あごを楽に支えることで背筋をピンと保てる矯正アイテム『あごのせアーム』を販売開始

サンコー

2015/11/25 10:29

2015年11月24日

サンコー株式会社

あごを楽に支えることで背筋をピンと保てる矯正アイテム『あごのせアーム』を販売開始

この度、サンコー株式会社(東京都千代田区、代表取締役:山光博康)では、

『あごのせアーム』(あごのせあーむ)を11月24日より販売開始する

運びとなりましたので、ご案内申し上げます。

■ 猫背矯正方法の1つ「あごをのせる」

重い頭は、体全体でささえるべきなのに、猫背の前かがみになる姿勢だと、

首や肩のみで支えることになり、肩こりや頭痛など体に異常が発生してしまいます。

そこで、重い頭が下がらないように、楽にあごをのせて、

背筋をピンとした状態を保とうというのが、この【あごのせアーム】です。

■ 柔らかくて角度・高さを調整

あごをのせる「手」は、あごを乗せやすいように湾曲し、

支えるための固すぎず柔らかすぎずのウレタン素材です。

「手」についたシャフトは、長さ調整が可能です。

■ 癒やしのリラックスアイテムとしても

猫背矯正以外にも、 楽になれるリラックスアイテムとしても利用できます。

手がしびれてしまう「ほおづえ」の手の代わりをしたり、

アーム部分のクッションを「腕枕」としてお昼寝したり、

イスにゆったり寄りかかり少し首を支えてくれる「ネックピロー」の代わりにしたり、

色々な使い方ができます。

■ 丁度いい高さ&位置に合わせられる可動部

あごをのせる、ほおづえをつく重要な「手」の部分は、

180°内で段階調節が可能です。

「アーム」の伸びるシャフト部分は、最大95mmまで伸ばすことができ、

360°回転するので、接続されている「手」も360°回転します。

「手」と「アーム」を支えるクランプ部分は、180°傾斜し、

360°回転の段階調節が可能です。

■ 手とアームのクッション部分は、柔らかいウレタン素材

「支える」という意味でも、柔らかすぎて、あごや頬が沈みすぎない、

固すぎず、柔らかすぎずの程よいウレタン素材を使用してます。

■机などに挟んで固定するクランプ式

机の天板に挟んで固定するクランプ式だから、取り付け&取り外しが、サッとできます。

最大55mmの天板の厚みに対応します。

[仕様]

サイズ

幅106×奥行き69×高さ620?710(mm)

重量

614g

対応天板サイズ

55mmまで

手部クランプ

180°傾斜360°回転

アーム可動部の長さ

95mm

アーム部クランプ

180°傾斜360°回転

ご注意事項

○組み立て時、指等挟まないようお気を付けください。

○使用する前に各ネジのゆるみをご確認ください。

○小さなお子様の手の届かない場所に保管してください。

内容品

手、手部(蝶ナット、ボルト)、アーム、アーム部クランプ(クランプ金具×2、蝶ナット、ボルト、回転段階調節ボルト、ブラスチックワッシャー、ナット)天板用クランプ、レンチ、日本語説明書

あごのせアーム

[販売価格] 4,980円 (税込)

●サンプルお貸出しご希望の方は弊社広報までお問い合わせ下さい。

TEL 03-3526-4323 FAX 03-3526-4322

Email pr@thanko.jp

商品についての詳細をホームページにて御案内しております。

ぜひご参照下さい。

http://www.thanko.jp/shopdetail/000000002518/

サンコーレアモノショップ総本店(秋葉原直販店)

〒101-0021  東京都千代田区外神田3-14-8 新末広ビルB

TEL 03-5297-5783

■会社概要

会社名  サンコー株式会社

資本金  3800万円

設立  2003年6月26日

所在地   〒101-0021 東京千代田区外神田3-14-8 新末広ビルB 3F

主な事業内容  コンピュータ周辺機器の輸出入・開発・販売業務

■製品に関するお問い合わせ先

サンコー株式会社

〒101-0021 東京都千代田区外神田4-9-8 神田石川ビル 4階

営業部 森口・長田・中野・えき

TEL 03-3526-4321 FAX 03-3526-4322

Email sales2@thanko.jp

URL: www.thanko.co.jp

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中