「KDDI Location Analyzer」を活用し、「令和初」の年末年始をスマホからの位置情報データで読み解く

KDDI

2019/12/19 13:00

2019年12月19日

KDDI株式会社

「KDDI Location Analyzer」を活用し、「令和初」の年末年始をスマホからの位置情報データで読み解く

 KDDIは、GPS位置情報データ(注1)を搭載した地図情報システム「KDDI Location Analyzer」(注2)を活用して昨年度の年末年始データから人流分析を行い、今年度の年末年始の関東圏主要神社来訪者の傾向や、河口湖への元旦来訪者の属性、新宿で開催される「酉の市」開催期間中の混雑状況を予測し、分析しました(以下 本分析)。

■本分析結果

1.関東圏主要神社来訪者傾向について

 川崎大師や鎌倉の鶴岡八幡宮、大宮の氷川神社は地元の参拝客比率が他の神社と比べると高い「地元密着型」、成田山や明治神宮の参拝客は地元以外の広範囲から参拝客が訪れている「観光地型」となり、今年度も同様の傾向が想定されます。

2.河口湖への元旦来訪者の属性について

 初日の出の見物客数が最も多くなるのは午前6時半ごろとなります。また、初日の出見物客の属性をは、河口湖周辺に居住も勤務もしていない人が圧倒的に多く、今年度も同様の傾向が想定されます。

3.「酉の市」混雑状況について

 「酉の市」がない時期と比較すると、「酉の市」で出店が出ている歩道に歩行者が増えます。特に、花園神社の境内近辺の道路が非常に混雑しており、今年度も同様の傾向が想定されます。

 本分析の詳細はこちら(https://k-locationanalyzer.com/information/550/)をご参照ください。

 KDDIは今後、「KDDI Location Analyzer」の機能拡張を実施し、町丁目単位での来訪者居住地分析や性・年代以外の属性情報による分析など高度なサービスを提供していきます。

(参考)「KDDI Location Analyzer」について

 「KDDI Location Analyzer」は、GPS位置情報ビッグデータ(注1)および属性 (性別・年齢層など)   情報を搭載したクラウド型GIS(地図情報システム)です。2019年6月より提供開始し、店舗や施設、特定エリアの来訪者数や時間帯・平休日別傾向、来訪者属性などを分析することができます。多店舗展開のチェーン企業や消費財メーカー、商業開発デベロッパーの商圏分析ツールとして導入が進んでいます。

(注1)KDDIがauスマートフォンユーザー同意のもとで取得し、誰の情報であるかわからない形式に加工した位置情報データおよび属性 情報 (性別・年齢層など)を指します。

(注2)技研商事インターナショナル株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役:小嶌 智海)との協業サービスです。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

    過去に配信したプレスリリース