◎ブラジルが世界のスパム発信元ワースト10から外れる

CGI.br

2013/4/10 10:20

◎ブラジルが世界のスパム発信元ワースト10から外れる

AsiaNet 52673

共同JBN 0393 (2013.4.10)

【サンパウロ2013年4月10日PRN=共同JBN】Brazilian Internet Steering Committee(CGI.br)はブラジルが導入したインターネット伝送プロトコルの25番ポート管理(Port 25 Management)に関する最初の評価を発表した。

過去10日間にスパムメールを送ったIPアドレスに関するデータを毎日更新しているCBL(Composite Blocking List、http://cbl.abuseat.org/country.html)によれば、成果の一つはブラジルがスパム発信元のトップの座から下りたことだ。

2009年にはリストアップされたすべてのスパムのIPアドレスの17%にあたる100万以上のブラジルIPアドレスがリストアップされ、世界のワーストワンだった。今日ではリストアップされたIPアドレスは11万を下回り世界で18番目となり、リストアップされたすべてのIPアドレスのわずか2%になった。このスパム・ランキングにおけるブラジルの順位を下げることが25番ポート管理の目標だった。

2005年、CGI.brによって始められた25番ポート管理計画はスパマーがブロードバンド・ネットワークを使って直接スパムメールを送りつけることを減らすことを狙いにした一連の取り決めを含んでいる。この計画は2012年12月、最終段階に到達し、インターネット・プロバイダーがネットワーク管理技術を駆使してアウトバウンドのスパムメールをブロックするようになった。

CGI.brの理事会メンバーであり、反スパムプロジェクトの調整役でもあったエンリケ・ファウルハーバー氏によると、その効果は絶大なものがあった。同氏は「われわれは結果を見守っているが、過去6カ月の変化は非常によく、明らかに今回導入措置の最終局面による影響だと思われる。しかしながら、われわれはさらに継続して結果を見守る必要がある。なぜならばブラジルのネットワークは巨大で、ブラジルのブロードバンド・ネットワークに対する措置を今後も講じていかなければないからだ。ブラジルのランクが今後も引き続き下がることを期待している」と述べた。

同じくCGI.brの理事会メンバーでSindiTelebrasilの最高経営責任者(CEO)であるエドアルド・レビ氏によれば、25番ポート管理はネットワーク管理がシステムおよび通信の利用者の両方にもたらす恩恵の一例である。ユーザーにとって、インターネット利用環境がさらに安全なものになる。レビ氏はこの種の措置はネットワークの安全性、安定性を確保するために不可欠であるときはいつでも講じなければならいものである。同氏は「ブラジルから発信されるスパムの量を減らすためにはインターネット・プロバイダーの貢献が決定的に重要だった。今回の結果はインターネット・トラフィック管理の手法を使い、特定のパケット・データをブロックする方策を実施したことによって初めて可能になった」と語った。

ファウルハーバー氏はさらに、25番ポート管理はCGI.brが調整し、Brazilian Network Information Center(NIC.br)が実施した悪意のあるメッセージを減らすためのいくつかの計画の一つにすぎないと述べた。その例として同氏はウェブサイトhttp://antispam.br/による恒久的なキャンペーンやブラジルのコンピューター緊急事態対策チーム(CERT.br)が作ったInternet Security Best Practices Document(http://cartilha.cert.br/)などを挙げている。これら両プロジェクトはインターネット・ユーザーに対するガイドやアドバイスを提供する目的を持っている。ファウルハーバー氏は続けて、その結果として「ブラジルのインターネット・ユーザーはネットワークをさらに安全な形で利用することができるだろう」と述べた。

CGI.brの理事会メンバーでBrazilian Internet Association(Abranet、ブラジルインターネット協会)の最高諮問委員会の専務理事でもあるエドアルド・フミス・パラジョ氏はプロバイダーにとって今回の措置がもたらすメリットとして「ブラジルのネットワークから出るスパムの量が削減されれば、間接的にすべてのプロバイダーが処理するメッセージの量が低減され、そのことが電子メールサービスの運用コスト削減、ネットワーク・インフラの有効利用につながる」と指摘した。傾向としてはこれらの数字はこれも25番ポートを遮断した結果として、引き続き下がることが期待されている。

▽問い合わせ先

Daniela Marques - daniela.marques@s2publicom.com.br, +55 11 3027-0215

Everton Schultz - Everton.Schultz@s2publicom.com.br

ソース:CGI.br

CGI.br: Brazil no longer in the list of top 10 countries that send the most spam in the world

PR52673

SAO PAULO, Apr.10, 2013 /PRN=KYODO JBN/ --

    The Brazilian Internet Steering Committee (CGI.br - Comite Gestor da

Internet no Brasil) is presenting the first assessment of the Port 25

Management adoption in Brazil.

    One of the results is the country's exit from the top of the list of

countries that send spam, according to the CBL (Composite Blocking List -   

http://cbl.abuseat.org/country.html) statistics, which on a daily basis updates

data on IPs that have sent spam in the last 10 days.

    In 2009, Brazil was in first place, with more than one million IPs, which

corresponded to 17% of all IPs listed. Today, it is in 18th place, with less

than 110,000 IPs, accounting for only 2% of the IPs listed. The improvement of

Brazil's position in this ranking has always been one of the objectives of Port

25 Management.

    Launched by CGI.br in 2005, the Port 25 Management program includes a

series of agreements aimed at reducing the use of broadband networks, by

spammers, for direct delivery. The initiative reached its final stage in

December of 2012 with the action by telecommunications providers which through

network management techniques, blocked outgoing spam traffic.

    According to Henrique Faulhaber, board member of CGI.br and coordinator of

Antispam projects, the results are extremely positive.  "We are tracking the

results, and in the last six months the development has been very good, clearly

influenced by the final phase of the measure's adoption," Faulhaber said.

"However, it is necessary to keep tracking the results, because we have a very

big network and the application of the measure to Brazilian broadband networks

must occur on an ongoing basis.  The expectation is that we will continue to

fall in the rankings," he concludes.

    For Eduardo Levy, board member of CGI.br and CEO of SindiTelebrasil, the

management of Port 25 is an example of the benefit that network management can

provide, both for the system as well as for telecommunications users, who will

have a more secure environment for using the Internet. For Levy, actions of

this sort should be undertaken whenever they may prove indispensable to ensure

network security and stability. "The telecommunications providers' contribution

was decisive in reducing the amount of spam coming from Brazil, and these

results were only possible thanks to the implementation of a blocking policy

for certain data packets, through Internet traffic management."

    Faulhaber adds that Port 25 Management is just one of the initiatives

coordinated by CGI.br and implemented by the Brazilian Network Information

Center (NIC.br - Nucleo de Informacao e Coordenacao do Ponto BR) for reducing

malicious messages. As examples, he highlights the permanent campaign conducted

by the site http://antispam.br/ and the Internet Security Best Practices

Document (Cartilha de Seguranca para Internet) http://cartilha.cert.br/,

produced by the Brazilian National Computer Emergency Response Team (CERT.br -

Centro de Estudos, Resposta e Tratamento de Incidentes de Seguranca no

Brasil).  Both projects are intended to guide and advise Internet users.

Accordingly, as Faulhaber observes, "Internet users in Brazil will be able to

use the network in ways that are increasingly secure."

    Eduardo Fumes Parajo, CGI.br board member and executive director of the

superior consulting board of the Brazilian Internet Association (Abranet -

Associacao Brasileira de Internet) notes the benefits the measure brings for

providers: "the reduction of the volume of spam coming out of Brazilian

networks indirectly entails lower volumes of messages being processed by all

providers, which reduces costs related to the operation of e-mail services, and

better use of the network infrastructure."   The trend is that these numbers

should continue to improve, also as a consequence of the closing of Port 25.

    Contacts:

    Daniela Marques - daniela.marques@s2publicom.com.br, +55 11 3027-0215

    Everton Schultz - Everton.Schultz@s2publicom.com.br

    SOURCE: CGI.br

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中