◎紫禁城で伝説的なポルシェ911の50周年記念を祝う

ポルシェ

2013/11/8 15:50

◎紫禁城で伝説的なポルシェ911の50周年記念を祝う

AsiaNet 54938

共同JBN 1358 (2013.11.8)

【北京、上海2013年11月7日PRN=共同JBN】

*ポルシェは紫禁城の城内で、孫楠が参加して伝説のスポーツカー911の誕生日を祝った

一見したところ、それは3桁の数字で、ロゴにしかすぎない。それにもかかわらず、3桁数字「911」は、時の試練を経た伝説的なスポーツカー・コンセプトを代表している。50年間、ポルシェ911は世界のスポーツカーの象徴的な存在であり、その高く評価された歴史が北京の紫禁城で、それも世界的に有名な太廟の城壁の中で行われた華やかなイベントで祝福された。

50歳の誕生日を迎えたポルシェ・ブランドの中核モデルを祝福するため、ポルシェ・ワールドから特別ゲストが出席した。イベントを主催したのはポルシェ・チャイナのディーシュ・パプケ最高経営責任者(CEO)。同氏は「911のことを初めて聞いたとき、そしてそれを初めて運転したときのことを今でも思い出すことができる。単に高性能な車を運転したということよりももっと深く刻み込まれた記憶として残っている。なぜなら911を運転すれば、モータリング伝説の一端をドライブしているようなものであり、歴史にひとこまだけでなく、未来を象徴するひとこまに関われるからである」と語った。

この歴史的なスポーツカーの詳細を説明するために、ポルシェミュージアムのアヒム・ステヤスカル氏が出席した。最も有名な911モデルがこのアイコニックな場所に所蔵されている。同氏は「82万台以上の911が1963年以来、ツッフェンハウゼンの工場で製造された。自動車愛好家からこんなに好評を博したスポーツカーは世界のどこにもない」と指摘し、このとてつもないスポーツカーが歴史に与えた影響がなによりも明白になった。太廟に到着したゲストを迎えたのは、この機会のために特別発表された新しい最高級ポルシェ911モデル、ポルシェ911 50thアニバーサリーエディション(Porsche 911 50th Anniversary Edition)だった。この最新スペシャルエディションは歴代のすべてのモデルと同様に、リアに有名な6シリンダー・ボクサーエンジンを配置、7速ポルシェ・ドッペルクップルング(PDK)トランスミッションと294kW(400bhp)を生み出す3.8リッター・エンジンを搭載して、0-100km/h加速はわずか4.3秒、最高速度は298km/hを誇る。しかし、背筋が凍りつくような性能は、911の伝統への敬意を表す特徴の中でほんの一端にしかすぎない。

ポルシェ911 50thアニバーサリーエディションのエクステリアは、911カレラSよりもリアのボディー幅を44ミリも大きくし、高速運転時と高速コーナリング時のロードホールディングを一段と向上させている。インテリアに目を移すと、高品質の素材は911の伝統だが、この最新スペシャルエディションもその例外ではない。クラシック調に仕上げられたインテリアは、レザーとアルミニウムが溶け合い、ポルシェだけが成しうるスタイリッシュな効果を醸し出している。シートも注目を浴びるのは必定である。初代911モデルのアイコニックな素材とパターンを使用、「ペピータ」と呼ばれ、紛れもなくポルシェを象徴する細やかなダイヤモンドパターンの2色織り布地の仕上げになっている。911の誕生日を祝して、911 50thアニバーサリーエディションの生産台数は1963台に厳しく限定されている。この種のモデルは二度と手に入ることはできない。

夜が更けるにつれて閉幕に近づき、中国の有名なパフォーマー孫楠がゲストのために印象的なパフォーマンスを行い、最後にポルシェ911のために「ハッピーバースデー」を歌った。代わって、ディーシュ・パプケ氏と5人のポルシェ・センター・ゼネラルマネジャーが登場、その日を記念してバースデーケーキをカットした。

ソース:Porsche

Beijing Welcomes the 50th Anniversary of the Legendary Porsche 911

PR54938

BEIJING and SHANGHAI, Nov. 7, 2013 /PRN=KYODO JBN/ --

-- Porsche is joined by Sun Nan to celebrate the birthday of a legend in the

illustrious grounds of the Forbidden City

At first glance, they are three digits - nothing more than a logo. And yet, the

three digits of "911" represent a legendary sports car concept that has stood

the test of time. For 50 years, the Porsche 911 has been the world's iconic

sports car and this esteemed history was celebrated in style with a prestigious

gala event at the Forbidden City in Beijing, within the walls of the

world-famous Taimiao.

To celebrate the centerpiece of the Porsche brand on its 50th Birthday, special

guests from across the Porsche world were in attendance. Hosting the evening

was the Chief Executive Officer of Porsche China, Mr. Deesch Papke. "I can

still remember the first time I heard a 911, and the first time I drove one,"

he said. "These are memories that run deeper than simply driving a performance

car - because when you drive a 911, you are driving a piece of motoring

folklore: you are seated in a piece of history, as well as a symbol of the

future."

To further elaborate on this historic sports car, Mr Achim Stejskal, the Head

of the Porsche Museum, was present. Many of the most famous 911 models now

reside at this iconic location and the historic impact of this incredible

sports car was most evident when he noted, "More than 820,000 units of the 911

have been produced at our factory in Zuffenhausen since 1963. No other sports

car in the world has ever been so well-received by automobile enthusiasts."

On arrival at Taimiao, guests were greeted by a display of an exclusive new

Porsche 911 model, released especially for this occasion: The new Porsche 911

50th Anniversary Edition. Boasting the famed six-cylinder Boxer engine located

in the rear, like all the ancestors before it, this new special edition uses a

seven-speed PDK transmission and displacement of 3,800 cm3 to unleash 294 kW

(400 bhp), acceleration to 100 km/h in only 4.3 seconds and a maximum speed of

298 km/h. However, spine-tingling performance is only the start of the features

that offer homage to the heritage of the 911.

The exterior of the Porsche 911 50th Anniversary Edition is noticeably 44

millimeters wider at the back than the 911 Carrera S, allowing greater road

holding especially at high speeds and when cornering fast. Moving to the

interior, high-quality materials have always been the hallmark of the 911 and

this new special edition is no exception: a classic interior package blends

leather and aluminum to a stylish effect that only Porsche can achieve. The

seats are an undoubted highlight, using an iconic material and pattern from the

first 911 models: the so-called "Pepita" - a two-tone woven textile with a

small diamond pattern that is unmistakably Porsche. Celebrating the birth date

of the 911, the production run of the 911 50th Anniversary Edition will be

strictly limited to 1,963 vehicles - the likes of which will never be seen

again.

As the night drew to a close, the acclaimed Chinese performer Sun Nan provided

a memorable performance for guests and closed by singing "Happy Birthday" to

the Porsche 911. Mr. Deesch Papke and five Porsche Centre General Managers then

took turns to cut the birthday cake that marked the occasion.

SOURCE: Porsche

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中