◎グルメ提供でアップグレード エアチャイナの北米便

中国国際航空(エアチャイナ)

2013/3/21 17:30

◎グルメ提供でアップグレード エアチャイナの北米便

AsiaNet 52498

共同JBN 0314 (2013.3.21)

【北京2013年3月21日PRN=共同JBN】中国国際航空(エアチャイナ)は3月8日、ニューヨーク便をアップグレードする機内食の試食会を実施した。同社は、中国、西洋料理数十品の試食会に参加した料理好きの専門家や乗客からコメントを集めた。この実習は、エアチャイナが北京からロサンゼルス、ニューヨーク、サンフランシスコへの運航便のファースト、ビジネスクラスであらゆる嗜好を満たせるように行われた。機内食のメニューは季節ごとに変えられる。

(Logo: http://www.prnasia.com/sa/2008/12/26/200812261146.jpg

(Photo: http://www.prnasia.com/sa/2013/03/20/20130320170927950468.html

試食会では料理長が参加者に、新創作料理それぞれの特徴を説明、料理専門家は料理がいかに最高の栄養価に合っているかアドバイスした。審査の後、多くの新作アペタイザー、オードブルとホットディッシュが選ばれ、季節ごとに乗客のトレーテーブルに供されることになった。

エアチャイナは北米市場の成長に注目している。ニューヨーク便のアップグレードは、北米市場の拠点を固め、よりよい顧客体験を提供する同社の戦略姿勢の一部である。エアチャイナは3月31日から、北京-ニューヨーク路線を週11便に増便する。航空機はビジネス客に人気があるボーイング777-300ERを使用する。ファースト、ビジネスクラスはライフラットシートを装備、すべてのクラスに個人用オーディオ・ビデオ・オン・デマンド(AVOD)を搭載する。最適の客室レイアウトとデザインによって、ボーイング777-300ERは真に楽しい旅を保証する。

▽中国国際航空(エアチャイナ)について

中国国際航空(エアチャイナ)は中国を代表する唯一の航空会社で、スターアライアンスのメンバーである。

当社は保有するエアバス、ボーイング両社製の航空機306機を使って、30カ国・地域で289の路線を運航している。スターアライアンスに加盟したことによって、当社の路線網は北京をハブとし、スターアライアンスの強力なネットワークと一緒になって、181カ国・地域の1160の目的地に広がっている。

フェニックスマイル(PhoenixMiles)は当社のロイヤルカスタマーが当社の世界的なシステムでマイレージを獲得しリワードを請求できるフリークエント・フライヤー・プログラムである。エアチャイナのフリークエント・フライヤー・プログラムは1700万人の会員を擁している。

2011年、エアチャイナは5年連続してトップ500ワールド・ブランドにランク付けされた。

詳細は当社のウェブサイトhttp://www.airchina.com/を参照。

ソース:Air China

New gourmet food onboard Air China's flights to North America

PR52498

BEIJING, Mar. 21, 2013 /PRN=KYODO JBN/ --

    -- Air China holds an onboard food tasting for its North American flights

    Air China held an onboard food tasting on March 8 to upgrade its route to

New York. The carrier invited comments from gastronomic experts and passengers

who attended the tasting where dozens of Chinese and Western dishes were

presented. The exercise was to make sure that Air China caters to every palate

in its First and Business Class on routes from Beijing to Los Angeles, New York

and San Francisco. The dishes will get to the menus onboard in different

seasons.

    (Logo: http://www.prnasia.com/sa/2008/12/26/200812261146.jpg  )

    (Photo: http://www.prnasia.com/sa/2013/03/20/20130320170927950468.html )

    At the tasting, the lead chef briefed visitors on the unique features of

each new culinary creation, and gastronomic experts gave their suggestions on

how the dishes can be matched for the best nutritional value. After evaluating,

many newly created appetizers, hors d'oeuvres and hot dishes were selected and

will be on passengers' tray tables during different seasons.

    Air China eyes growth in the North American market. The New York route

upgrade is part of the carrier's strategic move to cement its foothold in the

North American market and deliver better customer experience. Air China will

increase its Beijing-New York service to 11 weekly flights starting May 31, and

the flights will be operated using the B777-300ER, an aircraft type popular

with business travelers. The First and Business Class feature lie-flat seats

and all classes offer personal AVOD. With its optimal cabin layout and design,

the B777-300ER guarantees a truly pleasant journey.

    About Air China

    Air China is China's only national flag carrier and a Star Alliance member.

    By a fleet of 306 Airbus and Boeing aircraft, we run 289 routes serving 30

countries and regions. Thanks to our admission to the Star Alliance, our route

network, with Beijing as its hub, coupled with the even stronger network of the

Star Alliance, is able to place 1,160 destinations in 181 countries within our

reach.

    PhoenixMiles is our frequent flyer program that allows our loyal customers

to accrue mileage and request awards in our worldwide system. Air China's

frequent flyer program has a membership of 17 million.

    In 2011, Air China was featured in the Top 500 World Brands rankings for

the fifth consecutive year.

    For more information, please visit our website www.airchina.com.

    SOURCE: Air China

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中