◎EyeEmが国際市場開拓のため新たに600万ドル調達

EyeEm

2013/7/17 11:55

◎EyeEmが国際市場開拓のため新たに600万ドル調達

AsiaNet 53730

共同JBN 0844 (2013.7.17)

【ベルリン、サンフランシスコ2013年7月17日PRN=共同JBN】

*EyeEmは、一般フォトグラファーのための世界初のモバイルフォトグラフィー・コミュニティーとマーケットプレースであり、月にユーザー数100万増の成長を遂げている。

*ルフトハンザ、レッドブル、Vice MagazineなどのブランドはEyeEm Marketplaceとの共同による市場キャンペーンを実施しており、高度のコンセプトで新しいイメージの伝達を図っている。

▽世界中でインスパイアするEyeEm

世界初のハイクオリティー・モバイルフォトグラフィーを対象とするコミュニティーとマーケットプレースのEyeEmは、今回Earlybird Venture Capitalとこれまでの投資者Wellington Partners and Passion Capitalから新たに600万米ドルを調達し、スマートフォン・ジェネレーションを対象とするモバイルフォト国際市場の開拓に新たな力を投入することになった。EyeEmは、直接自分の携帯機器で撮ったイメージを独創的、感動的な環境でクオリティーアップして共有して、さらに新しい発見を望むモバイルフォトグラファーのためのコミュニケーションの場である。EyeEmスマートフォン・アプリケーションは無料で、20カ国言語で交流が可能であり、iOSとAndroidに対応している。

▽EyeEm コミュニティー

EyeEmコミュニティーは月に100万の新しいユーザーを獲得しており,ハイクオリティー・フォトグラフィーを楽しみたいすべてのフォトグラファー(趣味の写真家,アマチュア,プロ,そして写真家とは自任していない人たちも含む)を対象としている。EyeEmのハイクオリティーで感動的なフォトグラフィーは、知的にサーチできるコンスタントなストリームであり、人々のコミュニティー意識を深める。同時にコミュニティー以外の人々も引き付け,楽しみを分かち合うことができる。EyeEm コミュニティーの何百万もの人々がフォトグラフィー「ミッション」またはフォトグラフィー・コンテストに参加している。EyeEmモバイルフォトグラファーはもちろん自身のイメージ(イメージ権の独占所有者であることに変わりはない)の所有者であり,ブランド、マーケッターまたはエージェンシーは直接フォトグラファーからイメージを買う事ができる。

EyeEmのフロリアン・マイスナー最高経営責任者(CEO、http://eyeem.com/flo)は「コミュニティーからは絶えずインスパイアされている。われわれのチームはフォトグラフィー・ルーツ出身のメンバーから成り、モバイルイメージのためのベストコミュニティーを構築していくために日々尽力している。今後ともフォトグラファー新ジェネレーションが次のステップへまい進しようとする情熱に力を貸していきたい」と語っている。

▽EyeEm Smart

オンライン・フォト市場は低クオリティーのスナップショットに満ちており,そのような写真はソーシャルネットワーク上で泡のように消え去り,忘却のかなたに沈んでいく。EyeEmのスマートタッギングとデータエンリッチメント・テクノロジーは、非常に簡単なサーチインターフェースで、フォトグラファーとクライアントが迅速に適切な項目に達することを可能にしている。EyeEmはそれぞれのコミュニティーメンバーをつなぎ、熱心な写真家、素人を問わず何百万人もの他のメンバーからの発掘、フォローを手助けし、または同志を探し出し、そのうえイメージ購入を望むブランドとの仲介もする。

▽EyeEm Marketplace

EyeEm marketplaceは、膨大なモバイルストックから希望の場所、人々、環境を写した写真を発掘したいというブランド、エージェンシー、小企業のためのものである。市場進出以来ルフトハンザ、レッドブル、Vice Magazineなどのブランドが、ここを通じて(ソーシャル)マーケティングキャンペーンのための新しいイメージを獲得している。こうしてコミュニティーが創作したイメージは、EyeEmのプラットフォームを通してブランドに販売され,フォトグラファーに取り分が支払われる。既に何社かのブランド/マーケッターはEyeEmコミュニティーによる写真作品を購入しているが,公的なmarketplace市場進出は今年末になってからである。

Earlybird Venture Capitalのパートナーであるジェイソン・ウオーターマイヤー氏は「EyeEm はナンバーワンのモバイルフォトグラファー・コミュニティーである。写真共有アプリで撮った写真の現状を見てみると,そのほとんどはありふれた日常の出来事であふれている。ところがEyeEm のイメージは全く美しくて見飽きない。そこにはフォトグラフィー・コミュニティーの写真撮影への情熱が見て取れる。さらに50億ドルのストック・フォトグラフィーと120億ドルのコミッション・フォトグラフィーの市場を拡大するチャンス、そして上質で本物のイメージとフォトグラファーをブランドに提供するチャンスをそこに見る」と述べている。

EyeEmへの投資会社はEarlybird Venture Capital、Christophe Maire of Atlantic Ventures (TechCrunch readers’ Best Angel investor of the year)、Daniel Waterhouse of Wellington Partners、Stefan Glaenzer of Passion Capitalである。

▽EyeEmについて

EyeEmは、世界初のハイクオリティー・モバイルフォトグラフィー・コミュニティーであり、マーケットプレースである。EyeEmは、モバイルフォトグラフィーのクオリティーとコミュニティーに対する強い信念から、写真愛好家のフロリアン・マイスナー、ロレンツ・アショフ、ラムジー・リスク、ジェン・サダケーンによって,2011年8月に創設された。EyeEmスマートフォン・アプリケーションは無料、20カ国言語、iOSとAndroidに対応する。その他の情報についてはwww.eyeem.com参照。

▽問い合わせ先

Nicole DeMeo

press@EyeEm.com

+1-415-533-2599

+49-174-806-1203

ソース:EyeEm

EyeEm High Quality Mobile Photography Community and Marketplace Raises $6M

PR53730

BERLIN and SAN FRANCISCO, July 17, 2013 /PRN=KYODO JBN/ --

    - EyeEm grows at 1M a month and is the world's first mobile photography  

        community and marketplace for the photographer inside all of us

  - Brands such as Lufthansa, Redbull and Vice Magazine are working with the

    EyeEm Marketplace to set up highly curated missions to crowd source new

                       images for marketing campaigns

EyeEm inspired. EyeEm, the world's first community and marketplace for high

quality mobile photography, raises $6M USD from Earlybird Venture Capital and

existing investors Wellington Partners and Passion Capital to extend global

reach and build a mobile photography marketplace for the smartphone generation.

EyeEm is for mobile photographers who want to capture, enhance, share and

discover images in a highly creative and inspired environment - right from

their mobile device. The EyeEm smartphone application is free, available in 20

languages and available on iOS and Android.

EyeEm Community The EyeEm community, growing at 1M new users per month, is for

the photographer inside of all of us (as hobbyists, amateurs, professionals or

even no-togs - those who have never considered themselves photographers) who

want to capture and enjoy high quality photography. EyeEm's intelligently

searchable, constant stream of high quality, inspired photographs allows for

deep community engagement and connection while at the same time offering an

inspiring channel for observers to lean back and enjoy the output of this

highly skilled collective. Millions in the EyeEm community are also engaged in

photography 'Missions' or gamified photography contests. EyeEm mobile

photographers naturally own their images (will remain the sole owner of image

rights) and brands, marketers or agencies may purchase them directly from the

photographers.

"The community continually inspires me. Our entire team comes from photography

roots and we are striving to build the best community for mobile imagery and

enable a new generation of photographers to take their passion to the next

level", says Florian Meissner, EyeEm CEO or @Flo (http://www.eyeem.com/flo)

EyeEm Smart. The online photo market is full of low quality snapshots getting

lost on social networks and sinking into a digital oblivion. EyeEm's smart

tagging and data enrichment technology helps photographers and clients quickly

surface relevant content through a very intuitive search interface. By

automatically indexing photos, EyeEm can match and connect community members,

help enthusiastic photographers and no-togs alike get discovered and followed

by millions as well as connect with like minded people and eventually brands

who may want to purchase their photos.

EyeEm Marketplace. The EyeEm marketplace is for those brands, agencies and

small businesses who want to find easily searchable and crowd-sourced mobile

stock images of places, people and environments. Since its launch, selected

brands such as Lufthansa, Redbull and Vice Magazine have set up highly curated

missions to crowd source new images for their (social) marketing campaigns. The

community created images were successfully sold through the EyeEm platform with

a revenue share for the photographers. While some brands/marketers have already

purchased photos captured by the EyeEm community, the full marketplace offering

will be launched later this year.

"EyeEm is the number one mobile photographer's community. Look at what is being

captured on photo sharing apps - it's often cluttered with mundane life events.

However if you see the imagery on EyeEm you cannot help but become totally

captivated. We see the passion in the fanatical photography community and the

opportunity to expand the $5B stock photography and $12B commissioned

photography market and provide brands with high quality and authentic images

and photographers with much greater exposure," says Jason Whitmire, Partner at

Earlybird Venture Capital.

Investors in EyeEm include Earlybird Venture Capital, Christophe Maire

(TechCrunch readers' Best Angel investor of the year), Daniel Waterhouse of

Wellington Partners and Stefan Glaenzer of Passion Capital.

About EyeEm. EyeEm is the world's first high quality mobile photography

community and marketplace. EyeEm was founded in August 2011 by

photo-enthusiasts Florian Meissner, Lorenz Aschoff, Ramzi Rizk and Gen Sadakane

with a strong belief in the quality and community of mobile photography. The

EyeEm smartphone application is free, available in 20 languages and available

on iOS and Android. For additional information visit us at www.eyeem.com

For media inquiries contact: Nicole DeMeo press@EyeEm.com

+1-415-533-2599 + +49-1577-159-5225

SOURCE:  EyeEm  

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中