◎パナマ運河拡張向け水門ゲートが到着

パナマ運河庁

2013/8/21 13:35

◎パナマ運河拡張向け水門ゲートが到着

AsiaNet 54002

共同JBN 0948 (2013.8.21)

【パナマシティー2013年8月21日PRN=共同JBN】

 *パナマ運河拡張による新しい水門はそれぞれ平均3100トン

 *パナマ運河拡張プログラムは62%完了

 *ビデオ:http://youtu.be/5M0XeoE4XuA

パナマ運河拡張プログラム(http://youtu.be/1TRdk-LWq2g)の大きな一里塚となる新しい水門向けの初の4基のゲートが21日、自走半潜水船STX Sun Riseに積載されてイタリアのトリエステからパナマ運河大西洋側に到着した。

  (Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20130820/MX67196LOGO

パナマ運河庁のホルヘ・L・キヤノ長官は「パナマ運河にとってこれは素晴らしい瞬間である。新しいゲートの到着は、この土木プロジェクトの大きな前進となる。われわれは拡張計画によって、米州の海運およびロジスティクスハブとしてのわれわれの立場はさらに強固となる」と語った。

この初のゲート4基はイタリアの下請け企業Cimolai SpAが建造したもので、長さ57.6メート、縦横幅10メートル、30.19メートル、平均重量3100トンである。これらゲートはパナマ運河の大西洋側に建造される新しい水門のミドルチェンバー部に設置される。

この鋼鉄製ゲートは、半潜水船への積載および荷卸しに使用される同様の自走式電動ホイール・トランスポーター(SPMT)を使って、最終設置点に運ばれる。

拡張パナマ運河の新しい水門は、総計16のローリング・ゲート(それぞれ新しい水門コンプレックス向け8基)を持っている。ゲートはイタリアから1回に4基輸送される。これらは設置準備が完了するまで一時的な保管ドックに荷卸しされる。マイター・ゲートを使っている現在の運河と違って、拡張運河は鋼鉄製のローリング・ゲートに変わる。

パナマ運河拡張プロジェクトは既に62%完了している。拡張計画はポスト・パナマックス(Post-Panamax)船舶の通行ができる第3のレーンの建設が含まれ、この結果パナマ運河のキャパシティーは倍増し、世界の海運貿易に重要な影響を与える。

▽パナマ運河庁(ACP)について

パナマ運河庁(ACP)はパナマ政府の独立機関であり、パナマ運河の管理、運営、保守に責任を負う。ACPの業務は理事会によって承認された基本法と規制に基づいている。詳しい情報はACPのウェブサイトhttp://www.pancanal.comを参照。またTwitter @thepanamacanalでフォローすることもできる。

▽メディアの問い合わせ先

Monica Martinez

International Communications

Panama Canal Authority

+507-272-7602

monicamartinez@pancanal.com

ソース:Panama Canal Authority

Massive New Gates for Expanded Panama Canal Arrive in Panama

PR54002

PANAMA CITY, Aug. 21, 2013 /PRN=KYODO JBN/ --

      - The new gates weigh an average of 3,100 tons each

      - Expansion Program 62 percent complete

      - VIDEO: http://youtu.be/5M0XeoE4XuA

In a major milestone for the Panama Canal Expansion Program

(http://youtu.be/1TRdk-LWq2g ), the first four gates for the new locks arrived

from port of Trieste, Italy to the waterway's Atlantic side on board the

semi-submersible vessel STX Sun Rise this morning.

(Logo:  http://photos.prnewswire.com/prnh/20130820/MX67196LOGO )

"This is an exciting moment for the Panama Canal - the arrival of the new gates

marks a great progress for this engineering project," Panama Canal

Administrator Jorge L. Quijano said. "With the Expansion, we will further

reinforce our position as the maritime and logistics hub of the Americas."

Built by subcontractor Cimolai SpA, the first four gates are 57.6 m long, 10 m

wide and 30.19 m high, and weigh an average of 3,100 tons. They will be

installed in the middle chamber of the new locks in the Atlantic side.

The steel gates will be transported to their final position using the same

self-propelled motorized wheel transporters (SPMTs) that are used to load and

unload from the ship.

The new locks of the expanded Panama Canal have a total of 16 rolling gates

(eight for each new lock complex). The gates are being shipped four at a time

from Italy. They will be unloaded onto a temporary dock until ready for

installation. Unlike the current Canal, which uses miter gates, the expanded

Canal will have steel rolling gates.

The Panama Canal Expansion is 62 percent complete. It involves the construction

of a third lane of traffic allowing the passage of Post-Panamax vessels, which

will double the Canal's capacity and have an important impact in world maritime

trade.

About the Panama Canal Authority (ACP)

The ACP is the autonomous agency of the Government of Panama in charge of

managing, operating and maintaining the Panama Canal. The operation of the ACP

is based on its organic law and the regulations approved by its Board of

Directors. Please refer to the ACP's website: http://www.pancanal.com/ or

follow us on Twitter @thepanamacanal.

Media Contact:

Monica Martinez

International Communications

Panama Canal Authority

+507-272-7602

monicamartinez@pancanal.com

SOURCE:  Panama Canal Authority

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中