◎ビヨンセが初のビジュアルアルバム iTunes Storeで独占リリース

Parkwood Entertainment/Columbia Records

2013/12/16 16:30

◎ビヨンセが初のビジュアルアルバム iTunes Storeで独占リリース

AsiaNet 55323

共同JBN 1517 (2013.12.16)

【ニューヨーク2013年12月13日PRN=共同JBN】前例のない14曲、17ビデオのビジュアルアルバムをiTunes Storeからリリース(www.iTunes.com/beyonce)

Parkwood Entertainment/Columbia Recordsが発表。

ビヨンセ5枚目のソロ・スタジオアルバムがiTunes Store(www.iTunes.com/beyonce)独占でリリースされた。自らの名を冠したセットはアーティスト初のビジュアルアルバムである。「BEYONCE」には新曲14曲と目に美しくて挑発的なビデオ映像17編が盛り込まれている。ビデオはすべてアルバムリリース前にヒューストンからニューヨーク、パリ、そしてシドニーからリオデジャネイロと世界各地で収録された。

ビヨンセはビジュアルアルバム制作決定について「音楽は聴くだけのものではない。何かに出合うと直ちに、ひとつか何枚かのイメージが見える。それは感覚や感情、子供時代の思い出、人生への思い、夢や空想につながっている。そのすべてが音楽と結びついている」と語った。

世界がリリースを知るその日にアルバムが発売されることは、曲とビジュアルコンテンツをフィルターなしに直接ファンに届けたいというビヨンセの前例のない布石である。この特異なアプローチにより、音楽ファンは最初に聴取、閲覧して楽しみ、仲介者なしに自身の見方を持つことができる。これは、ソーシャルメディアとあくなき直接交信への欲求の時代に、繰り返し提示されてきた質問「ビヨンセの次のアルバムはいつ出るか?」に対する回答である。

ビヨンセは「これまでのようには曲をリリースしたくなかった。うんざりだ。ファンとじかに話ができると思う。曲、アーティストとファンの間にはあまりにも多くのものが入り込んでいる。私のレコードが出る時、誰もメッセージを付与してほしくない。準備ができた時に私からファンに出せればいい」と述べた。

仕掛け、先行宣伝、販売キャンペーンを脱却したこのプロジェクトは、真に誇大宣伝のないアートである。

「BEYONCE」は今後、世界中のiTunesストアで独占販売される。

リークの標的になってきたアーティストにとって、これは全面的な予防計画である。アルバムは1回の購入で全曲、全ビデオが一度に入手できる一体的なものとして提供される。

これはコンセプトアルバムではないが、初めから終わりまで包括的なオーディオ/ビジュアル作品として楽しめるようにつくられている。ビジュアルアルバムはシングル制作とは反対に、ビヨンセの思考とビジョンをめぐる非線形の旅になっている。

従来型アルバムの製造は本日開始され、CD/DVD2枚組が年末向けに店頭販売される。

Facebookはプロジェクト全体を垣間見るミニドキュメント映像「Self-Titled」パート1を独占配信する。それは「BEYONCE」メイキング中の彼女の考え方、芸術的構想を明らかにしている。絶え間なく進化するデジタル風景を受容することによって、彼女はキャリア初のビジュアルアルバムのために、革新的で夢中になれる多重プラットフォーム体験を生み出し、ファンの曲の楽しみ方を転換させている。

彼女は過去の実績に頼らず、進化して自身に挑戦し、レベルを引き上げることによって成長するアーティストである。この創造的プロセスはビヨンセに曲づくりのパワーを与え、鑑賞法をコントロールする機会をもたらしている。彼女はルールに従って歌わず、予想を裏切り、音楽を全身作品にする方を好んでいる。

ライター、プロデューサー、ディレクターとして何役もこなすビヨンセは、自分のビジュアルアルバムのためにアーティスト、ソングライター、プロデューサー、ビデオディレクターの天才チームをまとめ上げた。ジェイ・Z、ティンバランド、ジャスティン・ティンバーレイク、ファレル・ウィリアムス、ドレイク、ザ・ドリーム、シーア、ライアン・テダー、ミゲル、フランク・オーシャン、ヒット・ボーイ、アモ、ブーツ、ディテール、ジェイク・ナヴァ、ハイプ・ウィリアムス、テリー・リチャードソン、メリーナ・マツオウカ、ジョナス・アカーランド、リッキー・サイズ、ピエール・ディバッシャー、@lilinternet、ノア"40"シェビブ、フランチェスコ・カロッチーニ、キャロライン・ポラチェック、エド・バーク、ビル・キリステン、トッド・トァッソらである。

ビヨンセは1年半かけて世界中で収録したが、最初のレコーディングは2012年夏、ライターとプロデューサーがニューヨーク州の海岸の飛び地、ハンプトンズのひとつ屋根の下に集まり、共同生活しながら仕事をして、彼女の世界、彼女の頭脳に没入して開始された。この歌手とともに成長したファンは、コンテンツに共感できるほど成熟して経験を積んでおり、その共有体験は愛、喪失、恐れ、怒り、誠実、幸福、セクシュアリティー、自信を探る主題によって楽曲に刺激を与えている。

彼女は一部共同監督したビデオで、より気楽なやり方で進めることを好んだ。成功したワールドツアー「Mrs. Carter Show World Tour」期間中に主として収録されたビデオは、ブラジルの海岸、ニューヨーク市街、ニューヨーク州コニーアイランドの伝説のジェットコースター「サイクロン」、ロサンゼルス中心街、パリのシャトー、彼女が子供時代に滑ったテキサス州ヒューストンのローラースケート・リンク、さらに南アメリカの美しい教会など公開の場所で撮影されたにもかかわらず、秘密のベールに包まれていた。彼女は独創的なものを混ぜ合わせ、大きなものや小さなものを狙い、あらゆる瞬間に自然でありのままの姿をとらえようとして撮影に出掛けた。ビデオは視覚に刺激的で空想的な映画撮影術と巧みな話術に満ちており、あらゆる角度から彼女の人となりをとらえ、脆弱(ぜいじゃく)性と不完全性も備えている。

「BEYONCE」は、思うまま振る舞えるようになったアーティストからミュージックファンにあてた衝撃的な音と映像の宣言である。「私が愛し尊敬する人々にアルバムをささげたいだけ。私が曲づくりの時に感じるものを彼らに感じ取ってほしい」とビヨンセは締めくくっている。

「BEYONCE」楽曲リスト

Pretty Hurts

Haunted

Drunk in Love (Featuring JAY Z)

Blow/Cherry

No Angel

Yonce/Partition

Jealous

Rocket

Mine (Featuring Drake)

XO

***Flawless (Featuring/ Chimamanda Ngozi Adichie)

Superpower (Featuring Frank Ocean)

Heaven

Blue (Featuring Blue Ivy)

「BEYONCE」ビデオリスト

Pretty Hurts

directed by Melina Matsoukas

Ghost

directed by Pierre Debusschere

Haunted

directed by Jonas Akerlund

Drunk in Love

directed by Hype Williams

Blow

directed by Hype Williams

No Angel

directed by @lilinternet

Yonce

directed by Ricky Saiz

Partition

directed by Jake Nava

Jealous

directed by Beyonce, Francesco Carrozzini & Todd Tourso

Rocket

directed by Beyonce, Ed Burke & Bill Kirstein

Mine

directed by Pierre Debusschere

XO

directed by Terry Richardson

***Flawless

directed by Jake Nava

Superpower

directed by Jonas Akerlund

Heaven

directed by Beyonce & Todd Tourso

Blue

directed by Beyonce, Ed Burke & Bill Kirstein

**BONUS VIDEO - Grown Woman

directed by Jake Nava

****

www.beyonce.com

ソース:Parkwood Entertainment/Columbia Records

編集者注意:「BEYONCE」のメディア向けツールキットは以下参照。

http://smarturl.it/beyoncetoolkit

▽問い合わせ先

Yvette Noel-Schure, for US and international

yns@parkwood-ent.com

または

Carl Fysh, for the UK

Carl@purplepr.com

BEYONCE Available Worldwide Now

PR55323

NEW YORK, Dec. 13, 2013 /PRN=KYODO JBN/ --

                      UNPRECEDENTED 14 SONGS - 17 VIDEOS

                                 VISUAL ALBUM

                      AVAILABLE NOW ON THE i TUNES STORE

                           www.iTunes.com/beyonce

Parkwood Entertainment/Columbia Records -- The fifth solo studio album from

Beyonce is now available worldwide, exclusively on the iTunes Store

(www.iTunes.com/beyonce).  The self-titled set is the artist's first visual

album.  BEYONCE is infused with 14 new songs and 17 visually stunning,

provocative videos shot around the world from Houston to New York City to

Paris, and Sydney to Rio de Janeiro, all before the album's release.

"I see music," says Beyonce about her decision to create a visual album. "It's

more than just what I hear.  When I'm connected to something, I immediately see

a visual or a series of images that are tied to a feeling or an emotion, a

memory from my childhood, thoughts about life, my dreams or my fantasies.  And

they're all connected to the music."

That the album is available on the day the world is learning about its release

is an unprecedented strategic move by the artist to deliver music and visual

content directly to her fans when she wants to and how she wants to, with no

filter.  This unique approach allows music fans to be the first to listen,

view, engage and form their own opinions void of any middleman.  In the age of

social media and an insatiable appetite for direct communication, this is the

answer to the question asked over and over again, when is Beyonce's next album

coming?

"I didn't want to release my music the way I've done it," she states.  "I am

bored with that.  I feel like I am able to speak directly to my fans.  There's

so much that gets between the music, the artist and the fans.  I felt like I

didn't want anybody to give the message when my record is coming out. I just

want this to come out when it's ready and from me to my fans."

Stripped of gimmicks, teasers and marketing campaigns, this project is truly

about art before hype.

Starting now, BEYONCE is available globally and exclusively on the iTunes Store

(www.itunes.com/beyonce).

For an artist who has been the target of leaks, this is a fully designed

preventative plan. The album will be offered as a cohesive body of work with

every song and every video available all at once for one single purchase.  

While not a concept album, the record is designed to be consumed as a

comprehensive audio/visual piece from top to bottom.  The antithesis of making

singles, the visual album is a non-linear journey through the thoughts and

visions of Beyonce.

Manufacturing of physical albums begins today and the double disc CD/DVD will

be available at retail in time for the holidays.

Facebook exclusively premieres Part One of "Self-Titled," a mini doc feature

that gives a glimpse into the entire project.  It details her mind-set and

artistic vision throughout the making of BEYONCE.  By embracing an

ever-evolving digital landscape, she creates an innovative, fully immersive,

multiplatform experience for the first visual album of her career, completely

changing the way her fans will consume music.

Not one to stand on past achievements, this is an artist who thrives on

evolving, challenging herself and raising the bar. This creative process gave

Beyonce power over her music and provided an opportunity to control how the

music is heard.  She is not playing by the rules and breaking what is expected,

preferring to put music out as an entire body of work.

Beyonce, wearing multiple hats as writer, producer and director, put together a

genius team of artists, songwriters, producers and video directors for her

visual album that include JAY Z, Timbaland, Justin Timberlake, Pharrell

Williams, Drake, The Dream, Sia, Ryan Tedder, Miguel, Frank Ocean, Hit Boy,

Ammo, Boots, Detail, Jake Nava, Hype Williams, Terry Richardson, Melina

Matsoukas, Jonas Akerlund, Ricky Saiz, Pierre Debusschere, @lilinternet, Noah

"40" Shebib, Francesco Carrozzini, Caroline Polachek,  Ed Burke, Bill Kirstein

and Todd Tourso.

She recorded all over the world for a year and a half but the initial recording

started after the writers and producers gathered under one roof in The

Hamptons, New York's beach enclave, in the summer of 2012 to live together,

work together and to immerse themselves into her world and into her head.   The

fans that have grown up with the performer, mature and seasoned enough to

relate to the content and the shared experiences, inspire the music, with

themes that explore love, loss, fear, anger, honesty, happiness, sexuality and

confidence.

For the videos, some of which she co-directed, she preferred to work with a

more care-free formula.  Shot primarily during her successful "Mrs. Carter Show

World Tour," the videos were veiled in secrecy, even though they were filmed in

open places, including a beach in Brazil, the streets of NYC, on the famed

Cyclone Rollercoaster in Coney Island, New York, downtown Los Angeles, a

chateau in Paris, a roller skating rink in Houston, Texas where she skated as a

child, and a beautiful church in South America.  She mixed up the creative,

going for big and small and set out on shoots eager to capture the spontaneity

and honesty in every moment.  The videos are visually stimulating, charged with

visionary cinematography and clever storytelling. They capture every side of

who she is, complete with vulnerability and imperfections.

BEYONCE is an explosive sonic and visual communique to music fans from an

artist who has earned the right to do things on her terms.  "I just want to

give my album to the people I love and respect and hope that they feel the same

thing I felt when I made the music," said Beyonce.

BEYONCE SONG LIST:

Pretty Hurts

Haunted

Drunk in Love (Featuring JAY Z)

Blow/Cherry

No Angel

Yonce/Partition

Jealous

Rocket

Mine (Featuring Drake)

XO

***Flawless (Featuring/ Chimamanda Ngozi Adichie)

Superpower (Featuring Frank Ocean)

Heaven

Blue (Featuring Blue Ivy)

BEYONCE VIDEO LIST:

Pretty Hurts

directed by Melina Matsoukas

Ghost

directed by Pierre Debusschere

Haunted

directed by Jonas Akerlund

Drunk in Love

directed by Hype Williams

Blow

directed by Hype Williams

No Angel

directed by @lilinternet

Yonce

directed by Ricky Saiz

Partition

directed by Jake Nava

Jealous

directed by Beyonce, Francesco Carrozzini & Todd Tourso

Rocket

directed by Beyonce, Ed Burke & Bill Kirstein

Mine

directed by Pierre Debusschere

XO

directed by Terry Richardson

***Flawless

directed by Jake Nava

Superpower

directed by Jonas Akerlund

Heaven

directed by Beyonce & Todd Tourso

Blue

directed by Beyonce, Ed Burke & Bill Kirstein

**BONUS VIDEO - Grown Woman

directed by Jake Nava

****

www.beyonce.com

SOURCE: Parkwood Entertainment/Columbia Records

NOTE TO EDITORS: Click here for the BEYONCE media toolkit:

http://smarturl.it/beyoncetoolkit

CONTACT:  Yvette Noel-Schure, for US and international, yns@parkwood-ent.com;

or Carl Fysh, for the UK, Carl@purplepr.com

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中