ロシアのUlmartが来年上場に向けて取引所探しに着手

Ulmart

2015/3/5 15:15

ロシアのUlmartが来年上場に向けて取引所探しに着手

AsiaNet 59713(0328)

【モスクワ2015年3月5日PRN=共同通信JBN】ロシアの大手eコマース企業Ulmartの最高幹部が今週、世界をリードする証券取引所であるニューヨーク証券取引所とナスダック株式市場の代表と会うためにニューヨークを訪れる。

(Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20140203/667275

2016年の早い時期に株式上場を予定するUlmartにとって、どの取引所が最もふさわしいかを決めることが訪問の目的。数カ月以内にロンドンと香港の両取引所も訪問する。結果の発表は9月中下旬を目指している。

Ulmartの幹部はモスクワ証券取引所へは昨年11月に足を運んだ。同社は2カ所の取引所への同時上場も検討している。

Alibaba(阿里巴巴)とJD.com(京東商城)など主要eコマース企業は上場先として、香港やロンドンよりも米国を選んだが、Ulmartとしては米市場に上場するとは決めていない。

Ulmart株式の過半数を保有する同社のドミトリー・コスティギン会長はこう分析する。「どこへ上場するかは、企業価値の評価が大きくものを言う。売上高の数倍といった高い評価なら、ロンドンが良いと思う。欧州大陸の投資家は大型上場に積極的な傾向があるからだ。売上高以下という低い評価の場合は、小規模上場でも受けが良い米国になるだろう」

ロシア経済は回復が鈍く、地政学的状況も緊迫している。しかしウクライナでは緩衝地帯が再び設定され、多くの投資家がロシア株式を買い戻している。ほかの株式市場は高くなりすぎており、ロシアは欧州連合(EU)の多くの国と比べると、マクロ経済状況がかなり安定しているためだ。

Ulmartの広報・投資家担当のブライアン・キーン氏は「小売りは長い競争だ。eコマースはもっと長く、ロシアははるかに長く平穏だ。現在起きていることで、この3つが消滅することはない。石油価格は反発し、ロシアとウクライナの紛争は沈静化する。新興市場としてのロシアを目指す足の速い資金は、良い投資先を見つけるだろう。折しもUlmartの株式会社化はベスト投資案件で、その株式上場はeコマース業界で次のビッグイベントになる」とコメントした。

今回の株式上場は第1弾で、最大15億ドルの資金調達を目指す。Ulmartは3階建てのフルフィルメント・センターのインフラを100万平方メートル拡大することを計画している。

ソース:Ulmart

Ulmart IPO Scheduled for 2016-Search Begins for Where Best to Place

PR59713

MOSCOW, Mar. 5, 2015 /PRN=KYODO JBN/ --

Top managers from Ulmart, Russia's leading e-commerce company, set out to New

York City this week to meet with representatives of two of the world's leading

stock exchanges: the NYSE and the NASDAQ.  

     (Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20140203/667275 )

The purpose of the trip is to determine which exchange will be the best fit for

Ulmart as it readies itself for a placement in early 2016.  Visits to London

and Hong Kong stock exchanges will follow in the coming months.  The goal is to

make an announcement by mid to end-Summer.  

Ulmart top management already visited the Moscow stock exchange in November of

last year-a dual listing is a possibility for the company.  

While e-commerce leaders like Alibaba and JD.com have chosen the US over Hong

Kong and London, the US as a choice for placement is not a done-deal for

Ulmart.  

Dmitry Kostygin, Ulmart's majority shareholder and chairman of the board

offered the following analysis: "The size of the overall valuation will really

dictate a lot in regards as to where we place.  If it is large enough, say

several times sales, then we think London might be a better fit as there is a

tendency for continental investors to be bullish on larger listings.  A smaller

one, less than one time sales, might lead to the US as smaller listings there

are quite well-received."

Despite a slowing-economy and a tense geo-political situation, a comfort zone

has returned and many investors are again buying into Russian stocks because of

their deflated prices and thanks to a fairly stable macro-economic situation in

comparison to many members of the European Union.

"Retail is a long game. E-commerce is longer and Russia is even longer still.  

None of the three are going to go away just because of what is going on. Oil

will rebound and the Russian-Ukrainian conflict will calm down considerably and

very quickly money ear-marked for Russia, still a leading emerging market, will

find good deals.  Ulmart happens  to be the best deal going in private

enterprise and it's placement be the next big thing in e-commerce," commented

Brian Kean, the company's head of communications and investor relations.

The offering, which could raise as much as $1.5 billion, will be a primary one

as Ulmart plans to expand its three-tiered fulfillment center infrastructure by

an additional 1 million square meters.

SOURCE: Ulmart

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中