よくあるご質問

  • サービス

複数の企業・団体が共催・協業する場合の申込はどのようにしたらよいですか?

PRワイヤーのサービスを複数の企業・団体で利用する場合、会員登録には2通りの方法があります。
一つは、いずれかの企業・団体が代表して申し込む方法です。
この場合には、代表する企業・団体がプレスリリースの配信元になり、連名で配信します。配信料金は代表する企業・団体に請求されます。
もう一つは、共催・協業するキャンペーンやイベント、プロジェクト名で申し込む方法です。
この場合には、そのキャンペーンやイベント、プロジェクトがプレスリリースの配信元になり、通常、配信料金は配信元に請求されます。(請求先はご変更いただけます。)

知らせたい人から
知りたい人

共同通信PRワイヤーをご利用いただいている会員の皆様をはじめ、広く広報PR業務に携わっている方々のための、広報・メディア情報提供サイトです。
共同通信PRワイヤーの使命は、知らせたい人から知りたい人へ「情報をつなぐ」こと。会員である企業・団体の皆様と報道機関の方々の橋渡しとなることが、私たちの役割です。
共同通信PRワイヤーは、「汐留メディア塾」の活動を通して、双方のお役に立てる価値ある情報を提供し、共有してまいります。