◎ジョニーウォーカー、責任ある飲酒活動でガラス製のレースカー映画を作成

Diageo

2013/11/22 17:10

◎ジョニーウォーカー、責任ある飲酒活動でガラス製のレースカー映画を作成

AsiaNet 55113
共同JBN 1433 (2013.11.22)


【サンパウロ2013年11月22日PRN=共同JBN】人の命のはかなさはジョニーウォーカー(JOHNNIE WALKER)のウイスキーグラスだけで作られたF1レースカーが粉々に砕け散るところを見ればわかる。これは世界一のブレンドウイスキー製造企業、ディアジオ(Diageo)で企業の社会的責任を担当するディレクター、キャロリン・パンツァー氏の言葉だ。

(Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20131122/654067

(Video: http://www.jointhepact.com/theglasscar

「The Glass Car(ガラスの車)」は飲んだら決して運転しないという誓約を100万人から集める世界的なキャンペーン「Join The Pact」のために、22日から新たに放映が始まった同キャンペーンの中心的な映画である。この90秒の映画はガラスの壊れやすさに着想を得たもので、1750個のウイスキーグラスを使って作られたレースカーという設定である。ガラスの車は美しく、迫力もあるが、同時に簡単に壊れてしまい、車の運転は正しい選択を下し、自制を保つことが大事だと言うことを思い起こさせる。

ジョニーウォーカーのパンツァー氏は「当社とボーダフォン・マクラーレン・メルセデス(Vodafone McLaren Mercedes)のパートナーシップは責任ある飲酒について語るためのまたとない強力なプラットホームである。今週末のF1ブラジルGPに先だってThe Glass Carをリリースするのは、消費者に人生でもレースでもコントロールがすべてだということを気づいてもらいたいからだ」と語った。

Join The Pactの目標は、世界中の消費者が「#ImNOTdriving」ハッシュタグを使用することを要請して「飲んだら運転しない」という誓約を100万人から集めることである。ジョニーウォーカーはそのお返しとして100万キロ分のセーフライズホーム(安全な帰宅乗車)をプレゼントすると約束している。

The Glass Car で主役を務めるのは2度にわたって世界ドライバーのチャンピオンになった「ジョニーウォーカー・グローバル・ドリンキング・アンバサダー」のミカ・ハッキネン氏で、同氏は「レースで重要なのは自制を保つことだ。一瞬の決断が一着でフィニッシュするか、最後尾でフィニッシュするか、またはフィニッシュできないかの差になって表れる。The Glass Carは私たちの夢がいとも簡単に粉々に壊されてしまうことをはっきりと思い起こさせてくれる。この映画を見て、他の人とシェアし、飲んだら運転しない約束にサインしてほしい」と語った。

この美しい映画はマクラーレン・テクノロジー・センターが細心の注意を払って誤差3ミリの正確さで再現した目を見張るコンピューター・グラフィックによるボーダフォン・マクラーレン・メルセデスF1カーをフィーチャーしており、毎秒300フレームを使った息を飲むクラッシュ場面はレンダリングに1週間以上を要し、使われたデータも100ギガバイトを超えている。The Glass Carの視聴はウェブサイト(http://www.jointhepact.com/theglasscar)を参照。

ジョニーウォーカーのグローバル・ブランド・ディレクター、ギャバン・パイク氏は次のように語った。
「ボーダフォン・マクラーレン・メルセデスとの8年におよぶパートナーシップの中心は責任ある飲酒だ。このパートナーシップのおかげで世界中の100万人以上の消費者がすでに飲んだら運転しないという誓約に署名しているが、当社は9週間前、シンガポールで#ImNOTdrivingのハッシュタグを通して世界中で無料の帰宅乗車をプレゼントすることで、さらにもう100万人の署名を集める新たなキャンペーンを立ち上げた」

「消費者の反応は大いに勇気づけられるもので、今まですでに、1万キロ分の無料帰宅乗車をプレゼントしている。世界の多くの人々がクリスマスなどお祝いの準備を始め、F1レースもクライマックスにさしかかるこの季節はこのインパクトの強い映画を使って飲んだら運転しないという重要なメッセージをもう一度送るのにふさわしい時期だ」

パイク氏はさらに「ジョニーウォーカーは個人の進歩に敬意を表している。それがブランドの個性でもあり、当社は責任ある飲酒はそのような進歩のひとつだと考えている。この映画は責任あるマーケティングに向けた当社の世界レベルのコミットメントを示すためボーダフォン・マクラーレン・メルセデスと提携して行っている世界キャンペーンの強力な続編になる」と語った。

(編集者注)

▽Join the Pactとボーダフォン・マクラーレン・メルセデスについて
ジョニーウォーカーは8年におよぶボーダフォン・マクラーレン・メルセデスF1チームとのパートナーシップの中心に責任ある飲酒を据えてきた。この草分け的なパートナーシップおよびグローバル・レスポンシブル・ドリンキング・アンバサダーのミカ・ハッキネン氏、さらにセルジオ・ペレス、ジェンソン・バトン氏を通じて、ジョニーウォーカーはJoin the Pactキャンペーンでこれらの問題に正面から取り組んでいる。

Join the Pactは世界中の消費者に向かって飲んだら運転しないという誓約に署名することを求めている。2006年以来、ハッキネン氏およびマクラーレンのF1ドライバーはこの行動を求めるイニシアチブをリードしてきたが、すでに世界中に広がり、100万人の署名を集めている。

ハッキネン氏は4大陸30カ国以上を訪問、数多くのメディア、政府担当者、ステークホルダー、消費者と話をし、ジョニーウォーカーのユニークな経験を通して重要なメッセージを伝えてきた。

ジョニーウォーカーは2013年F1シンガポール・グランプリの場で、#ImNOTdrivingハッシュタグを使って飲んだら運転しない誓約をさらにもう100万人集めるというJoin the Pactの第2幕となる野心的な計画を発表した。ジョニーウォーカーはこの100万人署名に敬意を表して、100万キロ分の安全帰宅乗車を世界中でプレゼントすることになっている。

▽ディアジオについて
ディアジオ(Diageo)は世界の大手飲料企業で、蒸留酒、ワイン、ビール部門にわたって幅広いアルコール飲料ブランドのラインアップを持っている。これらのブランドにはジョニーウォーカー、クラウンローヤル、J&B、JepsilonB、ブッシュミルズなどウイスキー、スミルノフ、シロック、ケテルワンなどのウオツカ、その他ベイリーズ、キャプテン・モーガン、タンカレー、ギネスなどがある。

ディアジオは製品を世界180カ国以上で販売しているグローバル企業である。同社はニューヨーク証券取引所(NYSE)では銘柄コードDEO、ロンドン証券取引所(LSE)では銘柄コードDGEで上場している。ディアジオおよびその社員とブランドに関する詳しい情報はウェブサイト(http://www.diageo.com)を参照。ベストプラクティス・ツール、情報、イニシアチブの共有を通じて責任ある飲酒を促進しているディアジオのグローバルリソースについてはウェブサイト(http://www.DRINKiQ.com)を参照。

同社標語はCelebrating life, every day, everywhere

JOHNNIE WALKERに関連する用語、Striding Figureの図案および関連ロゴはJohn Walker & Sons 2013の商標である。

Please Drink Responsibly(責任ある飲酒を)

ソース:Diageo


JOHNNIE WALKER(R) Serves Up Clear Statement on Responsible Drinking Through New Glass Car Film

PR55113

SAO PAULO, Nov. 22 / PRN=KYODO JBN/ --

     If you need to be reminded about the fragility of human life, just watch a
Formula 1 race car made entirely of JOHNNIE WALKER whisky glasses shattering
into a million pieces, says Carolyn Panzer, Director of Corporate Social
Responsibility for Diageo, makers of the world's No. 1 Blended Scotch Whisky.

    (Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20131122/654067 )

    Video: http://www.jointhepact.com/theglasscar

    The Glass Car is a new flagship film launched today for Join The Pact, a
global campaign to gather one million commitments to never drink and drive.
Inspired by the fragility of glass, the 90-second film imagines a race car made
of 1,750 glasses. Beautiful and powerful, yet so easily shattered, the glass
car symbolises the importance of always making the right choices and staying in
control.

    "Our partnership with Vodafone McLaren Mercedes is an amazingly powerful
platform for talking about responsible drinking," says Panzer. "Ahead of this
weekend's FORMULA 1 GRANDE PREMIO PETROBRAS DO BRASIL GRAND PRIX, we're
releasing The Glass Car to remind consumers that, in life as in racing, control
is everything."

    Join The Pact aims to gather an additional million pledges never to drink
and drive by inviting consumers around the world to use the hashtag
#ImNOTdriving on social media. In return, JOHNNIE WALKER is pledging to give
away one million kilometers of safe rides home.

    The Glass Car features two-time world drivers' champion Mika Hakkinen - a
JOHNNIE WALKER Global Responsible Drinking Ambassador - who says: "Staying in
control is what matters in racing. Split second decisions are the difference
between finishing first and finishing last - or not finishing at all. The Glass
Car is a powerful reminder of how easily our dreams can be shattered - watch
it, share it and sign the pact never to drink and drive."

    Set in a painstakingly created computer reproduction of the McLaren
Technology Centre - accurate to just 3mm - the beautiful film features a
stunning CGI model of a Vodafone McLaren Mercedes F1 car and a breathtaking
crash scene at 300 frames per second that took over a week to render and
produced over 100 gigabytes of data in itself. To view The Glass Car go to
http://www.jointhepact.com/theglasscar.

    Gavin Pike, Global Brand Director of JOHNNIE WALKER, says: "JOHNNIE WALKER
has placed responsible drinking at the heart of its eight-year partnership with
Vodafone McLaren Mercedes. As a result of that partnership more than one
million consumers around the world have already signed a pledge never to drink
and drive and nine weeks ago in Singapore we launched the new campaign to
gather a further one million pledges through #ImNOTdriving by giving away free
rides home across the globe.

    "The reaction from consumers has been hugely encouraging and so far we have
already delivered over 10,000 kilometers of free rides home. The Formula 1
season is reaching its climax at a time when millions are preparing for the
festive seasons in many parts of the globe - it's the right moment to use this
highly impactful film to reinforce the vital message about never drinking and
driving."

    Pike adds: "JOHNNIE WALKER is dedicated to personal progress, it is what
the brand personifies, and we believe that responsible drinking is part of that
progress. This latest film is an extremely powerful addition to a global
campaign that uses our partnership with Vodafone McLaren Mercedes to
demonstrate our commitment to world-class standards in responsible marketing."

    Notes to Editors:

    Join the Pact and Vodafone McLaren Mercedes

    JOHNNIE WALKER has placed responsible drinking at the heart of its
eight-year partnership with the Vodafone McLaren Mercedes F1 Team. Through its
pioneering sponsorship, and with Mika Hakkinen as the Global Responsible
Drinking Ambassador alongside Sergio Perez and Jenson Button, JOHNNIE WALKER
tackles these issues directly through the Join the Pact campaign.

    Join the Pact asks consumers everywhere to make a commitment to never drink
and drive through signing a pact. Since 2006 Mika and the McLaren F1 drivers
have led this call-to-action initiative, which has been activated worldwide,
collecting a million signatures.

    Mika has visited over 30 countries on four continents, spoken to countless
media, government officials, stakeholders and consumers delivering important
messages through unique JOHNNIE WALKER experiences.

    At the 2013 FORMULA 1 SINGTEL SINGAPORE GRAND PRIX, JOHNNIE WALKER revealed
the next stage for Join the Pact, an ambition to gather a further one million
global commitments to never drink and drive via the unique hashtag
#ImNOTdriving. To honour the one million commitments, JOHNNIE WALKER will give
away one million kilometers of safe rides home across the globe.

    About Diageo

    Diageo is the world's leading premium drinks business with an outstanding
collection of beverage alcohol brands across spirits, wines and beer
categories. These brands include Johnnie Walker, Crown Royal, JepsilonB and
Bushmills whiskies, Smirnoff, Ciroc and Ketel One vodkas, Baileys, Captain
Morgan, Tanqueray and Guinness.

    Diageo is a global company, with its products sold in more than 180
countries around the world. The company is listed on both the New York Stock
Exchange (DEO) and the London Stock Exchange (DGE). For more information about
Diageo, its people and its brands, visit http://www.diageo.com. For Diageo's
global resource that promotes responsible drinking through the sharing of best
practice tools, information and initiatives, visit http://www.DRINKiQ.com.

    Celebrating life, every day, everywhere.

    The JOHNNIE WALKER words, the Striding Figure device and associated logos
are trademarks (c) John Walker & Sons 2013.

    Please Drink Responsibly.

SOURCE: Diageo


本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中