら、
メディア配信、WEB転載、WEBクリッピングが
すべて料金内
年間の配信回数が多いほど
1回あたりの料金もお得に

スタンダードプランは国内メディア配信 、 提携メディア転載、 ニュースサイト・クリッピングなどが料金内で利用できるプランです。
年間の配信回数に応じた支払いプランがあり、利用回数が多くなるほど1回あたりの金額がお得になります。

スタンダードプラン料金(税込価格)

レギュラー会員 年5回204,600円 
1回あたり40,920
スポット会員 1回85,800
資料イメージ

PRワイヤーのサービスをご検討中の方

お問い合せいただいた方にご希望に応じて具体的なメディアリストご利用事例をご紹介いたします。
ご興味がある方はお問い合せ時にご希望ください。

「メディアに取り上げられたい」
叶える3つのポイント

  • 「メディア」to「メディア」の 信頼性

    共同通信PRワイヤーは「共同通信」のグループ企業です。
    運営母体がメディアであることを活かし、メディアならではのノウハウをもとに運営しています。
    プレスリリース配信においても「発信元の信頼性」「情報の質」「正確性」「速報性」を重視。
    「メディア」のフィルタを通してプレスリリースをお届けするので、配信先のメディアから高い信頼を得ています。

  • 「送るべきメディア」に最適配信

    プレスリリース配信の成否は、「メディアリスト」で決まります。
    共同通信PRワイヤーがご提供するメディアリストは「受信を希望しているメディア」を審査した上で登録。
    お客様のプレスリリースを「送るべきメディア」にきちんとお届けします。

    • PRワイヤーこだわりの「メディアリスト」
  • 「メディア視点」のサービスをご提供

    メディアが母体のサービスだから知っている、メディアにとっての「当たり前」をサービスにきちんと組み込んでいます。「情報を必要としている」メディアに、「正確」な情報を、「タイムリー」に配信する、基本的なことですが、見知らぬ企業や団体から毎日膨大なプレスリリースが届くメディアにとっては重要なポイントです。

    • 「メディア視点」の機能・サービス

導入事例

「メディアに取り上げられたい」というお客様のためのプレスリリース配信サービスです。