◎NIIT Technologiesがキャセイの貨物管理用WOSシステム導入

NIIT Technologies Ltd

2013/3/4 13:40

◎NIIT Technologiesがキャセイの貨物管理用WOSシステム導入

AsiaNet 52288

共同JBN 0231 (2013.3.4)

【ニューデリー2013年3月4日PRN=共同JBN】インドの大手IT企業NIIT Technologies Ltd.(ニューデリー証券取引所:NIITTECH)は4日、キャセイパシフィック航空の100%子会社キャセイパシフィック・サービス(CPSL)の貨物処理事業を香港特別行政区に建設された新しいキャセイパシフィック・カーゴ・ターミナルを管理するため、統合貨物管理ソリューションのWOS(庫内作業支援システム)の導入・実装に成功したと発表した。

キャセイパシフィック・カーゴ・ターミナルは特にカーゴハブ業務向けに設計されたもので、顧客に広範な貨物処理サービスを提供する。同ターミナルは革新的なジャストインインタイム作業方針が採用されて、貨物処理に当たって待ち時間と処理時間を減らすために採用された最新技術を備えている。顧客はかなりの時間節約、タイムリミット寸前の貨物受け取り、積み替え時の接続処理時間の短縮などの利点がある。

WOSは貨物処理の中核ITシステムであり、柔軟でスケーラブルなソリューションになるようなオープン、コンポーネントベース、n階層のアーキテクチャーを使って実装される。WOSのユニークな利点はその豊富な機能であり、プロセスを処理、管理するとともに規制上のコンプライアンスを確実にしながら高度のパフォーマンスを保証するCPSL作業を可能にする。WOSは多くの革新的機能を持ち、CPSLはワークフローの障害となるものをモニターし、ユーザーフレンドリーなインターフェースによってより高度のサービスレベルを保証することができる。

CPSLのアルジャノン・ヨー最高経営責任者(CEO)はこの機会に当たって、「私はキャセイパシフィック・カーゴ・ターミナルにWOSの導入・実装に成功したことを非常に喜んでいる。この施設に展開されたWOSは、当社ターミナルでの貨物作業および顧客に対する作業の移行を円滑に進めるためのトータルソリューションを提供する。われわれは過去数年にわたりこの最新のシステム開発支援に力を貸したNIITのプロフェッショナリズムと献身を高く評価している」と語った。

NIIT Technologiesのアルビンド・メーロトラ社長(アジア太平洋)は導入成功をコメントして、「NIIT Technologiesは新しいカーゴ・ターミナルの開設に当たってCPSLチームに祝辞を述べるとともに、この戦略的イニシアチブのパートナーであることを誇りに思う。当社チームは最先端技術に基づく航空業および貨物事業向けの複合ソリューションを提供する能力を改めて示した。WOSの実装成功によって、CPSLは業務効率を強化することができるとともに、顧客に満足してもらう新たなベンチマークを設定する」と語った。

キャセイパシフィック航空は香港を世界で最も利用度の高い航空貨物ハブに高めるよう支援している。同ターミナルは特にジャストインタイム作業向けに設計され、ハブ移動処理に供し、接続時待ち時間を短縮する。CPSLは現在、貨物処理の新たなベンチマーク、すべての航空輸送産業向けのより高度のサービス基準を生み出すことを目指している。

▽NIIT Technologiesについて

NIIT TechnologiesはITソリューション大手であり、北米、欧州、中東、アジア、オーストラリアの顧客にサービスを提供している。同社はアプリケーション開発・保守、管理サービス、IP アセットあるいはプラットフォーム・ソリューションさらには金融サービス機関、旅行および輸送、製造/流通、ヘルスケア、政府部門などへのビジネスプロセス・アウトソーシングサービスを提供している。同社は主要な世界のベンチマーク、基準を順守し、ISO 9001:2000認証、ISO:27001 情報セキュリティ・マネジメント認定などを受けている。同社はまた、開発のための世界基準に準拠している。同社は米カーネギーメロン大学のソフトウェアエンジニアリング研究所(SEI)のCMMi(能力成熟度モデル統合) version 1.2のレベル5と評価されている。NIIT Technologies Business Process Outsourcing はCOPC(Customer Operations Performance Center, Inc. )あるいはSix Sigmaなど情報セキュリティー国際基準に適合している。同社データセンター事業は、ITマネジメント基準の国際ISO 20000準拠していると評価されている。

▽キャセイパシフィック・サービス(Cathay Pacific Services Limited)について

キャセイパシフィック・サービスはキャセイパシフィック航空の100%子会社である。同社は2008年1月に創設され、香港国際空港のキャセイパシフィック・カーゴ・ターミナルに新しいカーゴ・ターミナルを設計、建設、操業するため2008年3月に香港空港管理局から20年間のフランチャイズ権を与えられた。

ターミナルの実態

 *59億香港ドルの投資

 *サイト面積10万9000平方メートル

 *総床面積24万平方メートル

 *年間260万トンの貨物処理能力

 *土地利用効率は1平方メートル当たり25トン余り

▽メディア問い合わせ先

Jyotsna Nanda/ Chiranjeeta Borah

Candour Communications

+91-98104-99625 / +91-9818661995

jyotsna@candour.co.in

chiranjeeta@candour.co.in

ソース:NIIT Technologies Ltd

NIIT Technologies Implements Cargo Ground Handling System for Cathay Pacific Services Limited

PR52288

NEW DELHI, Mar. 4, /PRN=KYODO JBN/ --

     System enhances operational efficiency, performance and productivity

    NIIT Technologies Ltd. (NSE: NIITTECH), today announced the successful

implementation of WOS (Warehouse Operating System), an integrated cargo

management solution, to manage cargo handling operations of Cathay Pacific

Services Limited (CPSL), a wholly owned subsidiary of Cathay Pacific Airways,

at their brand new Cathay Pacific Cargo Terminal in Hong Kong SAR.

    Cathay Pacific Cargo Terminal, specially designed for cargo hub operations,

will provide an extensive range of cargo handling services to customers. A

revolutionary "Just-in-Time" operation philosophy has been adopted at the

Terminal, with advanced technology employed to reduce the waiting and

processing time for cargo handling. Customers will benefit from extended cut

off times, last-minute cargo acceptance, and a reduced connection handling time

for transhipments.

    WOS is the core cargo handling IT system, which is implemented using open,

component-based and n-tier architecture to provide a flexible and scalable

solution.A unique advantage of WOS is its rich functionality, which will enable

CPSLoperations to handle & manage their processes and ensure regulatory

compliancewhileguaranteeing high performance.WOS has many innovative features

that will enable CPSL to monitor the bottlenecks in workflow and assure higher

service levelswith user friendly interface.

    On this occasion, Mr. Algernon Yau, Chief Executive Officer, Cathay Pacific

Services Limited, said, "I am very pleased with the successful implementation

of WOS at Cathay Pacific Cargo Terminal. The WOS deployed at the facility

provides a total solution to facilitate cargo operations in our terminal and

the transition of operations for the customers went smoothly. We highly

appreciate NIIT's professionalism and dedication to help support the

development of this advanced system over the past few years."

    Commenting on the successful implementation, Mr Arvind Mehrotra, President,

Asia-Pacific, NIIT Technologies said, "NIIT Technologies congratulates CPSL

team for the opening of their new Cargo Terminal and is proud to be a partner

in this strategic initiative. NIIT Technologies' team has once again

demonstrated its strength in delivering complex solutions for airlines and

cargo businesses based on cutting edge technologies. Successful implementation

of WOS will enable CPSL to enhance its operational efficiency while setting new

benchmarks in customer satisfaction."

    Cathay Pacific has helped to build Hong Kong into the world's busiest air

cargo hub. The terminal is specially designed for a 'Just-in-Time' operation

and facilitates hub transfer handling, reducing the waiting time between

connections. CPSL is now set out to create a new benchmark in cargo processing

and a higher service standard for the whole air transportation industry.

    About NIIT Technologies

    NIIT Technologies is a leading IT solutions organization, servicing

customers in North America, Europe, Middle East, Asia and Australia. It offers

services in Application Development and Maintenance, Managed Services, IP Asset

or Platform Solutions, and Business Process Outsourcing to organizations in the

Financial Services, Travel & Transportation, Manufacturing/Distribution,

Healthcare and Government sectors. The Company adheres to major global

benchmarks and standards, having secured the ISO 9001:2000 certifications and

the ISO: 27001 Information Security Management accreditation. NIIT Technologies

also follows global standards of development. It has been assessed at Level 5

of SEI CMMi version 1.2. NIIT Technologies Business Process Outsourcing

conforms to the highest quality standards such as COPC and Six Sigma. Its data

centre operations are assessed at the international ISO 20000 IT management

standards.

    About Cathay Pacific Services Limited

    Cathay Pacific Services Limited is a wholly owned subsidiary of Cathay

Pacific Airways Limited. The Company was formed in January 2008 and was awarded

a 20-year franchise by Airport Authority Hong Kong in March 2008, to design,

build and operate a new cargo terminal at the Hong Kong International Airport -

the Cathay Pacific Cargo Terminal.

    Terminal Facts

    - HK$5.9 billion investment

    - 109,000 sq. m site area

    - 240,000 sq. m gross floor area

    - Handling capacity: 2.6 million tonnes per annum

    - Land-use efficiency: more than 25 tonnes per sq. m

    Safe Harbor

    Certain statements in this release are forward-looking statements. The

business involves various risks, and uncertainties that could result in the

actual results to differ materially from those indicated here. All forward

looking statements made herein are based on information presently available to

the management of the Company and the Company does not undertake to update any

forward-looking statement that may be made from time to time by or on behalf of

the Company.

    For media queries please contact:

    Jyotsna Nanda/ Chiranjeeta Borah

    Candour Communications

    +91-98104-99625 / +91-9818661995

    jyotsna@candour.co.in

    chiranjeeta@candour.co.in

    SOURCE: NIIT Technologies Ltd

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中