◎世界経済フォーラムと将来の経済学で協力  Institute For New Economic Thinking

Institute For New Economic Thinking

2013/1/22 16:56

◎世界経済フォーラムと将来の経済学で協力  Institute For New Economic Thinking

AsiaNet 51901

共同JBN 0070 (2013.1.22)

【ニューヨーク/ダボス(スイス)2013年1月22日PRN=共同JBN】Institute For New Economic Thinking(INET)と世界経済フォーラム(World Economic Forum)は22日、経済学的思考への新しいアプローチを育むために密接に協力する計画を発表した。

スイスのダボスで開かれる今年の世界経済フォーラム年次総会を前に両組織は、難航する経済的、社会的、政治的課題に対する革新的で持続可能な解決策の必要性を強調した。両組織の今後の協力では、さまざまな学問分野で最も影響力のある研究者だけでなく、新世代の経済学思考家による取り組みが中心になる。

INETエグゼクティブディレクターのロバート・ジョンソン博士は「今日われわれが直面している諸問題は、経済学の根本的な転換と、実業界および政界、学会から世界的コミュニティーへの参加を必要としている。われわれとしては世界経済フォーラムと協力し、新経済学的思考の発展を促進することはとてもやりがいがある。金融危機、環境問題、広がる格差は、世界が直面する問題についてのわれわれの理解がいかに貧しいかを示している。これらに取り組むことこそ、生き生きとした躍動感のある世界を創造する鍵であり、今年のダボス会議での多くの対話での核となる」と述べた。

世界経済フォーラムで今年のダボス年次総会を担当するマネジングディレクターのリー・ハウエル氏は「世界の状況は引き続き、根本的な経済仮説の見直しと新思考の世界的な普及を求めている。INETは将来の経済学会を代表する優秀な若手の研究者がかかわっているため、革新的なアイデアと調査では最先端を行っている」と語った。

世界経済フォーラムとINETは、「夏季ダボス会議」と呼ばれる中国・大連のニュー・チャンピオン年次総会(Annual Meeting of New Champions)で新経済思考の提案で協力する。ジョンソン博士は「INETは大連で世界経済フォーラムと協力し、そこに集まる若者との対話で新しいビジョンやアイデア、すぐれた学者を紹介することを楽しみにしている」と述べた。この協力関係はINETのヤング・スコラー(Young Scholars)を世界経済フォーラムのヤング・グローバル・リーダー(Young Global Leaders)やグローバル・シェイパー(Global Shapers)といったコミュニティーに参加させる機会となる。こうしたコミュニティーは次世代リーダーの対話や交流を活発にするのが目的だ。

ジョンソン博士は世界経済フォーラムの新経済学思考に関するGlobal Agenda Councilの副議長も務め、ダボス年次総会では幾つかのセッションに貢献する。世界の有力エコノミストが集まるディナー・ディスカッションでは司会役になる。このディスカッションでは社会を今日から2030年に導くのに必要な経済学テキストブックの編さんを取り上げる。参加者にはノーベル経済学賞を受賞したニューヨーク大学のロバート・エングル教授、イェール大学のロバート・シラー教授、精華大学の李稻葵教授、米ピーターソン国際経済研究所所所長のアダム・ポーゼン博士、INET諮問委員会メンバーのバリー・アイケングリーン、同ヘレン・レイ教授らが含まれる。

▽Institute for New Economic Thinkingについて

The Institute for New Economic Thinking(INET)は、経済思考の新分野の発展を広げ、加速させることを狙いとする世界的な経済調査・教育財団。新しい経済学思考は21世紀の大きな経済的、社会的課題に対する実世界のソリューションにつながる。www.ineteconomics.org

メディア連絡先:

Eric J. Weiner,

Institute for New Economic Thinking,

+ 1 212 493-3327,

ejw@ineteconomics.org

Lucy Jay Kennedy,

World Economic Forum,

+ 41 79 817 06 07,

lucy.jaykennedy@weforum.org

ソース:Institute For New Economic Thinking

Institute For New Economic Thinking & World Economic Forum To Collaborate On The Future Of Economics

PR51901

NEW YORK and DAVOS, Switzerland, Jan. 22, 2013 /PRN=KYODO JBN/ --

        Collaboration to introduce the ideas and innovations of a new

                       generation of economists

   INET scholars to participate in the World Economic Forum's "Summer Davos"

                      in Dalian, China in September

The Institute for New Economic Thinking (INET) and the World Economic Forum

today announced plans for closer collaboration to foster new approaches to

economic thinking.

Ahead of this year's World Economic Forum Annual Meeting in Davos, Switzerland,

both organizations highlighted the need for innovative and sustainable

solutions for persistent economic, social and political challenges. Their

future collaboration will focus on engaging both a new generation of economic

thinkers, as well as the most influential scholars from a variety of

disciplines.

"The problems facing us today require a fundamental shift in economics and the

participation of a global community from business, politics and academia," Dr.

Robert Johnson, Executive Director of INET said. "We are therefore very excited

to be collaborating with the World Economic Forum to accelerate the development

of new economic thinking. The financial crises, environmental challenges and

increasing inequality have revealed just how little we understand about the

issues facing our world. Addressing these is key to creating a more resilient

and dynamic world, and is core to many of the discussions in Davos this year."

"The state of the world remains such that we need to challenge fundamental

economic assumptions and to embrace new thinking globally," said Lee Howell,

Managing Director of the World Economic Forum responsible for their Annual

Meeting in Davos. "INET is a leader in innovative ideas and research because of

their commitment to stellar young scholars, who represent the future for the

field of economics."

The World Economic Forum and INET will collaborate on introducing new economic

ideas at the Forum's Annual Meeting of New Champions referred to as the "Summer

Davos" in Dalian, China. "INET looks forward to working with the World Economic

Forum in Dalian and bringing new visions, ideas and outstanding scholars into

dialogue with the young people convening there," Dr. Johnson said. This

collaboration will also provide opportunities for INET's Young Scholars to

engage with the World Economic Forum's communities, such as the Young Global

Leaders and Global Shapers - communities aimed at fostering interaction and

exchange with the next generation of leaders.

Dr. Johnson also serves as vice-chair of the World Economic Forum's Global

Agenda Council on New Economic Thinking and will contribute to a number of

sessions at the Annual Meeting in Davos. He will moderate a dinner discussion

featuring the world's leading economists. The session will focus on designing

the economics textbook needed to guide society from the present day to the year

2030. Participants in this session include Nobel Laureate Professor Robert

Engle of New York University, Professor Robert Shiller of Yale University,

Professor Li Daokui of Tsinghua University, Dr. Adam Posen, President of the

Peterson Institute for International Economics, and INET Advisory Board Members

Professor Barry Eichengreen and Professor Helen Rey.  

About the Institute for New Economic Thinking

The Institute for New Economic Thinking (INET) is a global economic research

and education foundation designed to broaden and accelerate the development of

a new field of economic thought that will lead to real-world solutions to the

great economic and social challenges of the 21st century.

www.ineteconomics.org

Media Contacts:

Eric J. Weiner, Institute for New Economic Thinking, + 1 212 493-3327,

ejw@ineteconomics.org

Lucy Jay Kennedy, World Economic Forum, + 41 79 817 06 07,

lucy.jaykennedy@weforum.org

SOURCE:  Institute For New Economic Thinking

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中