◎4月8日からJedox V5 Baseを無償リリース

Jedox AG

2013/2/20 10:40

◎4月8日からJedox V5 Baseを無償リリース

AsiaNet 52131

共同JBN0170 (2013.2.20)

【フライブルク(ドイツ)2013年2月20日PRN=共同JBN】ソフトウエアベンダーのJedox社は4月8日に、セルフサービス・ビジネスインテリジェンスおよび分析スイートであるJedox Version 5をリリースする。Jedox 5は多くの機能を提供して、計画、分析、リポーティング能力、パフォーマンスを強化する。さらに今回初めて、Jedoxは無償で新たにBaseバージョンを提供するが、これはPremiumバージョンと同程度のリリースレベルとなる。

Jedoxの無償オープンソース・バージョンは最近まで、最新バージョンより常に15カ月から18カ月遅れのレベルだった。OLAP(オンライン分析処理)サーバーのソースコードが SourceForge上でオープンソース・ライセンスとして入手できるようになったことから、今回のバージョン5からこれまでの状態が変わることになる。Jedoxのクリスティアン・ラウエ最高経営責任者(CEO)は同社の新しいライセンス戦略を説明して、「今回の措置は費用対効果のあるビジネスインテリジェンス(BI)とパフォーマンス管理プラットフォームを提供する当社の戦略を強固なものにする」と語った。

Jedox BaseとJedox Premiumは今後、完全機能付きと同等のOLAPサーバー機能を持つことになる。さらに、Jedox BaseバージョンはExcelクライアントを含み、同様に無償で提供される。これによってユーザーは、ライセンスコストがかからず強力なBIおよびセルフサービスのパフォーマンス管理ソリューションを実装することができる。Jedox Baseのデータベースサイズ、規模、Baseユーザーの数は何ら制限されることはない。

Jedoxプレミアムは最新Excel機能、ウェブ環境、モバイル機器サポート、ETL(データの抽出、加工、書き込み)、SAP統合、ユーザーアクセス管理、大容量データベースと連動するGPU駆動コプロセッシングなどの拡張能力を提供することでJedox Baseと差別化されている。

ボーナス機能:インストール後最初の30日間、Jedox Baseバージョンはすべて、無償でJedoxプレミアムの機能をテストする機会が与えられる。Premiumライセンスキーを購入することによって、ユーザーは何らの変更を加えることなく、Jedox Baseの中でモデル化したすべての機能、データベース、ユーザーインターフェースをJedox Premiumの中にそのまま生かすことができる。これに対して30日後については逆に、ユーザーはBase製品向け無償ライセンスキーの発行をJedoxから求めることになる

▽Jedoxについて

Jedox AGはドイツ・フライブルクに本社を置き、セルフサービス・ビジネスインテリジェンス(BI)およびパフォーマンス管理ソリューションの有力プロバイダーである。同社製品はソフトウエア、サポート、実装、メンテナンスなど多岐にわたる。最近開設されたJedoxアカデミーはまた、Jedoxベースの指導教育とクラスを提供する。

詳しい情報はhttp://www.jedox.comを参照。

▽問い合わせ先

presse@Jedox.com,

Tel. +4976115147-0

ソース:Jedox AG

Jedox Now Available in Two Versions: Base and Premium

PR52131

FREIBURG, Germany, Feb. 20, 2013 /PRN=KYODO JBN/ --

    On April 8, 2013 Jedox will release Jedox Version 5, their self-service

business intelligence and analytics suite. Jedox 5 offers many new features and

increases planning, analysis and reporting capabilities and performance. In

addition, for the first time, Jedox will offer their new Base version at no

cost, at the same release level as the Premium version.

    Until recently, Jedox's free Open Source version has always been 15 to 18

months older than the latest version. Beginning with Version 5, this will

change, as OLAP Server source code becomes available as an Open Source license

on SourceForge. "This step will solidify our strategy of providing a

cost-effective BI and performance management platform," said Jedox CEO and

founder, Kristian Raue, explaining the corporation's new licensing strategy.

    From now on, Jedox Base and Jedox Premium will feature the same OLAP

Server-with complete functionality. What's more, the Base version of Jedox will

contain an Excel client, also free of charge. This will enable users to

implement powerful BI and self-service performance management solutions without

license costs. Jedox Base database size, dimensions, or number of Base users

will not be restricted in any way.

    Jedox Premium differs from Jedox Base by providing extended capabilities

like advanced Excel functionality, web environment, mobile device support, ETL,

SAP integration, user access control, and GPU-powered co-processing for working

with large datasets.

    Bonus feature: For the first thirty days after installation all Jedox Base

version users will have the opportunity to test the functions of Jedox Premium

for free. Purchasing a Premium license key will enable you to leverage in Jedox

Premium all the functionalities, databases, and user interfaces modeled in

Jedox Base-without having to make changes. Alternatively, after thirty days

users may request from Jedox a free license key for the Base product.

    Jedox:

    Headquartered in Freiburg, Germany, publicly traded Jedox AG is a leading

provider of self-service BI and performance management solutions. Its product

range includes software, support, implementation, and maintenance. Recently

founded Jedox Academy also offers Jedox-based instruction and classes.

http://www.jedox.com

    Contact:

    presse@Jedox.com,

    Tel. +4976115147-0

    SOURCE: Jedox AG

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中