◎ニュージーランドのSMXが三井物産セキュアディレクションと契約

SMX Limited

2013/4/16 11:50

◎ニュージーランドのSMXが三井物産セキュアディレクションと契約

AsiaNet 52709

共同JBN 0415 (2013.4.16)

【オークランド(ニュージーランド)2013年4月16日NZPA=共同JBN】日本第2位で世界大手株式会社の三井グループはこのほど、ニュージーランドのSMXクラウドベース電子メール・セキュリティー・ソリューションのリセラー・ディストリビューターとして契約した。

SMXのティアン・ブラウ副社長は、三井グループの専門的なITセキュリティー部門である三井物産セキュアディレクション(MBSD)がインターネット・サービス・プロバイダーを含む日本の大企業顧客にSMX Cloud Email Security Suiteを供給、再販すると語った。

ティアン・ブラウ副社長は「われわれは三井が日本市場で当社の重要なパートナーになることを期待している。三井物産セキュアディレクションは日本の電子メール・セキュリティー市場のリーダーであり、日本市場に最新のセキュリティー製品とサービスを一貫して提供しているイノベーターである」と語った。

同副社長は「MBSDはSMXのディストリビューターとして、定評がある同社のリセラー・ネットワークにSMXを販売する。MBSDはまた、同社の大企業顧客にSMXを直接販売する。今回の合意によって、SMXは引き続き日本のリセラー・コミュニティーと直接にコンタクトできる」と述べた。

三井物産セキュアディレクションのゼネラルマネジャーであるタナベ・ジュンジ氏は、大手インターネット・サービス・プロバイダーを含む日本の大企業は自社の電子メール・セキュリティーをクラウドへ移行することで費用便益が生じると考えており、SMXを選択したことはMBSDにとって戦略上重要なことであると語った。

タナベ氏は「われわれは厳格な評価プロセスを経て、SMXを当社のクラウド電子メール・セキュリティー・ソリューションとして選択した。SMXは極めて高い電子メール・フィルタリング精度を誇り、日本市場ですでに実績もある。SMXは極めて迅速かつ容易に実装できる。さらにSMXは極めてスケーラブルであり、データセンターにラックを追加するだけで顧客数の制限を受けることもなく顧客に対処できる」と述べた。

タナベ氏は「日本にとって最も重要なことは、SMXは電子メールをオフショアのデータセンターでフィルターする必要がなく、日本で電子メールをフィルターすることである。これは日本企業にとって極めて重要なセキュリティー上の判断材料である」と語った。

SMXの日本担当カントリーマネジャーであるジェームズ・ポーティアス氏は、津波が日本を襲った際、大規模な業務混乱があったにもかかわらず地方のデータセンターは一つもダウンしなかった。この結果、日本でクラウドコンピューティング・モデルへの移行を受け入れる素地が強まったと指摘した。

同氏は、SMXが提供する「国内での」電子メール・フィルタリングが日本市場でSMXが成長する主要な要因になると語った。同氏はまた、ローカル・ホスティングとローカル・サポートはSMXが昨年、日本のインターネット・ホスティング企業ライドとリセラー契約を結んだ際の重要な要素であったと語った。この契約で、7000のライド顧客がたちまち4万ユーザーに急増し、これによって日本市場におけるSMXに大きな弾みがついたと語った。

▽SMXについて

SMXは、クラウド・モデルを通じて提供される電子メール・ホスティングとセキュリティーの技術リーダーである。同社のSMX Cloud Email Security Suiteは、高度なデータロス防止機能を備える完全ホスト型のエンタープライズグレードのビジネス電子メール・サービスに加え、100%電子メール・サーバーを使うことを可能にする99.999%クリーンな電子メールを配信する国内ローカル・ホスティングを提供する。SMXは、ニュージーランド、オーストラリア、インド、日本でマネージド・サイトを保有し、アジア太平洋全域で一流企業200社のリセラーとマーケットパートナーを擁している。主要なローカルおよびインターナショナル市場パートナーには富士通、Revera、CMC India(大手企業Tata Groupの子会社)に加え、日本では三井物産セキュアディレクション、ライド、KVHが含まれている。SMXはニュージーランド・オークランドに本社を置く株式非公開企業で、オーストラリア、日本に販売・サポートのスタッフを置いている。www.smxemail.com

本リリースはSMX Ltdの依頼を受けて Sayle Noble & Associatesが作成した。詳細はTony Nobleまで電話+64 9 307 8450か、電子メールnoble@noble.co.nzで問い合わせを。

ソース:SMX Limited

Mitsui Group Signs as Japanese Distributor of SMX Cloud-Based Email Security Service

PR52709

Auckland, New Zealand, Apr. 16, 2013/ NZPA=KYODO JBN/--

    Mitsui Group - Japan’s second largest company and one of the largest

publicly-traded companies in the world -; has signed as a reseller and

distributor of New Zealand’s SMX cloud-based email security solution.

    SMX’s vice president of global sales, Tiaan Blaauw, says Mitsui’s

specialist IT security division, Mitsui Bussan Secure Directions Inc (MBSD),

will distribute and resell the SMX Cloud Email Security Suite to large

corporate customers including ISPs (Internet Service Providers) across Japan.

    “We anticipate that Mitsui will be a key partner for us in the Japanese

market,” Tiaan Blaauw says. “Mitsui Bussan Secure Directions is the email

security market leader in Japan and has been a consistent innovator in bringing

new security products and services to the Japanese market.

    “Acting as an SMX distributor, MBSD will sell SMX into its well established

reseller network. MBSD will also sell SMX directly to its large corporate

customers. The agreement also allows SMX to continue to contract directly with

the reseller community in Japan.”

    Mr Junji Tanabe, general manager of Mitsui Bussan Secure Directions, says

the selection of SMX is strategic for MBSD as large Japanese companies,

including large Internet Service Providers, consider the cost benefits of

moving their email security to the cloud.

    “We selected SMX as our cloud email security solution after a rigorous

evaluation process,” Mr Tanabe says. “SMX has very high email filtering

accuracy and is already proven in the Japanese market. SMX is very fast and

easy to implement. And SMX is very scalable so we can handle an unlimited

number of customers by simply adding additional racks in the datacenter.

    “Most important for Japan, SMX filters email in Japan rather than requiring

email to be filtered in an offshore datacenter. This is a very important

security consideration for Japanese companies,” Mr Tanabe says.

    SMX’s country manager in Japan, James Porteous, says the effects of the

Tsunami in Japan - when, despite massive business disruption, no local

datacenters went down - has stimulated a shift in Japanese acceptance of the

cloud computing model.

    He says the ‘in country’ email filtering which SMX offers continues to be a

major factor in the growth of SMX in Japan market. Local hosting and local

support, he says, were important factors in SMX’s reseller deal last year with

Japanese internet hosting company Ride, immediately adding 40,000 users at

7,000 Ride customers around Japan and adding significantly to SMX’s momentum in

the Japanese market.

    About SMX

    SMX is a technology leader in email hosting and security delivered via the

cloud model. The company’s SMX Cloud Email Security Suite provides a

fully-hosted, enterprise-grade business email service with highly sophisticated

data loss prevention features, as well as local in-country hosting delivering

99.999 percent clean email, with 100 percent email server availability. SMX has

an expanding blue chip list of 200 resellers and market partners throughout the

Asia Pacific region with managed sites across New Zealand, Australia, India and

Japan. Major local and international market partners include Fujitsu, Revera,

CMC India (a subsidiary of the giant Tata Group), and - in Japan- Mitsui

Bussan Secure Directions, Ride, and KVH. SMX is a privately-owned company based

in Auckland, New Zealand with sales and support staff on the ground in

Australia and Japan. www.smxemail.com

    Released by Sayle Noble & Associates for SMX Ltd.

    For more information contact:

    Tony Noble

    +64-9-307-8450 or

    email: noble@noble.co.nz

    SOURCE: SMX Limited  

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中