広告業界の今と未来を伝えるニュースサイト「ウェブ電通報」を本日オープン

電通

2013/10/21 11:15

電通は、広告業界のニュースサイト「ウェブ電通報」を本日、オープンしました。広告の最新動向やトピックスを、これまで以上にタイムリーかつ豊富に発信していきます。既刊(月2回)のタブロイド判電通報は本日付発行分より月刊として、デザインと内容を刷新し、より充実した紙面でお届けします。

2013年10月21日

株式会社電通

広告業界の今と未来を伝えるニュースサイト「ウェブ電通報」を本日オープン

株式会社電通(本社:東京都港区、社長:石井 直)は、広告業界のニュースサイト「ウェブ電通報」(http://www.dentsu-ho.com/、電通ウェブサイトのトップ画面からもアクセス可、閲覧無料)を本日、オープンしました。広告の最新動向やトピックスを、これまで以上にタイムリーかつ豊富に発信していきます。

既刊(月2回)のタブロイド判電通報は本日付発行分より月刊(毎月第3月曜日発行、当社取引先に配布、非売品)として、デザインと内容を刷新し、より充実した紙面でお届けします。

電通報は、1946年2月の創刊以来67年の歴史を持ち、広告業界全般のさまざまな動向をお伝えしてきましたが、このたび、日々変化を続ける業界動向をこれまで以上に積極的かつリアルタイムに発信し、また、ネット環境でも閲読いただけるようにするため、ウェブ電通報(PC、タブレット端末、モバイル端末で閲覧可能)をオープンしました。

また、同時に電通報Facebookページも公開します。

ウェブ電通報では、広告業界の最新動向やトピックスに加え、コミュニケーション領域に関連する電通グループの先進の知見やサービス、ソリューションなどについても併せて紹介していきます。一方、月刊電通報は、ウェブ電通報のダイジェスト情報に加え、タブロイド判ならではのオリジナルコンテンツを企画・併載することで、質の高い紙面づくりを目指します。

両メディア共、広告業界のますますの発展に寄与すべく、広くビジネスの「学びと発見」につながる情報を提供してまいります。

【ウェブ電通報の概要】

[コンテンツ概要]:国内外の広告業界ニュースの紹介、コミュニケーション領域についてさま

ざまなキーパーソンが知見を語る「学びと発見」につながるコラムなど

[搭載機能]:

①閲読者が指定したキーワードで記事がリスト化されるフィルタリング機能

②コラム執筆者や対談、インタビュー記事に登場した人物のプロフィルを閲覧できるピープル・リスト機能

③関連記事のリンク機能

[閲覧可能端末]:PC、タブレット端末、モバイル端末

[閲覧料金]:無料

[アクセス]:URL  http://www.dentsu-ho.com/

(電通ウェブサイトのトップ画面バナーや電通報Facebookページからもアクセスすることができます)

【月刊電通報の概要】

[コンテンツ概要]:ウェブ電通報のダイジェスト情報に加え、オリジナルコンテンツも併載

[仕様]:タブロイド判8ページ(オールカラー)

[発行]:毎月第3月曜日発行

[配布先]:当社取引先に配布(非売品)

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中