◎アルツハイマー病診断を助ける血液検査法発見へ前進

Aracoln Biotech

2013/6/4 09:40

◎アルツハイマー病診断を助ける血液検査法発見へ前進

AsiaNet 53245

共同JBN 0650 (2013.6.4)

【サラゴサ(スペイン)2013年6月4日PRN=共同JBN】スペインのアルツハイマー病研究者たちはアルツハイマー病の診断を助ける血液検査法の発見に一歩近づいた。

アルツハイマー病患者は世界で3600万人と推定されているが、そのうち約75%は信頼できる診断を受けていないので、これが現在および将来の患者の生活に及ぼす影響は非常に大きいだろう。

アルツハイマー病は高齢者がかかることが最も多い神経変性疾患である。最も一般的な随伴症状は患者が日常の必要を完全に介護者に依存する段階にまで至る進行性の記憶喪失である。体内に自然に存在するベータアミロイド(Abeta)と呼ばれるペプチドのグループがアルツハイマー病の主要な原因だとする理論を支持する多くの研究がある。これまでのところでは科学にとって明らかになっていないプロセスを通じて、これらのペプチドが脳内に蓄積され、これが何年かの期間を経て記憶の不調などこの病気に伴う症状を生じさせる。

スペインの研究会社Araclon Biotechの創立者で最高科学責任者(CSO)であるマヌエル・サラサ教授とそのチームはごく少量の血液中のこれらペプチドを測定するため「ABtest40」「ABtest42」血液検査法を完全なものにしようとしてきた。

同教授は「われわれの血中Abeta検査は、健康な人と軽度認知症(MCI、記憶喪失が認められる最初期段階)の人を比べるとペプチドのレベルと病気の間に高いレベルの相関性を発見することを研究は示した。プラズマ中で遊離、プラズマ構成部分と結合、血液細胞と結合の血液中の3レベルで、最も重要なペプチドのうちの2つであるAbeta40とAbeta42を測定し、これらの割合を確立された診断法と比較することによって、Abetaのレベルと病気の関係を一貫して示すことができた」と語っている。

サラサ教授は「これはわれわれ-このわれわれはアルツハイマー病研究者全体の意味だが-がアルツハイマー病の信頼できる最低侵襲のバイオマーカー入手に大きく近づいたことを意味する。このことの重要性は、研究の患者募集をより早く、はるかに少ない経費でできるという点にある。インターベンション療法を病気の早い段階で試験することができ、有効な療法が発見されればこのタイプの検査は公共保健分野での住民検査に好適なものになるだろう」と述べている。

この研究の結果は7月に「アルツハイマー病ジャーナル36(3)」で発表される。

サラサ教授は255人の患者を対象にしたより大規模な多国研究が行われていることを明らかにしており、Grifols企業グループの一部である同教授の会社(本社サラゴサ)も世界各地の同様の患者グループでこれらの結果を確認することを考慮している。

▽Araclon Biotech SLについて

Grifolsグループの1企業であるAraclon(http://www.araclon.com)は2004年にスペインのサラゴサでマヌエル・サラサ教授が設立した。アルツハイマー病の早期発見、治療に献身している。

▽アルツハイマー病ジャーナル(JAD)について

アルツハイマー病ジャーナル(http://www.j-alz.com)はアルツハイマー病の原因、病原、疫学、遺伝学、言動、治療、心理学についての理解の進展を容易にするための国際的な多科目ジャーナルである。このジャーナルはIOS Press(http://www.iospress.com)から刊行されている。

▽問い合わせ先

Bryony Chinnery

Kaizo PR

Bryony.Chinnery@kaizo.co.uk

+44-(0)203-176-4723

ソース:Araclon Biotech

Alzheimer's Leaves Clues in Blood

PR53245

ZARAGOZA, Spain, June 4, 2013 /PRN=KYODO JBN/ --

     Alzheimer researchers in Spain have taken a step closer to finding a blood

test to help in the diagnosis of Alzheimer's disease.

    With approximately 75% of the estimated 36 million Alzheimer's sufferers

worldwide yet to receive a reliable diagnosis, the potential impact on the

lives of possible sufferers, present and future, could be huge.

    Alzheimer's disease is a neurodegenerative disease most frequently

affecting the elderly. The most commonly associated symptom is a progressive

loss of memory to the stage in which the patient is completely dependent on

caregivers for their daily needs. There is a large amount of research

supporting the theory that a group of peptides called beta amyloid (Abeta),

which are found naturally in the body, are major contributors to Alzheimer's

disease. Through a process, so far unclear to science, there is a build up of

these peptides in the brain that over a period of years cause memory complaints

and other symptoms associated with the disease.

    Professor Manuel Sarasa, CSO and founder of Spanish research company

Araclon Biotech, and his team have been perfecting blood tests "ABtest40" and

"ABtest42" to measure the very small amounts of these peptides in the blood.

    "The study has shown that our tests for Abeta in blood find a high level of

association between the peptide levels and the disease when comparing healthy

people and people with mild cognitive impairment," ((MCI) the earliest

noticeable stages of memory loss.)

    "By measuring three different levels in blood, free in plasma, bound to

plasma components and bound to blood cells, for two of the most significant

peptides, Abeta40 and Abeta42, then comparing the ratios of those levels to

established diagnoses methods, we have been able to consistently show a

relationship between Abeta levels and the disease," he says.

    "This means that we, and by `we' I mean Alzheimer's' researchers in

general, are that much closer to having a reliable, minimally invasive

biomarker for Alzheimer's disease," Professor Sarasa says. "The importance of

this is that studies could recruit earlier and at much less expense.

Interventional therapies can be tested in earlier stages of the disease and

once an effective therapy is found, this type of test will be well suited to

population screening in the public health sector."

    The results of this work are being published in the Journal of Alzheimer's

Disease 36(3) in July.

    Professor Sarasa said there is already a larger multinational study

underway with 255 patients and his Zaragoza-based firm, a part of the Grifols

group of companies, is also looking to confirm these results with other similar

groups of patients around the world.

    ABOUT ARACLON BIOTECH SL Araclon, a Grifols company,

(http://www.araclon.com ) was founded in 2004 by Prof. Manuel Sarasa in

Zaragoza, Spain. A company dedicated to both the early detection and treatment

of Alzheimer's disease.

    ABOUT THE JOURNAL OF ALZHEIMER'S DISEASE (JAD)

    The Journal of Alzheimer's Disease (http://www.j-alz.com) is an

international multidisciplinary journal to facilitate progress in understanding

the etiology, pathogenesis, epidemiology, genetics, behavior, treatment and

psychology of Alzheimer's disease. The Journal is published by IOS Press

(http://www.iospress.com).

    CONTACT: Bryony Chinnery

             Kaizo PR

             Bryony.Chinnery@kaizo.co.uk

             +44-(0)203-176-4723

    SOURCE: Aracoln Biotech  

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中