富山市で「第7回日本モビリティ・マネジメント会議」が開催されます

富山市

2012/7/17 16:40

富山市で「第7回日本モビリティ・マネジメント会議」が開催されます。

本市の先進的な公共交通活性化の取り組みや全国の事例発表など、

地域の公共交通活性化への理解を深められる機会です。

 このたび、モビリティ・マネジメント(注)に関する施策が今後も効果的・広範に推進されることを目指して、全国から自治体、大学、市民団体などのモビリティ・マネジメント関係者が一同に会する「第7回日本モビリティ・マネジメント会議(JCOMM)」が富山市で開催されます。

 本会議においては、全国の取り組み事例の発表のほか、富山市長特別講演や本市における公共交通活性化の取り組みを紹介する開催地企画の実施を予定しています。

(注)モビリティ・マネジメント(Mobility Management, 略称MM)とは、渋滞や環境、あるいは

  個人の健康等の問題に配慮して、過度に自動車に頼る状態から公共交通や自転車などを

  『かしこく』使う方向へと自発的に転換することを促す、一般の人々や様々な組織・地域を

  対象としたコミュニケーションを中心とした持続的な一連の取り組みのことを意味します。

  (出典:一般社団法人日本モビリティ・マネジメント会議ホームページ)

1 日時 平成24年8月4日(土)、5日(日)

 *8月3日(金)は、県外参加者による市内視察を予定。

2 会場 富山国際会議場 3階メインホール

3 会議の内容 

【8月4日(土)】

 午前10時~正午  開催地企画

   ●モビリティ・マネジメント教育推進事業成果発表

   (市内小学校でのモビリティ・マネジメント教育の成果発表)

   ●大学生によるモビリティ・マネジメント成果発表

   (新大学生を対象に作成した「街なかマップ」を使ったモビリティ・マネジメントの

    成果発表)

   ●レールライフ実践人インタビュー

   (暮らしの中で公共交通を活用している市民に、公開インタビューを行い、実例を

    紹介)

   ●ミニシンポジウム

   (本市の公共交通活性化に向けた取り組みについて、学識経験者を交えて討議を行い、

    富山型モビリティ・マネジメントのあり方について意見交換を行う)

 午後1時~3時   オープニングセッション

            ・富山市長特別講演

            ・JCOMM賞授賞式

 午後3時~6時   研究発表

【8月5日(日)】

 午前9時~午後4時 研究発表 

4 参加費 

・開催地企画、オープニングセッション、8月4日の研究発表:無料

・8月5日の研究発表:3,000円(資料代含む)

5 主催 一般社団法人日本モビリティ・マネジメント会議

6 ホームページ(一般社団法人日本モビリティ・マネジメント会議)

  http://jcomm.or.jp

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中