◎成功する戦略的提携構築への枠組み

国際競争力フォーラム

2014/1/20 12:08

◎成功する戦略的提携構築への枠組み

AsiaNet 55555

共同JBN 0068 (2014.1.20)

【リヤド(サウジアラビア)2014年1月20日PRN=共同JBN】2014年GCF(国際競争力フォーラム)第1日の焦点は革新の触媒作用、経済成長における女性の役割、教育システムの革新を含むテーマによるサウジアラビア経済の競争力をさらに強化するための戦略的提携の構築だった。

投資パートナーを引きつけるサウジアラビアの新たなアプローチを説明するSAGIA(サウジアラビア総合投資局)のアブドラティフ・アル・オスマン総裁の基調演説「サウジアラビア:好適な投資先」が舞台を整えた。

アル・オスマン総裁は「優秀性に基づく提携関係の育成を主張できる国があるとすれば、それはサウジアラビアである。1930年代の石油発見の初期の時代から世界の有力な石油化学産業コンプレックスの構築を助けたベンチャーに至る世界の最も洗練された提携関係の育成、成長をわれわれは助けた」と述べている。

さらに同長官は「いまやわれわれは次の段階に向けて進んでいる。それは、進化する自国経済にとって正しく、この時期にとって正しく、中でも王国内、世界各地の洞察力のある投資家にとって正しい投資ポートフォリオの多様化の時代である。これらの開発計画を達成する投資環境をつくり出せると固く信じており、設定した目標を実現する意志を十分持っている」と語った。

ムハンマド・アル・ジャセル経済企画相もサウジアラビアの競争上の利点を熱心に強調したが、進歩は名誉だとすべきではあるものの自己満足の余地はないと警告した。

アル・ジャセル経済企画相は、これはサウジアラビアが落ち込むようなわなではないと述べた。サウジアラビアはごく短期間に経済的に大きく前進したが、いまなおなすべきことは多い。同経済企画相は、必要なのは将来、市場の柔軟性、雇用、立法への集中、それに国の競争力をサポートする計画へのコミットであると強調している。

第1日は競争力に関連するマクロ問題に集中した後、2014年GCFの第2日はさまざまな業界分野からのケーススタディーを検討するとともに、内外の来訪者、講演者、専門家とのネットワークの継続的な機会を提供する。

サウジアラビア総合投資局(SAGIA)が2006年に設立したGCFは学者、ビジネスリーダー、政治家、ジャーナリストの地域で最大で最も重要な年次会議の1つに成長した。

詳しい情報はhttp://www.gcf.org.saへ。

▽問い合わせ先

Nick Cash,

gcfe@alefinternational.com,

+966(0)114623632

ソース:Global Competitiveness Forum (GCF)

A Framework for Building Successful Strategic Alliances

PR55555

RIYADH, Saudi Arabia, Jan. 20, 2014 /PRN=KYODO JBN/ --

    The focus for the first day of GCF 2014 was on building strategic alliances

to further boost the competitiveness of the Saudi economy, with topics

including catalyzing innovation, women's role in economic growth and innovating

the education system.

    The stage was set by the Governor of SAGIA, HE Abdullatif Al-Othman in his

keynote speech, 'Saudi Arabia: an investment destination of choice', who

explained the country's new approach to attracting investment partners.

    "If there is a country that can lay claim to fostering partnerships founded

in excellence, it is Saudi Arabia. We have helped nurture and incubate some of

the world's most sophisticated partnerships; from the early days of oil

discovery in the 1930s, to the ventures that helped build the world's leading

petrochemical industrial complexes.

    "Now we are heading towards the next phase: an era of diversifying our

portfolio of investments that is right for our evolving national economy, right

for the times, and most of all, right for discerning investors around the

Kingdom and throughout the world. We strongly believe in creating an investment

climate that will bring about these development plans and we fully intend to

achieve our goals that we have set," said HE Al-Othman.

    Minister of Economy and Planning, HE Dr Muhammad Al-Jasser was also keen to

stress the competitive advantages of Saudi Arabia, but warned that although the

nation should be proud of its progress, there was no room for complacency.

    That isn't a trap that Saudi Arabia will fall into, said HE Dr Al-Jasser.

The Kingdom has made great strides economically in a very short period of time,

but there is still a lot to do. What is needed, he stressed, is a focus on the

future, flexibility in markets, employment and legislation - and a commitment

to initiatives to support the country's competitiveness.

    After a day concentrated on the macro issues affecting competitiveness, the

second day of GCF 2014 is examining case studies from different industry

sectors, as well as providing a continued opportunity to network with visitors,

speakers and experts from home and abroad.  

    Founded in 2006 by the Saudi Arabian General Investment Authority (SAGIA),

the GCF has grown into one of the largest and most important annual gatherings

of academics, business leaders, politicians and journalists in the region.

    For more information, go to: http://www.gcf.org.sa

    Contact:

    Nick Cash,

    gcfe@alefinternational.com,

    +966(0)114623632

    SOURCE: Global Competitiveness Forum (GCF)

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中