◎Ballymoreがロンドンの3地区開発で合弁事業を計画と発表

Ballymore Group

2014/5/21 14:07

◎Ballymoreがロンドンの3地区開発で合弁事業を計画と発表

AsiaNet 56798

共同JBN 0551 (2014.5.21)

【ロンドン2014年5月20日PRN=共同JBN】ロンドンで最も注目を集める住宅開発の多くに責任を持つ国際的不動産開発・投資グループであるBallymore(以下Ballymoreもしくは同社)は、イースト・ロンドンのウオーターサイドで合弁事業として3カ所の大規模住宅開発を行うため、このほど投資銀行ラザード(Lazard)とCBREを指名して資金調達、開発の提携先を求める上で助言を受けることになったと発表した。3カ所の開発計画はイースト・ロンドンのナインエルムズ、カナリーワーフ、リーマスである。Ballymoreは開発計画のマネジャーを務める予定。

(Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20140520/687158-a

(Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20140520/687158-b

(Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20140520/687158-c

3つの計画は、カナリーワーフのアローヘッド・キー、リーマス・ペニンシュラのロンドンシティーアイランド第2フェーズ、ナインエルムズで大きな成功を収めたエンバシー・ガーデンズの第2フェーズからなる。開発計画全体では約20億英ポンドの開発価値があり、約3000の新しい住居ユニットと25万平方フィートにおよぶ商業、娯楽、オフィススペースなどで、詳細は以下の通りとなる。

 *アローヘッド・キー:カナリーワーフに直結する50階と55階建ての2つの高層ビル開発で、住宅用不動産への需要増に対応できるよう計画。さらに住宅用ユニット約990戸を建設、このプライム・ウオーターサイド開発では小売店舗、娯楽施設、カフェなどが備わり新しい風景として公共用の広場が設けられる。

 *ロンドンシティーアイランド第2フェーズ:リーマス・ペニンシュラでユニークなアイランドスタイルの近隣地域であり、カナリーワーフに近接し鉄道、道路、空港へのアクセスに戦略的に適した場所にある。この開発は近隣のビジネス街を補完するよう設計され約1145戸の高級住宅を建設する。第1フェーズの開発はすでに進んでいる。

 *エンバシー・ガーデンズ第2フェーズ:このフェーズは新しい米国大使館とナインエルムズのリニア・パークに隣接している。この地区はロンドン市長が「過去20年間でロンドンと英国にとって最も重要な再生物語だろう」と述べている場所である。開発の第1フェーズは、同地区で記録的な販売実績を残しており、第2フェーズでは約870ユニットが小売店舗、娯楽、オフィス施設と共に建設される。

Ballymoreのショーン・マルリアン最高経営責任者(CEO)は「今回のポートフォリオはロンドン中心部で最大かつ最も重要な住宅開発の一つである。3つの計画はそれぞれ大きく異なる地区に位置しており、地理的にも価格の点でも多様な提供となる。さらに、エンバシー・ガーデンズとロンドンシティーアイランドは、第1フェーズで記録破りの販売実績になっており、これら3カ所の開発の持つ大きな潜在力を浮き彫りにしている。そしてこの開発計画は当社の歴史で最大の成功物語になるべく順調に進んでいる」と語った。

▽Ballymoreについて

Ballymore Groupは国際的不動産投資・開発企業で、欧州全域で大規模開発計画に注力しており、過去20年間にわたりロンドン市場のスペシャリストである。

Ballymoreによる開発は、土地、設計、アーキテクチャー、プランニング、不動産、土地管理、マーケティング、ファイナンスを包括する専門知識を備え、デザインと革新を主眼とした都市再生のリーダーとして他と大きく異なっている。ロンドン、プラハ、ダブリンのオフィスから、Ballymoreは住宅用スペース、オフィス、小売店、ホテル、娯楽施設を結びつけた、今まで以上に意欲的で複合的計画を継続している。

Ballymoreはロンドンで最も注目され成功を収めた開発の多くを実行してきた。それらにはパン・ペニンシュラ、ドックランズのニュープロビデンス・ワーフ、スピタルフィールズでのOld Spitalfields Marketの復元、ウェストミンスターのセントジョンズ、ヘイズの新設予定のクロスレール駅に近接するハイポイント・ビレッジなどが含まれる。これら一連の高品質で市場をリードする住宅開発によって、それぞれの市場における品質、販売実績、住宅価値に関する新しいベンチマークが設けられた。

▽問い合わせ先

Ballymore Group:

Paul Keogh

Email: pkeogh@ballymoregroup.com

Powerscourt:

Rory Godson, Justin Griffiths, Ellie Sweeney

Tel +44(0)20-7250-1446

ballymore@powerscourt-group.com

ソース:Ballymore Group

Ballymore to Establish Joint Venture for Major GBP2bn London Residential Development Portfolio

PR56798

LONDON, May 20, 2014 /PRN=KYODO JBN/ --

    Ballymore ("Ballymore" or "the Company"), the international property

development and investment group responsible for many of London's most

high-profile residential developments, announces that it has appointed Lazard

and CBRE to advise the Company on sourcing a partner to finance and develop

three large-scale residential developments at waterside locations in Nine Elms,

Canary Wharf and Leamouth in East London in a joint venture. Ballymore will act

as Development Manager for the projects.

    (Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20140520/687158-a )

    (Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20140520/687158-b )

    (Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20140520/687158-c )

     The three schemes comprise Arrowhead Quay in Canary Wharf, Phase II of

London City Island on the Leamouth Peninsula and Phase II of the hugely

successful Embassy Gardens in Nine Elms. In total the developments have a gross

development value of c.GBP2 billion and will deliver c.3,000 new residential

units and 250,000 sq ft of commercial, leisure and office space, as detailed

below:

    - Arrowhead Quay is a planned development of two towers of 50 and 55

stories directly adjacent to Canary Wharf, designed to meet the area's growing

demand for residential property. In addition to c. 990 residential units, this

prime waterside development will also feature retail, leisure and cafe

facilities and a new landscaped public plaza

    - London City Island Phase II is a unique island-style neighbourhood on the

Leamouth Peninsula, in close proximity to Canary Wharf and strategically

situated for rail, road and air links. The development has been designed to

complement the neighbouring business district with a premium residential

offering of c. 1,145 units.       Phase I has already commenced

    - Embassy Gardens Phase II is situated next to the new US Embassy and

Linear Park in Nine Elms, an area that has been described by the Mayor of

London as "possibly the most important regeneration story in London and in the

UK over the next 20 years." Phase I of this development has set record sales

rates in the area and Phase II is set       to deliver c. 870 units being built

alongside retail, leisure and office facilities

    Sean Mulryan, CEO of Ballymore, commented: "This portfolio is one of the

largest and most significant residential development opportunities to be

offered in central London. The three projects are located in very different

areas, offering diversity in both geography and price point. Furthermore, both

Embassy Gardens and London City Island have achieved record-breaking phase I

sales values which highlights the huge potential of these three developments,

which are on course to be amongst the biggest success stories in our company's

history."

    About Ballymore

    Ballymore Group is an international property investment and development

company, focused on large-scale projects across Europe and has been a

specialist in the London market for over twenty years.

    Ballymore's developments have distinguished it as a leader in urban

regeneration with an eye for design and innovation, with expertise encompassing

land, design, architecture, planning, property and estate management, marketing

and finance. From its offices in London, Prague and Dublin, it continues to

pioneer ever more ambitious mixed-use projects combining residential space,

office, retail, hotels and leisure facilities.

    Ballymore has executed many of the most high-profile and successful

developments in London including Pan Peninsula and New Providence Wharf in

Docklands, the restoration of Old Spitalfields Market in Spitalfields, St Johns

in Westminister and High Point Village adjacent to the proposed new Crossrail

Station in Hayes. A succession of high quality, market-leading residential

developments have set new benchmarks for quality, sales rates and residential

values in their individual markets.

    Enquiries:

    Ballymore Group:

    Paul Keogh

    Email: pkeogh@ballymoregroup.com

    Powerscourt:

    Rory Godson, Justin Griffiths, Ellie Sweeney

    Tel +44(0)20-7250-1446

    ballymore@powerscourt-group.com

    Source: Ballymore Group

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中