2020年に上市予定の新薬から11のブロックバスター候補を選出した「Drugs to Watch 2020」をリリース

クラリベイト

2020/2/20 12:00

クラリベイト・アナリティクスが、2020年上市予定の新薬のうち、患者数の多い疾病分野に希望をもたらすブロックバスター候補となる11医薬品についてまとめた2020年版Drugsto Watchをリリース

 

Cortellisチームは、乳がん、リンパ腫、多発性硬化症(MS)および片頭痛の治療薬で、商業的・臨床的に成功する新薬を予想しました。

 

2020210日(フィラデルフィア()&ロンドン()

イノベーションを加速させる信頼性の高い知見と分析を提供する世界的リーダーのクラリベイト・アナリティクスplc(NYSE:CCC;CCC.WS)は、本日、毎年恒例のCortellis「DrugstoWatch」のリリースを発表しました2020年に市場参入予定の新薬のうち、2024年までに年間売上額10億米ドル超(ブロックバスターとみなされる条件)に達すると想定される11の医薬品を特定しリストアップしました。

 

クラリベイト・アナリティクスのCortellisチームは、独自の技術、ツールおよび手法を駆使して、2020年初頭にフェーズII試験以降に進んだ医薬品の中から、本リストに含める可能性が高い医薬品のリストを作成しました。その後、社内アナリストがそれぞれの医薬品に関して個別に、年次報告書、医薬品パイプライン、臨床試験、特許、化合物、企業間取引、会議、企業発表、規制の状況などの調査を踏まえて精査・評価しました。

今年は、ライフサイエンスニュースサービスBioWorldのエディターおよびライターが、様々な疾患の状況について価格戦略分析や、上市の実現性を判断する上で最も重要な判断基準となる、2020年に市場参入するその新薬が患者ならびに支援グループが求める恩恵を提供できるか、に関する科学的裏付けを確認するなど、全ての角度から調査しました。

 

リストアップされた医薬品とその分析では、乳がん、多発性硬化症(MS)、片頭痛、2型糖尿病に対する医薬品を含む、慢性、進行性、そしてしばしば衰弱性である疾患および症状の治療と治療法に焦点を当てています。

リストアップされた医薬品は、ほぼすべてオーファンドラッグまたは市場への早期導入を目的としたその他の指定により、その開発を加速しています。リストされた医薬品のほとんどが、既に競合他社が多く参入している市場または参入する態勢にある市場にも関わらず、高いレベルでの商業的成功が期待されています。多くの医薬品は、安全性の面、特に心臓血管リスクについて、代替療法よりも向上している点をと喧伝すると予想されますが、その他、新しい作用機序または治癒の可能性を強調するものもあります。

 

リストアップされた医薬品の半分以上は生物学的製剤であり、近年成長を続け、規制当局と保険者が共にコストを抑えようとしている薬価が上昇傾向にあるセグメントです。今年リストされた血友病A治療薬のValrox(BiomarinPharmaceutical, Inc.)および大細胞型B細胞リンパ腫治療薬のlisocabtagenemaraleucel(Bristol-MyersSquibbCo)は、遺伝子治療と細胞治療ですが、どちらも費用が高いことで特に注目されています。承認された場合、Valroxは重度の血友病Aに対する最初の潜在的な治療アプローチと目されると予想されます。Valroxの単回投与治療は、症状の根本要因である遺伝的欠陥を修正し、輸血とFVIII補充療法の必要性を排除することになり革新的です。予想通りリーダーとしての地位を獲得した場合、治療あたり250万ドルから300万ドルのコストとなり、市場における最も高価な医薬品になる可能性があります。

 

BioWorldのニュースディレクターLynnYoffeeは、次のように述べています。「医学研究と革新的な医薬品の追求が加速しているため、科学研究、商業的動機、公共財の間で緊張が続いていますが、この医薬品が提供され、新しい作用機序による治療の可能性が提供されれば多くの人々に希望をもたらします。」

 

完全版のリストと各医薬品分析は、www.bioworld.com/drugstowatch2020から無料で入手可能です。

 

CortellisDrugs to Watch 2020:

医薬品名

開発企業

疾病・疾患

作用機序

投与方法

Rimegepant

(BHV-3000)

Biohaven Pharmaceutical Holding Co. Ltd., of New Haven, Conn.

Migraine

CGRP antagonist

Oral and buccal

OMB-157

(ofatumumab sc)

Novartis AG, of Basel, Switzerland

Multiple sclerosis

Anti-CD20 (MAb)

Subcutaneous injection

Ozanimod (RPC-1063)

Celgene Corp., of Summit, N.J. (subsidiary of Bristol-Myers Squibb)

Multiple sclerosis

S1P1 and S1P5 receptor agonist

Oral

Vadadustat

Akebia Therapeutics Inc., of Cambridge, Mass., Mitsubishi Tanabe Pharma America Inc., of Jersey City, N.J., Otsuka Pharmaceutical Co., of Tokyo

Anemia due to chronic kidney disease

HIF-PH inhibitor

Oral

Valrox

(valoctocogene roxaparvovec; BMN-270)

Biomarin Pharmaceutical Inc., of San Rafael, Calif.

Hemophilia A

FVIII gene therapy (via AAV5 vector)

Intravenous infusion

Filgotinib

(GLPG-0634)

Gilead Sciences Inc., of Foster City, Calif., NV, of Mechelen, Belgium

Rheumatoid arthritis

JAK1 selective inhibitor

Oral

Rybelsus

(semaglutide, oral, once daily)

Novo Nordisk A/S, of Bagsvaerd, Denmar

Type 2 diabetes mellitus

Long-acting GLP-1 analog

Oral

Inclisiran

(ALN-PCSsc; ALN-60212; PCSK9si)

The Medicines Co., of Parsippany, N.J. (subsidiary of Novartis)

Hypercholesterolemia

PCSK9 small interference RNA (siRNA)

Subcutaneous injection

Sacituzumab govitecan

(IMMU-132)

Inc., of Morris Plains, N.J., Medicine Inc., of New York

Metastatic triple-negative breast cancer

Anti-TROP2-SN38 ADC

Intravenous infusion

Enhertu

(trastuzumab deruxtecan; DS-8201a)

Daiichi Sankyo Co. Ltd., of Tokyo, Astrazeneca plc, Cambridge, U.K.

Unresectable or metastatic HER2-positive breast cancer

Anti-HER2-exatecan ADC

Intravenous infusion

Liso-cel

(JCAR-017; lisocabtagene maraleucel)

Celgene, of Summit, N.J. (subsidiary of Bristol-Myers Squibb Co., of Princeton, N.J.)

Large B-cell lymphoma

Anti-CD19 CAR T-cell therapy

Intravenous infusion

 

Cortellis Drugs to Watch2020の方法論

このリストのデータは、クラリベイト・アナリティクスのライフサイエンスインテリジェンスソリューションスイートであるCortellisから編集されました。Cortellisには、R&Dライフサイクル全体にわたって、年次報告書、医薬品パイプライン、臨床試験、特許、化合物、取引、会議、企業発表など、最も広くて深い情報源が含まれています。フェーズ2、フェーズ3、承認申請中、承認済み、または2020年の早い時期に発売された医薬品を選択し分析しました。2020年以前に発売された医薬品は除外しています。このデータセットを、2024年に総売上額が10億ドル以上と推算される医薬品に絞りました。絞り込んだ医薬品を、さらに社内の専門家やコンサルタントが手作業でレビューし、予想される承認日または発売日などに基づいて2020年中の上市可能性を判断しました。このマニュアルレビューにより、2020年に注目すべき11の医薬品を決定しました。その後、各医薬品について、臨床試験結果や規制状況、各医薬品の市場(競合薬の分析を含む)および薬事指定(OrphanDrug、PriorityReviewなど)を含む個々の内容に関して調査および評価しました。用いた情報源には、CortellisエディターによるSWOT分析、バイオ製​​薬会社のプレスリリース、その他の出版物(例:年次報告書)、査読済みの論文、Cortellis内の販売データ(RefinitivI / B / E / Sから供給)が含まれます。

(データ抽出日2020年1月20日)

 

Cortellisについて

クラリベイト・アナリティクスのCortellis™は、ディスカバリー段階から臨床開発、そして規制当局への申請承認、商品化まで、医薬品開発ライフサイクル全体にわたる疑問に対して正確で実用的な回答を可能にし、データの隠れたインサイトを解き放ち、サイエンスを次のステージへと進めます。データ駆動型の意思決定をサポートすることにより、Cortellisは製薬会社、バイオテクノロジーおよび医療機器/診断企業がイノベーションを加速することをサポートします。

 

BioWorldについて

BioWorldのニュースサービススイートは、開発中の革新的な治療法と医療技術に関する実用的なインテリジェンスを提供します。世界中にライターとエディターを駐在させているBioWorldは、最新ニュースを配信し、開発中の数百の治療薬とデバイス、それらの背後にある企業、市場を進化させるビジネス開発トランザクション、その両方に対する規制のハードルに関する重要な視点を提供します。

 

クラリベイト・アナリティクスについて

クラリベイト・アナリティクスは、イノベーションを加速するために信頼性のある知見と分析を提供する世界的リーディングカンパニーです。過去150年にわたる事業継続を通じて、Webof Science™、Cortellis™、Derwent™、CompuMark™、MarkMonitor™、Techstreet™など、イノベーション・ライフサイクル全般にわたり信頼のある製品ブランドを築いてきました。これらの製品は科学と学術研究、特許調査と工業規格、商標およびドメインブランド保護、製薬およびバイオテクノロジーなどの分野で今日のイノベーションをサポートします。

現在、クラリベイト・アナリティクスは、起業家精神に基づく独立した新会社となり、お客様のアイデアをより速く革新的なイノベーションに変えていくためのソリューションを提供し、100カ国以上で事業を展開しています。

(詳しくはClarivate.jpをご覧ください。)

 

将来の見通しに関する記述について

本プレスリリースならびに口頭の記述に含まれる情報は、クラリベイト・アナリティクスに関する予測や将来の見通しに関する記述が含まれている場合があります。将来の見通しに関する記述は、クラリベイト・アナリティクスが作成時点において期待すること、もしくは将来の出来事についての予測を提供するもので、期待される相乗効果やその他の将来的見込みに関する記述を含んでいることがあります。これらの記述には、クラリベイト・アナリティクスの管轄外の要因により、実際の結果が物理的に大幅に変わる可能性のあるリスクや不確定事項が含まれています。クラリベイト・アナリティクスは、新たな情報、将来の出来事、その他の結果の如何を問わず、ここに示された記述を更新または修正する義務は一切負わないものとします。

Clarivateとそのロゴ、およびここで使用されている他のすべての商標は、それぞれの所有者の商標であり、ライセンスに基づいて使用されています。

 

本リリースは、ClarivateAnalyticsが2020年2月10日に発表したプレスリリースを日本語に翻訳再編集(一部追記を含む)したものです。英文プレスリリースは、https://clarivate.com/cortellis/news/drugs-to-watch-list-from-clarivate-identifies-11-new-blockbusters-forecasted-to-launch-in-2020/ をご参照ください。

本資料の正式言語は英語であり、その内容・解釈については英語が優先します。

 

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • 名称 クラリベイト・アナリティクス
  • 所在地 東京都
  • 業種 その他情報・通信業
  • URL http://www.clarivate.jp
  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

    過去に配信したプレスリリース