【速報】早稲田大学エジプト学研究所が、エジプトで未知の岩窟墓を発見

早稲田大学

2014/1/6 15:00

2014/01/06

早稲田大学広報室広報課

【速報】早稲田大学エジプト学研究所が、エジプトで未知の岩窟墓を発見

早稲田大学エジプト学研究所(所長・近藤二郎文学学術院教授)は、エジプト・アラブ

共和国南部のルクソール市対岸(ナイル川西岸)で、色鮮やかな美しい壁画が描かれた

保存状態の極めて良い岩窟墓を発見しました。この墓は、これまで知られていなかった

もので、描かれている壁画や碑文から、古代エジプト新王国ラメセス朝時代のものです。

墓の被葬者は、「ムウト神殿の醸造長」の称号を持つコンスウエムヘブという人物です。

このように保存状態の良い未知の岩窟墓が新たに発見される例はほとんどなく、学術的

にも非常に価値の高いものです。今回の発見は、早稲田大学エジプト学研究所が、2007年

12月以来、実施している新王国第18王朝アメンヘテプ3世時代の高官ウセルハト墓(テー

ベ岩窟墓第47号)の第7次調査中になされたものです。(発見の詳細は追って発表します)

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

被葬者コンスウエムヘブ(中央)と妻に息子が捧げ物をしている場面(早稲田大学エジプト学研究所)

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中