◎2014年日本国内の採用活動に鈍化の兆候なし

マイケル・ペイジ

2013/12/9 10:05

AsiaNet 55246

【編註】クライアントからの要請により、提供された原稿をそのまま配信します。

    共同通信JBNでは一切編集を行っておりません。

プレスリリース

2014年日本国内の採用活動に鈍化の兆候なし

主な調査結果:(出典:マイケル・ペイジ・ジャパン 給与調査2014年版)

・回答者の85%は、2014年の雇用市場は現在の水準よりも改善する、あるいは現在の水準を維持すると見ています。

・調査をした企業の46%が、2014年を通して専門スキルを有する人材が不足すると予想しています(前年比12%減)。

・調査対象のうち、「全社員を対象に業績に応じた昇給を実施する」と回答した企業は全体の44%、「報酬の一環として賞与を支払う」と答えた企業は89%に上りました。

2013年12月9日:マイケル・ペイジ・ジャパンの給与調査2014年版で調査を実施した企業によると、2014年の採用活動は堅調に推移し、改善は見られないとしても、2013年と同じ水準は維持するとの見方が示されました。

マイケル・ペイジが毎年実施している給与調査で、2014年の求人動向についての予想をたずねたところ、調査を実施した755社の約半数は「現在の雇用市場は過去12カ月とほぼ同じ水準で推移している」と回答しています。「採用市場はやや改善している」と強気な見方をする企業は全体の21%、「すでに改善している」と回答した企業は18%となっています。

マイケル・ペイジ・ジャパンのマネージング・ディレクターであるBasil Le Rouxは、「世界第3位の経済大国である日本は、あらゆる業界の外資系企業が成長できる機会に溢れていて、それは企業の採用活動にも表れています。特にITの専門職、オンライン・ビジネスのスペシャリスト、そしてリテールスタッフの求人が好調であり、この傾向は2014年に入っても継続すると予想しています。」と語っています。

雇用市場の堅調な上向き傾向は今後も続くと予想されるなか、調査を実施した企業の46%は「2014年にかけて専門スキルを持つ人材が不足する」と予想しています。特に日英のバイリンガルスキルは、今後も多くの職種で必要となる要件であるにもかかわらず、人材プールの中から探し出すことは非常に難しくなっています。

「日本の雇用市場では、今後も供給不足が続くため、最優秀の人材をめぐる企業間の獲得競争はますます激しさを増しています。」とBasil Le Rouxは指摘します。

「ITとオンライン・ビジネスの拡大に伴い、専門スキルを持った人材を求めるニーズも高まっています。しかしながら、事業を拡大するために必要な優秀な人材を見つけるのに苦労をしている企業が多いのが現状です。」とBasil Le Rouxは語っています。

全体の46%の企業は「スキル不足が事業に与える影響が大きいため、ターゲットを絞った採用活動の策定が今まで以上に求められている」と回答する一方、41%の企業は「スキル不足が給与水準へ影響を与える可能性は低い」と回答しています。

マイケル・ペイジについて

ペイジ・グループの1部門であるマイケル・ペイジは、世界の大手企業をクライアントに、正社員、契約および派遣社員のリクルートに特化した世界屈指の専門職リクルートメント・コンサルタント会社です。ペイジ・グループは、世界34カ国にある153のオフィスを通じて事業展開しています。1976年に初めてロンドンで事業を立ち上げて以来、当社は30年に渡り求職者と経営者のマッチングを行なっています。アジア・パシフィック地域における当社の事業展開は、中国、台湾、香港、シンガポール、マレーシア、日本、インド、オーストラリア、ニュージーランドに及んでいます。

詳細情報の連絡先:

Nicole Szollos

コーポレート・コミュニケーション・マネージャー

ペイジ・グループ  アジア・パシフィック部門

電話番号:+612 8046 0820

Email:nicoleszollos@michaelpage.com.au

No Slowing of Hiring Activity in Japan During 2014

PR55246

TOKYO, Japan, Dec. 9, 2013 /Medianet International=KYODO JBN/--

Key survey findings: (Source: Michael Page Japan 2014 Salary & Employment

Forecast)

- 85% of respondents believe the employment market will either improve or   

  stay at current levels through 2014.

- 46% of surveyed employers expect a professional skills shortage over   

  2014, 12% lower than the previous year’s survey finding.

- 44% of employers surveyed will award all employees with a salary   

  increase based on performance and 89% will pay a bonus as part of the

  remuneration package.

   9 December, 2013: Hiring activity in 2014 is anticipated to be healthy,

recording similar levels to 2013 if not slightly better according to the views

of employers surveyed for the Michael Page Japan 2014 Salary & Employment

Forecast.

   Sharing their expectations on the recruitment outlook for 2014 in the annual

Michael Page salary and employment survey, nearly half of the 755 employers

surveyed consider the current employment market to be steady when compared with

the last 12 months. A further 21% are more confident, viewing the hiring market

as slightly stronger, while another 18% believe it is stronger.

   "As the world's third largest economy, Japan continues to offer growth

opportunities for multinational companies across a range of sectors, and this

translates into hiring activity," says Basil Le Roux, Managing Director of

Michael Page in Japan. "In particular we are seeing some strong demand for

technology professionals, digital specialists and retail staff, and this is

expected to continue into 2014."

   With an ongoing positive employment market anticipated, 46% of surveyed

employers are expecting a professional skills shortage over the coming year. In

particular, bilingual skills (English and Japanese) continue to be a

sought-after requirement for many roles yet difficult to find within the talent

pool.

   "Japan's employment market continues to be defined as one where demand is

outstripping supply and employers are increasingly competing for the best

talent," says Mr Le Roux.

   "With the growth in the technology and digital space technical skills are

also in high demand among employers, however many face difficulties in finding

the talent they need to grow their business," he adds.

   While the impact of a skills shortage on business is translating into an

increased need to develop more targeted attraction strategies according to 46%

of surveyed employers, it is not likely to impact salary levels based on the

view of 41% of survey respondents.

   To read the Michael Page Japan 2014 Salary & Employment Forecast visit

www.michaelpage.co.jp/en/newsandresearchcentre.html

   About Michael Page

   Part of PageGroup, Michael Page is a leading professional recruitment

consultancy specialising in the recruitment of permanent, contract and

temporary positions on behalf of the world’s top employers. The Group operates

through 153 offices in 34 countries worldwide. First established in London in

1976, we’ve been bringing job seekers and employers together for more than 30

years. Our presence in the Asia Pacific region extends across China, Taiwan,

Hong Kong, Singapore, Malaysia, Japan, India, Australia and New Zealand.  

   For more information contact:

   Nicole Szollos,

   Corporate Communications Manager, Asia Pacific

   PageGroup

   Phone: +612 8046 0820

   Email: nicoleszollos@michaelpage.com.au

   SOURCE: Michael Page

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中