よくあるご質問

  • プレスリリース

いつ配信するのが効果的ですか?

通常の商品やサービスの場合は、商品の発売日や、サービスの開始日、イベントの実施日の、1ヶ月前をめどに送ります。
あまり早すぎると忘れられてしまいますし、遅いと取材対象を決める会議などに間に合いません。
重要度の高い緊急のニュースの場合には、締め切り時間を考慮する必要があります。
新聞の朝刊は深夜1時半〜2時が最終の締め切りです。夕刊は午後1時半〜2時。産業紙、業界紙は夕方締め切りが一般的です。
締め切り時間に間に合うように逆算して届ける必要があります。
詳しくは、汐留メディア塾の「プレスリリース講座」をご覧ください。
また、共同通信社では『広報担当者のための プレスリリースの書き方』を発行しています。是非ご参照ください。
詳細・ご購入はこちらから。

知らせたい人から
知りたい人

共同通信PRワイヤーをご利用いただいている会員の皆様をはじめ、広く広報PR業務に携わっている方々のための、広報・メディア情報提供サイトです。
共同通信PRワイヤーの使命は、知らせたい人から知りたい人へ「情報をつなぐ」こと。会員である企業・団体の皆様と報道機関の方々の橋渡しとなることが、私たちの役割です。
共同通信PRワイヤーは、「汐留メディア塾」の活動を通して、双方のお役に立てる価値ある情報を提供し、共有してまいります。