モバイルバッテリーカイロ『USBあったかパワーバンク』を販売開始

サンコー

2014/10/10 16:24

2014年10月10日

サンコー株式会社

モバイルバッテリーカイロ『USBあったかパワーバンク』を販売開始

この度、サンコー株式会社(東京都千代田区、代表取締役:

山光博康)では、モバイルバッテリーカイロ『USBあったか

パワーバンク』(ゆーえすびーあったかぱわーばんく)を

10月10日より販売開始する運びとなりましたので、

ご案内申し上げます。

■スマホ/iPhoneが充電できる『カイロ』

使い捨てで毎回購入するのももったいないし、

電池式、充電式のカイロは、そのために毎回充電しなければ

いけないし…、と悩ましいところです。

そしてもう一つ、季節問わず、常に持っていたいアイテムの

モバイルバッテリー。

こちらもいざという時のためのものなので、使わないときは

カバンの中に入れて邪魔な存在となってしまいます。

そこで、この『モバイルバッテリー』と『カイロ』を、

合体させました。

これ1つで、冷えた手をあたためる事もできるし、充電もでき、

2個ある手荷物を1つにまとめることができます。

■あなたをあたためる、あったか機能

カイロとしてのあったか機能は、ほんのりモード(弱)と、

ほかほかモード(強)の、2段階の熱さ調整ができます。

ほんのりあったかモード(弱)は、約3分で、42℃(平均温度)

まであたため、連続使用時間は約2.5時間。 ほかほかあったかモード

(強)は、約5分で、47℃(平均温度)まであたため、連続使用時間は

約2時間となります。

充電して繰り返し約500回使用可能。

■バッテリー容量は、3000mAh。出力2AでiPadも充電可能

3000mAhのバッテリー容量。

付属の接続ケーブルで本体と、各種デバイスをつなげた時点で、

充電が開始されます。

iPhone、一般的なスマートフォンであれば約1回弱のフル充電が

可能です。出力は5V/2Aなので、iPadなどにも対応。

■LEDライトは、明るい1W

あったらなにかと便利なLEDライトもついてます。

照らし続ける常時点灯モードと、フラッシュし続ける点滅モードの

2種類のモードがあります。

照明距離は、50m以上。連続照射時間は、約5時間ほど。

[仕様]

サイズ  幅42×高さ117×奥行き23.5(mm)

重量  200g

インターフェース  入力:microUSB 5V/1A

  出力:USB 5V/2A

付属品  本体、接続ケーブル(USB-microUSB)、日本語簡易取扱い説明書

バッテリー  容量:3000mAh

  電池:18650 Li-ion 2個

充電時間  約150分

くり返し使える回数  約500回

ヒーターについて  フィルム:3.7W 2枚

  外気温25度時

  低モード 最高44° 平均42° 連続使用時間約150分

  高モード 最高48° 平均47° 連続使用時間約120分

LEDライト  1W

USBあったかパワーバンク

[販売価格] 2,980円 (税込)

●サンプルお貸出しご希望の方は弊社広報までお問い合わせ下さい。

TEL 03-5812-1224 FAX 03-5812-1223

Email pr@thanko.jp

商品についての詳細をホームページにて御案内しております。

ぜひご参照下さい。

http://www.thanko.jp/product/6922.html

サンコーレアモノショップ総本店(秋葉原直販店)

〒101-0021  東京都千代田区外神田3-14-8 新末広ビルB

TEL 03-5297-5783

■会社概要

会社名  サンコー株式会社

資本金  3800万円

設立  2003年6月26日

所在地   〒101-0021 東京千代田区外神田3-14-8 新末広ビルB 3F

主な事業内容  コンピュータ周辺機器の輸出入・開発・販売業務

■製品に関するお問い合わせ先

サンコー株式会社

〒101-0021 東京都千代田区外神田5-6-12 コーワビル3 4F

営業部 森口・村越・長田

TEL 03-5812-1222 FAX 03-5812-1223

Email sales2@thanko.jp

URL: www.thanko.co.jp

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このリリースを配信した企業・団体

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中