PRノウハウ 汐留メディア塾

  • 国内配信

記事になりやすいプレスリリースのタイトルのつけ方は?

ニュースと書かれたスタンプ

プレスリリースが記者に読まれるかどうかは、タイトルで決まると言っても過言ではありません。記者に本文へと読み進めてもらうためには、興味を引くようなタイトルをつける必要があります。どのようなタイトルが効果的なのか、作成するポイントを具体的に紹介します。

プレスリリースはタイトルが重要

ビジネスアイデア

毎日大量に届くプレスリリースの中で、記者が本文まで読み進めるか大きな判断材料になるのがタイトルです。

タイトルを見て情報の価値を判断するため、タイトルで記者の目を引きつけることが最初の課題になります。どんなに本文が分かりやすくまとめられていても、タイトルが魅力的でなければ記者に興味を持ってもらうことは難しくなってしまいます。

タイトルではプレスリリースの内容を短くまとめ、「ニュースとして何を伝えたいか」を明確に書きましょう。

プレスリリースのタイトルの書き方

プレスリリースのタイトルをつける時にどんなことを意識すれば良いのでしょうか。タイトルをつける時のポイントを紹介します。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1. タイトルの文字数は30文字前後

パソコンを使う女性

プレスリリースのタイトルはパッと見て理解できることが重要です。長過ぎるタイトルは避け、要点を短くまとめましょう。多忙な記者が見たときに、すぐに大枠の内容が分かるようなタイトルがベストです。

伝えたいことを盛り込み過ぎると何を伝えたいかが分かりにくくなります。一番伝えたいことに絞り込み、文字数に気をつけて、簡潔にまとめられたタイトルを目指しましょう。

2. プレスリリースの内容が端的に分かる

新聞を読む男性

プレスリリースのタイトルは、何を一番伝えたいのかをまとめて書きましょう。このとき、記者に最低限知ってほしい情報を盛り込んでいることが重要です。タイトルを見ただけで記者がスムーズに理解できるようなものを考えていきましょう。

具体的には、「何を」「いつ」「どうしたのか」をタイトルに盛り込むと分かりやすくなります。また、数字を入れるのも効果的です。価格や数量などを加え、記者に伝わりやすいタイトルにしていきましょう。

3. ニュースバリュー(報道価値)がある

新聞の山

記者は記事になるニュースを探しています。 タイトルを見たときにニュースバリューがなければ残念ながらアピール力が弱くなり、価値を感じてもらえません。

ニュースバリューがあるタイトルとは、新しい要素や珍しい要素があるものです。
トレンド性や旬のネタなど時流に合っているものにもニュースバリューを感じてもらいやすくなります。 世の中の人に伝えたい新しさや珍しさがあるかどうかが重要です。
タイトルを見たときに、「記事に使えそう」と思ってもらえるような情報を入れましょう。

プレスリリースのサブタイトルを活用しよう

サブタイトルは、タイトルの下に表示される文章のことです。
タイトル同様、サブタイトルも最初に目に飛び込んでくる場所になります。

プレスリリースのサブタイトル

記者にとって必要な情報をタイトルに盛り込むことで、情報が多く分かりにくくなるケースもあります。

そのような場合は、タイトルで伝えきれなかった内容をサブタイトルに入れて補足するとよいでしょう。企業としての思いや開発の背景などを盛り込むのも良いかもしれません。タイトルとサブタイトルをうまく使い分けて、プレスリリースの内容がすぐに理解できるように工夫しましょう。

プレスリリースはタイトルで差をつけよう

プレスリリースのタイトルは30文字以内でパッと見て理解できることが重要です。
広告表現のように誇張するのではなく、ニュースバリューをひと目で伝えられるようなタイトルが求められます。記者の立場に立ち、「思わず読みたくなるのはどんなタイトルか」を考えていきましょう。

以下のサイトでは様々な企業の最新のプレスリリースを掲載しています。実際のプレスリリースのタイトルやサブタイトルを見て参考にし、考える際にぜひ役立ててください。

プレスリリース配信サービス | 共同通信PRワイヤー

「メディアに取り上げられたい」というお客様のためのプレスリリース配信サービスです。