◎アジア向けにテレビ会議会社を設立 Chorus Callと日立ハイテク

Chorus Call

2013/4/1 10:01

◎アジア向けにテレビ会議会社を設立 Chorus Callと日立ハイテク

AsiaNet 52577

共同JBN 0346 (2013.4.1)

【モンロービル(米ペンシルバニア州)2013年4月1日PRN=共同JBN】日立ハイテクノロジーズ社とChorus Call(コーラスコール)社の1年にわたる協力の結果として、日本を含むアジア太平洋地域に向けた新しいコミュニケーション・サービス・プロバイダーが立ち上がる。新会社Chorus Call Asia(コーラスコールアジア)株式会社は4月1日に東京で業務を開始し、経済成長著しいこの地域に最新鋭のホスト型テレビ会議・コラボレーションのソリューションを提供する。高品質テレビ会議サービスの世界的リーダーであるChorus Callは、米ペンシルバニア州モンロービルに本社を置き、世界各地の事務所で営業展開して、機能が満載された最新鋭の音声・映像コラボレーションツールを米国内外の顧客に納めている。

この新しい試みは、両社による建設的な合弁提携のたまものだ。Chorus CallはCompunetix(コンピュネティクス)社のVideo Systems Division (VSD=映像システム部門)で、日立ハイテクノロジーズは競争の厳しい日本の通信市場で強力なブランドとサービスの開発に特化している。この努力は12カ月前に始まったが、すでにかなりの顧客を、CONTEX Summit(登録商標)やEVERGREEN(登録商標)のコラボレーション・メディア・プロセッサーに基づくサービスに乗り換えさせた。こうした設備は、Chorus Callのサービス体系と日立ハイテクノロジーズの販売区域と相まって、高品質で高精細、高い信頼に狙いを絞ったユニークな製品の提供につながっている。

新会社の近藤忠雄社長兼最高経営責任者(CEO)は「合弁会社の正式な立ち上げを喜んでいる。EVERGREENの映像とSummitの音声のプラットフォームに、国際的なChorus Callの24時間サービスが重なり、違いが分かる顧客層に特別な高品質サービスを届けられる」と語った。

新合弁会社の取締役会議長に就任するChorus Callのジョルジオ・コラルピ社長兼CEOは「強力な日立の提携と支援に、CompunetixとChorus Callの技術が加わったことで、この成長地域の会議市場へ引き続き積極的に浸透できることになろう」と付け加えた。

新会社のサービス開始によって、完全ホスト型サービスから現場管理サービスまで、コラボレーションと会議の幅広いソリューションが利用可能になる。Chorus Call Asia株式会社は高精細とスケーラブルなビデオコラボレーションを重視したオンデマンド方式の音声、映像、ウェブ会議やイベント管理、最新のミーティングサービスを提供する。

▽日立ハイテクノロジーズについて

日立ハイテクノロジーズは、あらゆるステークホルダーから信頼される企業を目指し、ハイテク・ソリューションによる価値創造を基本とした事業活動を通じ、社会の進歩発展に貢献する。あわせて公正かつ透明で信頼される経営を行い、成長し続けていくとともに、環境との調和を大切にし、情熱と誇りを持ち、社会的責任を全うする企業市民として、豊かな社会の実現に尽力している。詳しい情報は松本(電話+81-3-3504-3258)か、ウェブサイトwww.hitachi-hitec.comまで。

▽Chorus Callについて

Chorus Callはダイアモンド・オブ・テレコンファレンシング(テレビ会議の珠玉)を自称する企業として、上質な国際音声会議やテレビ会議、音声・映像のメディアストリーム、iPresentとData Presenterを含むコラボレーションツールを提供している。詳しい情報はサビナ・コラルピ(電話+1-412-858-1378)か、ウェブサイト www.choruscall.comまで。

ソース:Chorus Call

▽問い合わせ先

Sabina Coraluppi,

Phone: +1-412-373-8110,

E-Mail: scoraluppi@choruscall.com, または

Tadao Kondo,

+1-81-50-3139-4559,

tkondo@choruscall.com

Joint Venture Results in Chorus Call Asia Launch

PR52577

MONROEVILLE, Pa., Apr. 1, 2013 /PRN=KYODO JBN/ --

         -- Chorus Call and Hitachi High-Technologies Establish

                        Regional Services Provider

    A close, year-long collaboration between Hitachi High-Technologies and

Chorus Call has resulted in the launch of a new communications service provider

for the Asia Pacific region.  The new company, Chorus Call Asia Kabushiki

Kaisha, will launch April 1 in Tokyo, Japan, and will provide advanced hosted

conferencing and collaboration solutions for the expanding economic region.  

Chorus Call, the world leader in high quality conferencing services, is

headquartered in Monroeville, PA and has operations and offices located around

the globe to provide local and international customers with advanced and

feature-rich audio and video collaboration tools.

    This new endeavor is the end result of a productive joint partnership

between Chorus Call, the Compunetix Video Systems Division (VSD) and Hitachi

High-Technologies that was focused on developing a strong brand and services

approach to the competitive Japanese communications market.  The effort,

started over 12 months ago, has already converted significant corporate

customers to the service which is built upon the CONTEX Summit(TM) and the

EVERGREEN(R) collaboration media processors. These facilities, together with

the Chorus Call service model and the Hitachi High-Technologies sales reach,

combine to provide a unique offering focused on high quality, high definition

and high reliability.

    "We are excited to make official the launch of our joint venture," states

Mr. Tadao Kondo, President and CEO of the newly formed company. "The EVERGREEN

video and the Summit audio platforms, along with the global Chorus Call

follow-the-sun operations, allow us to offer an exceptional, high-quality

service to our discriminating client base."

    Dr. Giorgio Coraluppi, President and CEO of Chorus Call and Chairman of the

Board of the new joint venture adds, "The strong Hitachi partnership and

support, combined with the technologies of Compunetix and Chorus Call, should

allow for continued aggressive penetration into the conferencing market in that

growing region."

    The new service will offer a wide range of collaboration and conferencing

solutions, from fully hosted services to on-site managed services.  Chorus Call

Asia Kabushiki Kaisha will offer on-demand audio, video and web conferencing,

event management and advanced meeting services with a special emphasis on

high-definition and scalable video collaboration.

    About Hitachi High-Technologies

    Hitachi High-Technologies Corporation aims to be a successful enterprise

trusted by all our stakeholders and contributing to social progress through

business activities that emphasize value creation through high-tech solutions.

We are committed to open, transparent, and reliable business practices. As we

continue to grow, we will value the environment and strive to build a

prosperous community, fulfilling our social responsibility and contributing as

a corporate citizen with passion and pride in our work. For more information,

please contact Matsumoto at +81-3-3504-3258, or visit the website at

www.hitachi-hitec.com.

    About Chorus Call

    Chorus Call, the Diamond of Teleconferencing, provides premium

international audio conferencing, video conferencing, audio and video media

streaming, and collaboration tools including iPresent and Data Presenter. For

more information, contact Sabina Coraluppi at +1-412-858-1378, or visit Chorus

Call at www.choruscall.com.

    SOURCE: Chorus Call

    CONTACT:  Sabina Coraluppi,

    Phone: +1-412-373-8110,

    E-Mail: scoraluppi@choruscall.com, or

    Tadao Kondo,

    +1-81-50-3139-4559,

    tkondo@choruscall.com

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中