◎5月22-24日にアスタナ経済フォーラム、世界危機管理会議

ユーラシア科学者協会経済クラブ

2013/5/14 17:10

◎5月22-24日にアスタナ経済フォーラム、世界危機管理会議

AsiaNet 52850

共同0483(2013.5.14)

【アスタナ(カザフスタン)2013年5月14日】第6回アスタナ経済フォーラム(Astana Economic Forum 、http://www.aef.kz/en)は、カザフスタンのアスタナで5月22-24日に開催される。主催者のユーラシア科学者協会経済クラブ(Eurasian Economic Club of Scientists Association)によると、今年もまたフォーラムはノーベル賞受賞者、その他著名な代表団を引きつける行事の伝統を継続している。

マルチメディア・ニュースリリースの閲覧は以下を参照。

 http://www.multivu.com/mnr/60652-UN-anti-crisis-conference-astana-economic-forum

第6回アスタナ経済フォーラムは、イベント自体の内部に国際ニュースの大見出しになってもおかしくないイベントを内包している。国連が認定した世界金融危機に関する会議である。

それが世界危機管理会議(World Anti-Crisis Conference)だ。

国連総会議長であるセルビアのブーク・イェレミッチ外務大臣は、今回の会議で主要な役割を果たす一人である。その目的は現在の世界経済危機に対応するより有効な道を探ることである。もう一人重要な役割を果たす人は呉洪波国連経済社会局事務次長である。経済フォーラム、世界危機管理会議への出席を約束した著名人の中には、10人のノーベル賞受賞者、ヨルダンのハッサン・ビン・タラール皇太子、マケドニアのニコラ・グルエフスキー首相、アルメエニアのチグラン・サルグシャン首相、イタリアのロマノ・プロディ元首相、オランダのウィム・コック元首相、ボアオ・フォーラムのチョウ・ウェンツォン事務局長、ノエリーン・ヘイザー国連アジア太平洋経済社会理事会(ESCAP)事務局長、ブレトンウッズ再生委員会本部長ら。

出席確認済み参加者の数はこの時点で合わせて、35人の現・元閣僚および40人余りの国際組織、団体、企業指導者が含まれる。

この最新のフォーラム・会議は100カ国から8500人という最大数の参加者になる見込みである。

今年のフォーラムが扱うトピックは以下を含む:

 1.2013年の世界経済成長および原材料価格の見通し

 2.インフラストラクチャーおよび革新的技術

 3.国際市場における競争力

 4.経済成長の社会的影響

 5.経済システム:世界的リスクと経済危機を阻止する方法

フォーラムは世界経済を改善し、さらに発展させるため、G20諸国に対する提言リストをまとめる。提言書はG8、G20諸国、IMF、世界銀行、国連、OECDに送付される。

この提言手続きへの参加を希望する人は、G-Globalのウェブサイトを参照(http://www.group-global.org)。

アスタナ経済フォーラムと世界危機管理会議に関する詳しい情報は、登録リンク、会議日程および講演者、最新のフォーラムニュース、メディアパートナー・ガイドラインさらにホテル予約に関する情報を含めて、ウェブサイトhttp://www.astanaforum.orgを参照。2つの行事の参加登録は5月15日締め切りとなる。

さらに詳しい情報および以下の電子メールによるサポートが利用できる。

登録および身分証:

Maral Bakhtiyarova

maral.rahimjanova@gmail.com

media@astanaforum.org

+7-(7172)-701791

メディア・パートナーシップ:

Aliya Berdieva

pr@astanaforum.org

+7-(7172)-241430

特別インタビューおよびTV討論への参加:

Dinara Karshalova

d.karshalova@astanaforum.org

+7-(7172)-579918

ホテル予約:

Aldi Kaparova

a.kaparova@astanaforum.org

+7-(7172)-701806

ソース:Eurasian Economic Club of Scientists Association

UN Welcomes World Anti-Crisis Conference to be Held at Sixth Astana Economic Forum in May

PR52850

ASTANA, Kazakhstan, May. 14, /PRN=KYODO JBN/ --

    Ensuring sustainable economic growth in G-Global format

    The Sixth Astana Economic Forum [http://www.aef.kz/en/] will be held from

May 22-24 in the capital of Kazakhstan, Astana. This year's Forum will continue

the event's tradition of attracting a bevy of Nobel Prize winners and other

renowned delegates, according to its main organizer, the Eurasian Economic Club

of Scientists Association.

    To view the Multimedia News Release, please click:

http://www.multivu.com/mnr/60652-UN-anti-crisis-conference-astana-economic-forum

    The Sixth Astana Economic Forum will boast an event within an event that

has the potential to generate international headlines - a United

Nations-sanctioned conference on the global financial crisis.

    That is the World Anti-Crisis Conference.

    Vuk Jeremic, president of the United Nations General Assembly, will be one

of those playing a key role at the conference, whose aim is to find more

effective ways to address the world's ongoing economic crisis. Another

important player will be Wu Hongbo, the United Nations' Undersecretary General

for Economic and Social Affairs.

    Among the notables who have committed to coming to the Sixth Astana

Economic Forum and the World Anti-Crisis Conference are 10 Nobel Prize winners;

Prince El Hassan Bin Talal of Jordan; Macedonian Prime Minister Nikola

Gruevski; Armenian Prime Minister Tigran Sargsyan; former Italian Prime

Minister Romano Prodi; former Dutch Prime Minister Wim Kok; the secretary

general of the Boao Forum, Zhou Wenzhong; the executive secretary of the United

Nations Economic and Social Commission for Asia and the Pacific, Noeleen  

Heyzer; and the executive director of the Reinventing Bretton Woods Committee.

    Altogether, for this moment the number of confirmed participants includes

35 active and former government ministers and more than 40 leaders of

international organizations, corporations and businesses.

    The latest Forum and the conference are expected to draw the largest number

of participants yet - 8,500 people from 100 countries.

    Topics that this year's Forum will be addressing include:

    1. Perspectives for global economic growth and the price of raw materials  

       in 2013.

    2. Infrastructure and innovative technologies.

    3. Competitiveness in international markets.

    4. Social implications of economic growth.

    5. Financial systems: global risks and ways to prevent economic crises.

    The Forum will wrap up with a list of recommendations to the G-20 countries

for improving and further developing the world economy. A letter with the

recommendations will be sent to the G-8 and G-20 countries, the International

Monetary Fund, the World Bank, the United Nations and the Organization for

Economic Cooperation and Development.

    Anyone who wants to take part in the recommendation process may do so by

submitting ideas at the G-Global website at http://www.group-global.org.

    For more information about the Astana Economic Forum and the World-Anti

Crisis Conference, including registration links, the schedule of sessions and

speakers, the latest Forum news and media-partner guidelines, and information

about hotel reservations, please visit our website, http://www.astanaforum.org.

Please note that registration for the two events closes May 15.

    Feel free to contact us for additional information and support via the

following emails:

    For registration and accreditation:

    Maral Bakhtiyarova

    maral.rahimjanova@gmail.com

    media@astanaforum.org

    +7-(7172)-701791

    For media partnerships:

    Aliya Berdieva

    pr@astanaforum.org

    +7-(7172)-241430

    To take part in exclusive interviews and TV debates:

    Dinara Karshalova

    d.karshalova@astanaforum.org

    +7-(7172)-579918

    For hotel reservations:

    Aldi Kaparova

    a.kaparova@astanaforum.org

    +7-(7172)-701806

    SOURCE: Eurasian Economic Club of Scientists Association

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中