◎ティッセン・クルップが常州国家ハイテク産業開発地区に投資

常州国家ハイテク産業開発地区

2013/4/18 11:55

◎ティッセン・クルップが常州国家ハイテク産業開発地区に投資

AsiaNet 52763

共同JBN 0441 (2013.4.18)

【常州(中国江蘇省)2013年4月17日PRN=共同JBN】ドイツの巨大産業、ティッセン・クルップ(ThyssenKrupp)は4月12日、中国江蘇省の常州国家ハイテク産業開発地区(CND)でエンジン製造施設の建設を開始した。投資額は3800万ユーロで、プロジェクトの第1段階では自動車向けの組み立て用カムシャフトを製造する。

ティッセン・クルップの業務は鉄鋼、自動車技術、機械製作、エンジニアリングデザイン、貿易を含んでおり、2012年版のフォーブスグローバル500社の122位にランクされている。昨年9月、1年間の調査と評価に基づいて、CNDを中国南部における生産拠点とすることを決定した。

ThyssenKrupp Valvetrain China Ltd.の投資額は3800万ユーロで、2014年4月に生産を開始する予定だ。設計上の能力に到達すれば、第1段階で年間120万個のカムシャフトモジュールを生産し、売り上げは6億元(約7500万ユーロ)の見込み。同社はカムシャフト組み立てで自社特許を何件か保有している。カムシャフトの生産は従来の高エネルギー消費型の鋳造・鍛造方式の代わりに、エネルギー消費が少ない自社の干渉組み立て技術を使いカムシャフト製品の軽量化、差別化を図っている。

CNDには経済力があり、交通の便がよく、確立されたサポート体制と豊富な人的資源に恵まれて投資環境に優れているため、中国国内や国際企業の投資が拡大している。揚子江デルタの中でも急速な経済成長を遂げている地域の一つであり、投資のリターンが最大で、投資先としての潜在力が大きい。フォーブスのグローバル500社のうち現在30社が進出している。

ソース: Changzhou National Hi-Tech District

ThyssenKrupp Invests in Engine Project at Changzhou National Hi-Tech District in China

PR52763

CHANGZHOU, China, April 17, 2013 /PRN=KYODO JBN/ --

On April 12, German industrial giant ThyssenKrupp started construction of its

engine facility in Changzhou National Hi-Tech District (CND), Changzhou,

Jiangsu, China. The first phase of the project, with an investment of 38

million euros, will produce assembled camshafts for vehicles.

ThyssenKrupp's businesses include iron and steel, automotive technologies,

machine manufacturing, engineering design and trade, and was ranked 122nd among

the Fortune Global 500 companies in 2012. Last September, the group decided to

locate its south China manufacturing base at CND, after a year of investigation

and evaluation.

The first phase of ThyssenKrupp Valvetrain China Ltd. has an investment of 38

million euros and is expected to be put into production in April 2014. Once the

designed capacity is reached, the first phase will produce 1.2 million camshaft

modules a year, generating annual sales of more than 600 million yuan (approx.

75 million Euros). The company owns the patent rights to some of the assembled

camshafts. The assembled camshafts will be produced using the company's

proprietary low energy-consuming interference assembly technology that makes

camshafts lighter in weight as well as differentiated, instead of the

traditional manufacturing method of casting and forging, which are high

consumers of energy.

CND, with its economic strength, accessible traffic links, established support

facilities, abundant human resources and superior investment environment, has

attracted an increasing number of international and Chinese companies as

investors, and has become one of the regions in the Yangtze River Delta with

the fastest economic growth, the highest return of investment and the greatest

investment potential. Now it is home to more than 30 Fortune Global 500

companies.

SOURCE  Changzhou National Hi-Tech District

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中