◎最高レベルのインサーティングマシンを実現  オーストリアのKern-Data社

Kern-Data GmbH

2013/2/6 09:10

◎最高レベルのインサーティングマシンを実現  オーストリアのKern-Data社

AsiaNet 52032

共同JBN 0124 (2013.2.5)

【ウィーン2013年2月5日PRN=共同JBN】オーストリアのエンジニアリング企業、Kern-Data GmbHはインサーティングマシンにおける新しい標準となるMKシリーズ・インサーティングマシンを開発した。Kern-Data社のゼネラルマネジャー、トビアス・アッカーマン氏は「MKシリーズ・インサーティングマシンは、オールインワンの挿入機で、多様な封筒フォーマットに対応し、あらゆる作業を高速かつフレキシブルに取り扱える」と語った。MKシリーズのインサーティングシステムは、フォーマットが異なる大量の郵便物の処理に直面しているあらゆる企業のメールルーム作業を、コンパクトなデザインや迅速なリセッティング、直感的な操作性の3つのボタンシステムで、革命的に変えることができる。

MKシリーズ・インサーティングマシンの優れた性能は、B6判からB4判までの異なったサイズの封筒を高速で処理できることにある。B6判からC5判までのレターサイズなら2万8000枚を封筒に詰め、シールし、出力するまで1時間で 終了できる。C4判からB4判までなら1時間に1万2000通の処理が可能だ。誘導コードを利用すればフィードモジュールが文書を束ねて対応するスピードでインサーティングシステムに挿入することも可能だ。アッカーマン氏は「MKシリーズは現在市場に出ているマルチフォーマット・インサーティングマシンとしては最速の処理能力があり、全体でも2番目に速い」と強調する。他に例がない独自の詰め込みプロセスを利用しているため、MKシリーズ・インサーティングマシンは高速処理にも関わらず封筒にも、その中に詰める文書にもやさしい。

▽リセット時間の短縮でより大きなフレキシビリティーを実現

高速処理できること以外にも、オールインワンのインサーティングマシンは操作が極めて簡単だ。直感的な3ボタンシステムと理想的な高さの作業設定でユーザーにとっての作業が簡便化されている。コンパクトなデザインとリセット時間の短縮、あらゆる種類の封筒フォーマットの処理ができることなどでMKシリーズ・インサーティングマシンは顧客に最大限のフレキシビリティーを発揮する。

MKシリーズ・インサーティングマシンは、あらゆる種類のフォーマットが大量に集積される作業環境に対応できるように設定されている。ダイレクトメールの企業や公益事業者などである。MKシリーズの助けで請求書や保険料金の支払い通知書、個人的なダイレクトメール委託販売などが迅速かつ個別に、内容を保護する方法で処理される。保険業者、銀行、郵便などのサービス企業にとっては欠かせない存在になっている。

作業の種類によってはKern-Data社の他の部門の製品もMKシリーズ・インサーティングマシンに接続できる可能性がある。エンドレス・フォームカッターMK33はKern-DataのSmartologyが貢献したパフォーマンスにおける飛躍的進歩の一例である。操作が簡単で現在稼働中のシステムにシームレスに統合が可能。用紙1平方メートル当たり37グラムから200グラムまでの処理が可能である。

▽2013年フンケル・イノベーションの日(Hunkeler Innovationdays)

Kern-Data GmbHはMKシリーズ・インサーティングマシンを2013年2月11日から15日までスイスのルツェルンで開かれるフンケル・イノベーションの日で国際市場に公開する。MKシリーズ・インサーティングマシンは2013年第3四半期に販売開始予定である。

写真は欧州プレスフォト通信社(epa)で入手できる(http://www.epa.eu)。また無料で以下のサイトからダウンロードできる。http://www.presseportal.de/pm/107999

▽問い合わせ先

Kern-Data GmbH

Mag. Tobias Ackermann, General Manager

Julius-Raab-Str. 8

A-2203 Grossebersdorf

Telephone: +43(0)699-13262040

E-mail: tobias.ackermann@kern-data.com

ソース:Kern-Data GmbH

Inserting at the Highest Level: The MK-Series Inserting Machine from Kern-Data

PR52032

VIENNA, Feb. 5, 2013 /PRN=KYODO JBN/ --

    The MK-Series Inserting Machine from the Austrian engineering company

Kern-Data GmbH sets new standards in inserting machines. "The MK-Series

Inserting Machine is an all-in-one inserter that serves a wide range of

envelope formats and handles all insertion jobs quickly and flexibly,"

explained Tobias Ackermann, General Manager of Kern-Data GmbH. The inserting

system will revolutionise the mailroom of every company faced with processing a

large number of different format letters thanks to its compact dimensions,

short resetting times and intuitive operability based on a three-button system.

    The outstanding feature of the MK-Series Inserting Machine is the high

speed at which the system processes different envelope sizes in the formats B6

to B4. Up to 28,000 letters size B6 to C5 are filled, sealed and outputted

within an hour. The processing rate for the formats C4 to B4 is 12,000

envelopes an hour. Guided by codes, the feed modules can also assemble

documents and transfer them at a corresponding speed to the inserting system.

"The MK-Series Inserting Machine is currently the fastest multi-format machine

and the second-fastest inserting machine on the market," Ackermann emphasised.

Thanks to its unique filling process, the MK-Series Inserting Machine is gentle

both on the documents to be processed as well as the envelopes, even at high

processing speeds.

    Greater flexibility thanks to shorter resetting times

    Apart from its high speed, the all-in-one inserter is very easy to use. The

intuitive three-button system and ideal operating height simplify

machine-handling for the user. Due to its compact dimensions and shorter

resetting times, along with the possibility of processing all kinds of envelope

formats, the MK-Series Inserting Machine provides the client with maximum

flexibility.

    The MK-Series Inserting Machine is designed for working environments in

which large numbers of letters with all kinds of formats accumulate, such as

direct mailing companies and utility providers. With the help of the MK-Series

invoices, policies and individual direct mail consignments are produced and

processed quickly, individually and in a way that conserves the material. This

makes the machine indispensable for insurance companies, banks, postal and

service companies in particular.

    Depending on the job specifications, other products from the Kern-Data

portfolio can be connected upstream to the MK-Series Inserting Machine. The

endless form cutter MK33, which represents a quantum leap in processing

performance thanks to Smartology from Kern-Data, is a highlight. It is easy to

operate, can be integrated seamlessly in existing systems and processes

grammages from 37 g/msquared up to 200g/msquared.

    Hunkeler Innovationdays 2013

    Kern-Data GmbH will unveil the new MK-Series Inserting Machine to the

international market at the Hunkeler Innovationdays, which will take place from

11 to 15 February 2013 in Lucerne, Switzerland. The MK-Series Inserting Machine

is expected to be available from the third quarter of 2013.

    Cross reference: Picture is available via epa european pressphoto agency

(http://www.epa.eu) and can be downloaded free of charge at:

http://www.presseportal.de/pm/107999

    Further information

    Kern-Data GmbH

    Mag. Tobias Ackermann, General Manager

    Julius-Raab-Str. 8

    A-2203 Grossebersdorf

    Telephone: +43(0)699-13262040

    E-mail: tobias.ackermann@kern-data.com

    SOURCE: Kern-Data GmbH

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中