◎自動車ローンが初めて300万台に ダイムラー・ファイナンシャルサービス

ダイムラー・ファイナンシャルサービス

2013/11/27 10:22

◎自動車ローンが初めて300万台に ダイムラー・ファイナンシャルサービス

AsiaNet 55089
共同JBN 1422 (2013.11.27)

【シュツットガルト2013年11月27日PRN=共同JBN】
 *新規ビジネス契約額が新記録を達成
 *2013年の金利・税引き前利益(EBIT)は12億5000万ユーロに
 *ダイムラー(Daimler)の積極的なモデル戦略と革新的モビリティサービスで、2014年はさらなる成長

ダイムラー・ファイナンシャルサービス(Daimler Financial Services)は創業以来初めて、300万台を超える自動車購入に資金を提供した。同社のクラウス・エンテンマン取締役会会長は26日シュツットガルトで「2013年10月にわが社は300万台の水準を突破した」と述べた。ダイムラーの金融部門である同社による融資は今では、3年前より約50万台多い。2013年1-9月期のEBITは9億5500万ユーロ。エンテンマン会長は「今年全体のEBITについては約12億5000万ユーロの達成を目指す。これは予想される株主資本利益率(ROE)の最低17%より多い水準だ。特に現在はオンライン販売網や革新的モビリティサービスに投資していることを考慮すると、わが社は立派な業績を上げている」と語った。

▽新規事業契約額は新記録を達成
新規ビジネス契約額で同社は、2013年1─10月に新記録を達成した。新規の自動車ローンと自動車リースの契約に相当する新規ビジネスは、この10カ月間に6%増えて330億ユーロとなった。10月末時点の契約総額は2012年末と比べて3%多い820億ユーロに上っている。

▽各地域で業績が伸びる
ダイムラー・ファイナンシャルサービス(DFS)は世界中で新規顧客を獲得できた。英国での新規自動車ローン台数は前年比で22%増加した。トルコでは17%の増加。米国に次いで2番目に大きい市場のドイツでは、DFS子会社のMercedes-Benz Bankが3%伸ばした。米国での需要も引き続き強く、自動車ローンの台数は前年より15%増えた。新しいBharatBenzブランド車にも融資しているインドでは、新規ローンの台数が倍増している。

▽2014年はさらに成長へ
ダイムラー・ファイナンシャルサービスは来年もさらに成長が見込まれる。エンテンマン会長は「わが社の自動車ローン、自動車リース事業は、積極的なメルセデス(Mercedes)の製品戦略とわれわれの魅力的な商用車モデルが追い風になるとみられる」と述べた。新しいCクラスとGLA SUVの市場投入および新しいSクラスの完全供給によって、事業機会はいっそう広げる。中古車ローンの分野では市場の拡大が期待される。オンライン販売網の拡大も、顧客にとって自動車ローンの全体像が改善されることで、業績拡大につながっている。

▽car2go:2014年には利用できる都市が増加
DFS子会社のDaimler Mobility Services GmbHが提供する革新的なモビリティサービスは、2014年に新しい拠点が増える見通しだ。利用しやすいカーシェアリングのcar2goは年間を通していくつかの新しい都市でサービスを開始する。今年10月末でこのサービスは世界25都市で利用可能となっている。

▽問い合わせ先
Andreas Spannbauer,
Telephone: +49-(0)711-2574-4078

ソース:Daimler Financial Services AG


Daimler Financial Services Finances Three Million Vehicles for the First Time

PR55089

STUTTGART, Nov. 27, 2013 /PRN=KYODO JBN / --

    - New business and contract volume records broken

    - EBIT of about 1.25 billion euros expected in 2013

    - Further growth expected in 2014 as a result of Daimler's aggressive model
strategy and innovative mobility services

    For the first time ever, Daimler Financial Services is financing more than
three million vehicles. "In October 2013, we exceeded the three million mark,"
said Klaus Entenmann, Chairman of the Board of Management of Daimler Financial
Services AG, on Tuesday in Stuttgart. Daimler's financial arm is now financing
about half a million more vehicles than it was three years ago. Around the
world, Daimler Financial Services finances four out of every ten Daimler
vehicles delivered. In the first three quarters of 2013, the company's earnings
before taxes and interest (EBIT) amounted to 955 million euros. Entenmann: "For
the year as a whole, we aim to achieve an EBIT of about 1.25 billion euros.
This would exceed our expected return on equity of at least 17 percent. We have
achieved good results - especially considering that we are investing in digital
sales channels and innovative mobility services at the moment."

    New business and contract volume records broken

    When it comes to new business and contract volumes, the company broke
records in the first ten months of 2013. New business, which is understood as
the equivalent of all newly concluded financing and leasing contracts, grew six
percent in the first ten months of the year, to 33 billion euros. At the end of
October, DFS had reached a contract volume of 82 billion euros, a three percent
increase over the end of 2012.

    Growth across regions

    Daimler Financial Services was able to attract new customers around the
world: in the UK, the number of newly financed vehicles increased 22 percent
over the previous year. In Turkey, the company saw 17 percent growth. In
Germany, the second biggest market after the United States, the DFS subsidiary
Mercedes-Benz Bank AG recorded three percent growth. Demand remained strong in
the United States, where the number of financed vehicles increased 15 percent
over the previous year. In India, where Daimler Financial Services also
provides financing for the new BharatBenz commercial vehicle brand, the number
of newly financed vehicles more than doubled.

    Further growth expected in 2014

    Daimler Financial Services expects to see further growth in the coming
year. "Our financing and leasing businesses are likely to benefit from the
aggressive Mercedes product strategy and our highly attractive commercial
vehicle models," said Entenmann. The market launches of the new C-Class and GLA
SUV as well as the full availability of the new S-Class will give rise to
additional opportunities. The company also sees further market potential in the
area of used car financing. The expansion of online sales channels has also
driven growth, as these are providing customers with an improved overview of
automotive financing services.

    car2go: available in a greater number of cities in 2014

    The innovative mobility services offered by Daimler Mobility Services GmbH,
a DFS subsidiary, are expected to give rise to additional opportunities in
2014. Over the course of the year, the flexible car2go car-sharing concept will
be launched in a number of new cities. At the end of October, the service was
available in 25 cities around the world.

    Contact:
    Andreas Spannbauer,
    Telephone: +49-(0)711-2574-4078

    SOURCE: Daimler Financial Services AG


本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中