◎Avazuが日本支社を設立、日本市場の開拓をナビゲート

Avazu Inc.

2013/12/11 15:57

◎Avazuが日本支社を設立、日本市場の開拓をナビゲート

AsiaNet 55258

共同JBN 1484 (2013.12.11)

【東京2013年12月11日PRN=共同JBN】モバイルゲーム業界にとって、チャンスをつかむのは初期に比べて容易ではなくなった。前進できなければ人気がなくなる。企業はこの熾烈な競争をいかにして勝ち抜けるか。その答えは、一貫したイノベーションと粘り強い探求にある。欧州で創業し、中国でリーディング統合型プロモーション・プラットフォームを提供する企業Avazuはこのほど、業界で開拓者精神を発揮し、今度は日本で最初の支社を開設するために業界の優秀な人材をリクルートすることを計画している。開設の準備作業は今年末までに完了する。Avazuは2014年に日本市場に参入し、事業の国際的な拡大を目指している。

 (Photo: https://www.dropbox.com/s/8br33f40ez4vlx0/%E9%99%88%E9%9C%87%E6%96%B9_%E5%89%AF%E6%9C%AC.jpg

Avazuは世界をリードする国際的な広告企業であり、多様な製品サービスと結果指向の課金方法(CPI、CPA、CPS、ROI、CPL)によって世界規模のプログラマティック・アドエクスチェンジ・トレーディングに特化している。Avazu DSP(Demand-Side Platform)は広告主の要求を満たし、Avazu TrackingとAvazu Private Exchangeはパブリッシャーの要求に対応する。現在上海にある本社では、PC、モバイル、タブレットPCを含むターゲットにしたデバイスを使って、モバイルゲーム海外プロモーションおよびそれに関連するその他のグローバルビジネスを監督する。現在の取扱量でみると、Avazuはプログラマティック・アド・エクスチェンジに従事するアジア最大の企業である。Avazuの代表的なゲームクライアントは、欧州、東南アジア、中南米、アフリカの携帯電話トラフィックのプログラマティック・アド・バイイングによって支配的な市場地位を確保している。

Avazuは日本市場への参入には課題が待ち受けていることを承知している。日本のモバイルゲーム市場はその他の市場と異なり、今世紀初めから活況を呈してきた。このことは、日本市場には他の市場よりも多くの予測を立てる歴史的データと知見が蓄積されていることを意味する。同時にモバイルゲーム業界は驚くべきスピードで発展し、すべてのアジア市場は成長している。Mobile Content Forumのリポートによると、日本でのスマートフォン・ゲームの総売上高は2012年、2600億円(約163億7200万元)で、2011年の481億円(約30億2900元)の5.4倍に達した。NHN Japanはことし11月25日、同社のIMアプリ「Line」の世界ユーザー数が3億人を超え、今後もさらに増加すると発表した。

一方、日本市場は多くの困難があることはよく知られている。多数のゲーム大手企業が大きな失敗を経験したのは、地元ユーザーの好みを十分理解していなかったためである。内外市場間の大きな隔たりは、海外および国内ゲームが互いの市場に参入することを難しくしている。例えば、日本国内市場で大きな成功を収めた日本の代表的企業グリー(GREE)は同じ基準に従って海外に拡大しようとした。表向きにはGREEはTencentと協力したものの、グリー上層部は依然として典型的な日本方法で意思決定、製品計画、マーケティング・プロモーションを遂行した。その結果、同社は中国市場から撤退しなければならなくなり、このケースはこの業界の戒めとなった。

Avazuはこの問題を完全に理解し、それを解決するために最善を尽くした。従来の広告・IT業界から多数の地元人材がAvazuグループに加わった。このグループは、日本での業界発展に合致する完全に地元に密着した協調的アプローチを確立し、地元CPが市場を開放することを支援し、売上と利益の新しいソースを開拓する。しかし、日本市場への参入は単なる第一段階にすぎない。Avazuは現在、世界規模の戦略的配置を構築し、世界のクライアントに対して最も専門的で効率的なプロモーション・サービスを提供することを目指している。将来の一流デジタル広告企業、それはAvazuである。

▽問い合わせ先

Alex Chen (アレックス・チン)

+81-3-3669-7119

Zhengfang.Chen@avazu.net

ソース:Avazu Inc.

Avazu Starts Japan Branch to Navigate the Japanese Market

PR55258

TOKYO, Dec. 11, 2013 /PRN=KYODO JBN/ --

For the mobile game industry, opportunities are no longer as easy to obtain as

in the early days, and failure to advance means to lose ground. How can a

company stand out amongst fierce competition? The answer: through constant

innovation and persistent exploration. Recently, Avazu, a company originating

in Europe and providing the top platform of Integrated Oversea Promotion in

China, has demonstrated its trailblazer spirit in this industry, and now it

looks to recruit industry talents to establish its first branch in Japan. The

preparation work will be completed at the end of the year. Avazu will enter the

Japanese market in 2014, with intentions to expand the business internationally.

(Photo:

https://www.dropbox.com/s/8br33f40ez4vlx0/%E9%99%88%E9%9C%87%E6%96%B9_%E5%89%AF%E6%9C%AC.jpg

)

Avazu is a world-leading international ad company dedicated to global

programmatic ad exchange trading with diversified product service and

results-oriented charging method (CPI, CPA, CPS, ROI, CPL). Avazu DSP

(Demand-Side Platform) meets the demands of advertisers, and Avazu Tracking and

Avazu Private Exchange are for the publishers. Corporate headquarters in

Shanghai oversees mobile games overseas promotion and other relevant global

business, with targeted devices including PCs, mobiles and tablet PCs.

According to current transaction volumes, Avazu is Asia's largest company

engaging in programmatic ad exchange. Avazu's game clients typically are in the

dominant market position, with programmatic ad buying for cellphone traffic in

Europe, Southeast Asia, South America and Africa benefitting clients directly.

Avazu is aware of the upcoming challenges of entering the Japanese market.

Unlike other counterparts, the Japanese mobile game market has thrived since

the beginning of this century, meaning there is more historical data and

experience to make predictions in that market than in others. Meanwhile, the

industry of mobile gaming is developing at an amazing speed, moving all Asian

markets forward. According to a report by Mobile Content Forum, the sale

revenue of smart phone games in Japan reached 260 billion JPY (approximately

16.372 billion RMB) in 2012, over 5.4 times that of 2011's 48.1 billion JPY

(approximately 3.029 billion RMB). NHN Japan announced on November 25, 2013

that the number of global users of "Line", an IM App under its company, is over

300 million, indicating bright prospects.

However, it is well known that the Japanese market is full of hardship. Many

game giants suffered huge failures because they did not fully understand local

user preferences. Huge gaps make it difficult for overseas and domestic games

to enter into one another's markets. Even industrial giants struggle to improve

their businesses in such a closed market. For example, GREE, a typical Japanese

company with huge success in the Japanese domestic market, intended to expand

overseas following the same rules. Superficially, GREE cooperated with Tencent,

while the upper level of the company still executed the decision-making,

product-planning and marketing promotion in a typical Japanese way. As a

result, it had to withdraw from the Chinese market, becoming a warning case in

this industry.

Avazu has realized this problem and tried its best to solve it. Plenty of local

talents from traditional advertising and IT industries have joined Avazu group,

which is building a completely localized cooperative approach to match the

development of the Japanese industry, helping the local CP to open the market,

creating new sources of revenues and interests. However, entering the Japanese

market is merely the first step; Avazu is currently building its global

strategic layout, aiming to provide the most professional and efficient

promotions service to global clients. This is Avazu, the future leading digital

advertising company!

Contact:  

Zhengfang Chen  

0081-08058822888

Zhengfang.Chen@avazu.net

SOURCE  Avazu Inc.

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中