◎エアチャイナが12月1日からシェムリアップへの直行便をスタート

中国国際航空(エアチャイナ)

2013/10/31 16:32

◎エアチャイナが12月1日からシェムリアップへの直行便をスタート

AsiaNet 54855

共同JBN 1319 (2013.10.31)

【北京2013年10月31日PRN=共同JBN】中国国際航空(エアチャイナ)は12月1日から、北京-シェムリアップ間の直行便をスタートする。素晴らしいアンコールワットを探求するなら、エアチャイナに乗ってカンボジアを訪問しよう。

(Logo: http://www.prnasia.com/sa/2008/12/26/200812261146.jpg

シェムリアップはカンボジアのシェムリアップ州都で、首都プノンペンに近い。世界7大不思議のひとつとして知られるアンコールワット見学に最も人が訪れる所だ。騒々しいプノンペンと違いシェムリアップは、他の世界から隔絶されたと印象を与える静かな町である。シェムリアップはクメール文化にあふれ、宮殿、寺院、庭園、城などの古代遺跡が無数に立ち並ぶ。

エアチャイナの北京-シェムリアップ便は、プノンペンやバンコクで飛行機を乗り換える必要がなく、これまでよりシェムリアップに行くのが簡単になる。エアチャイナ直行便CA825/6は2013年12月1日から月末まで、週2便(水曜日、日曜日)で、2014年から週4便(月曜日、水曜日、金曜日、日曜日)に増便される予定。

エアチャイナは近く東南アジア行きのスケジュールを拡大するため、北京-チェンマイ、武漢-チェンマイ間の直行便をスタートし、北京-バンコクと北京-プーケット路線の便数を増やす予定。

ソース:Air China

Air China to Commence Beijing - Siem Reap Service

PR54855

BEIJING, Oct. 31, 2013 /PRN=KYODO JBN/ --

Air China will start Beijing - Siem Reap nonstop service on December 1. Looking

to explore splendid Angkor Wat? Fly to Cambodia on Air China.

(Logo: http://www.prnasia.com/sa/2008/12/26/200812261146.jpg )

Siem Reap is the capital of Siem Reap Province and is close to the nation's

capital Phnom Penh. It's most visited for Angkor Wat, which is widely acclaimed

as one of the world's seven wonders. Unlike bustling Phnom Penh, Siem Reap is a

quiet town that strikes one as being secluded from the rest of the world. Siem

Reap is a showcase of Khmer culture and boasts myriad ancient sites like

palaces, temples, gardens and castles.

Air China's Beijing - Siem Reap service makes travel to Siem Reap much easier

than before, as travelers are spared the trouble of having to make a transfer

in Phnom Penh or Bangkok. The flights, CA825/6, will be operated twice a week

(Wednesday, Sunday) from December 1 to December 31, 2013, and will increase to

four times a week (Monday, Wednesday, Friday, Sunday) starting 2014.

To expand its Southeast Asia schedule, Air China will soon start new services

Beijing - Chiang Mai and Wuhan - Chiang Mai, and increase frequencies on its

Beijing - Bangkok and Beijing - Phuket routes.

SOURCE  Air China

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中