ヨルダンのヌール王妃とスコシアグループの他の加盟者はCOP26サミットにおいて「気候変動の悲劇」を回避するために迅速で恒久的な排出削減の実現を求める。

スコシアグループ

2021/9/16 18:31

AsiaNet 91666

 

ヨルダンのヌール王妃とスコシアグループの他の加盟者は「外交上の緊急事態」を宣言し、COP26サミットにおいて「気候変動の悲劇」を回避するために迅速で恒久的な排出削減の実現を求める。

 

ロンドン、2021年9月16日/ PRNewswire /-スコシアグループは現職および元職の外交官、裁判官、弁護士、調停人、政策専門家、学者、政治家、ビジネスマン、および地域社会リーダーで構成されるが、本日、アントニオ・グテーレス国連事務総長宛の公開書簡において「気候上の緊急事態および外交上の緊急事態」を宣言した。

 

ヨルダンのヌール王妃は、スコシアグループの後援者として次のように述べた。

 

「COP26が迅速で恒久的な排出削減と、市民の力によって政府の削減目標を実現させることができない場合、スコシアグループは気候変動対策COPの目的に疑問を投げかけることになります。」

 

スコシアグループインセプション委員会の委員長、ハワード・コビントンは、次のように語った。

 

「これは急速に高まっている国際的な危機です。 遠い将来に行動する約束は十分な対応とは言えません。 そのような危機の時に実施される継続的で緊急の外交政策が必要になっているかもしれません。」

 

スコシアグループは、COP26が緊急対応策として気候変動の危機に対処できる4つの方法を提案している。

 

・中国と米国は、この機会を利用して人類の利益のために協力し、既存の石炭火力発電所を閉鎖するか、二酸化炭素回収技術で石炭火力発電所を改造する段階的なプログラム、および新規の石炭火力発電所の資金調達と建設の禁止のいずれにも同意する必要がある。

 

・エネルギー転換外交の枠組みが緊急に必要とされている。 サウジアラビアは、米国が支持すべき政策である追加の石油生産への新規投資の停止に向けてOPECを主導する必要がある。

 

・政府は、クリーンテクノロジーへの投資の進展を加速するために、世界で1兆ドルのエネルギー移行基金の促進、および先進国から途上国にすでに約束されている年間1,000億ドルの支援の いずれも実現する必要がある。

 

・国、機関、企業、地域社会が提示した環境保護への誓約については、国内裁判所を通じて説明責任を果たすために、効率的で堅固なメカニズムを確立する必要がある。

 

編集者への注記

 

1.ハワード・コビントンは、Alan Turing InstituteおよびClientEarthの理事長も務めています。 スコシアグループ加盟者の全リストはこちらhttps://www.scotiagroup.org/members からご覧ください。

 

2.スコシアグループの緊急声明はこちらhttps://montf.com/ScotiaGroupSoU からご覧ください。

 

3.スコシアグループは、ハーバード大学、オックスフォード大学、国際法曹協会などの主要なグローバル機関と、気候変動対策と法の支配に関連するさまざまなテーマを探求する仮想の「気候変動マジュリス」対話セッションを主催しています。 詳しい情報は、 こちらhttps://quraysh.com/scotia-group-dialogues/ でご確認ください。

 

ロゴ - https://mma.prnewswire.com/media/1625860/The_Scotia_Group_Logo.jpg

 

(日本語リリース:クライアント提供)



本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中