◎アジアに進出   iPoint、中国と日本に新たな子会社を設立

iPointシステム

2013/11/7 10:38

AsiaNet 54910

【編註】クライアントからの要請により、提供された原稿をそのまま配信します。

    共同通信JBNでは一切編集を行っておりません。

アジアに進出

iPoint、中国と日本に新たな子会社を設立

2013年11月5日、ロイトリンゲン―ソフトウェア事業とコンサルティングサービスを手がけるiPointシステムは、アジア市場における事業基盤を拡大するため、このほど上海と東京に子会社を設立しました。今春、米国ミシガン州に新たな子会社を設立したばかりのiPointは、今後もグローバルな成長路線を進めてまいります。

iPointソフトウェア・アンド・インフォメーション・テクノロジー(上海)有限公司は、中国市場におけるこれまでのiPointの活動を踏まえて設立されました。iPointは、中国の自動車業界を管轄する行政組織「中国自動車技術研究センター(CATARC)」と良好な関係を維持しています。今年半ばには協力協定を締結し、年内にCATARC代表団がロイトリンゲンにあるiPoint本社を訪問する予定です。上海子会社は、現地でのサービス、コンサルティング、お客様向けのトレーニングに力を入れており、最初に提供するサービスには、iPoint紛争鉱物プラットフォーム(iPCMP)に関する高いレベルのサポートなどが含まれます。

一方、日本に新たに設立されたアイポイント・ジャパン株式会社は、ファーストレベルのサポートに加え、このテーマに関するトレーニング・コースなどのサービスを提供いたします。日本子会社設立のもう一つの主要な目的は、iPoint製品の販売拡大です。iPointソリューションの現地マーケティングのため、定評のある日本の販売会社との提携を進めています。さらに、電子・自動車業界の各団体との接触も図っています。

CEO(最高経営責任者)のヨルク・ヴァルデンは、「アジア経済、特に電子・自動車業界は、大きな成長可能性を秘めています。アジアは、サステナビリティの面で欧米市場を凌ぐだろうと報じられています。当社のソリューションとサービスを現地で提供することにより、製品のコンプライアンスとサステナビリティ面でアジアのお客様に理想的なサポートを提供することができると考えています」と、会社の拡大方針に自信を深めています。

iPointシステムについて

iPointは、製品の環境コンプライアンスとサステナビリティに役立つソフトウェアとコンサルティングサービスを提供する世界有数の企業です。iPointのソリューションは、バリューチェーン全体―すなわち、製品の生産と使用に関する製品コンセプトから、リサイクルと再利用にいたるまで―にわたる自動化されたセキュアな関連データ交換を確実にします。iPointは、適応性の高い総合的なソフトウェア・ソリューションを提供しており、お客様がコンプライアンスとサステナビリティの管理において求める可視性とコントロールを実現します。詳しくは、www.ipoint-systems.comをご覧下さい。

お問い合わせ先:

iPoint-systems gmbh

Katie Bohme

Ludwig-Erhard-Str. 52-56

D-72760 Reutlingen

Phone: +49 (0) 7121 144 89-60

katie.boehme(at)ipoint-systems(dot)de

Asia on the Agenda

PR54910

REUTLINGEN, Germany, Nov. 6, 2013 / PRN=KYODO JBN/ --

     iPoint establishes new subsidiaries in China and Japan

    The software and consulting company iPoint-systems is increasing its

presence in the Asian market by establishing subsidiaries in Shanghai and

Tokyo. With this, the IT specialist is continuing its global growth course - it

was only in spring that iPoint opened a new subsidiary in Michigan, USA.

    The establishment of "iPoint Software and Information Technology (Shanghai)

Ltd." is in line with iPoint's activities in the Chinese market. The company

maintains good relations with the research institute China Automotive

Technology & Research Center (CATARC), the administrative organization of the

Chinese automotive industry. The two partners signed a cooperative agreement in

the middle of this year; a visit of a CATARC delegation to the iPoint

headquarters in Reutlingen is scheduled for this year. The Shanghai subsidiary

focuses on service, consulting and training for customers on site. The first

services offered by the Chinese subsidiary include first-level support for the

iPoint Conflict Minerals Platform.

    First-level support as well as training courses on this subject are also

part of the service portfolio of "iPoint Japan Co Ltd". Another main focus of

the new subsidiary will be the distribution of further iPoint products.

Moreover, iPoint is collaborating with an experienced and renowned Japanese

distribution partner, who will be marketing the iPoint solutions on site.

Furthermore, iPoint has already been in touch with associations of the

electronics and automotive industry.

    Jorg Walden, CEO of iPoint-systems, is convinced of his company's expansion

policy: "The Asian economy, in particular the electronics and automotive

industry, is characterized by enormous growth potential. Regarding

sustainability, Asia is reported to be in the process of getting ahead of the

European and American markets. By providing our solutions and services on site,

we can ideally support our Asian customers in terms of product compliance and

sustainability."

    About iPoint-systems:

    iPoint is the world's leading software and consulting partner for

environmental product compliance and sustainability. iPoint's solutions ensure

automatized and secure exchange of relevant information across the whole value

chain - from product concept over the production and use, to recycling and

reuse. iPoint delivers adaptive and comprehensive software solutions that give

the visibility and control customers seek in managing compliance and

sustainability. For more information, visit http://www.ipoint-systems.com

    Contact and further information: iPoint-systems gmbh,

    Katie Bohme     

    Ludwig-Erhard-Str. 52-56, D-72760

    Reutlingen, Phone:

    +49-(0)7121-144-89-60,

    katie.boehme(at)ipoint-systems(dot)de

    SOURCE: iPoint-systems gmbh

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中