◎アジアの消費者、ネットでフォローしているブランドを最大で257%も多く購入

ワゲナー・エドストロム社

2014/1/22 16:05

AsiaNet 55548

【編註】クライアントからの要請により、提供された原稿をそのまま配信します。

    共同通信JBNでは一切編集を行っておりません。

アジアの消費者、ネットでフォローしているブランドを最大で257%も多く購入

コンテンツがカギ:ワゲナー・エドストロム社がアジア太平洋地域におけるコンテンツ・マーケティングの効果を新たに調査

シンガポール 2014年1月22日/PRニュースワイヤ 総合コミュニケーション・エージェンシーのワゲナー・エドストロム・コミュニケーション社(WE)は本日、アジア太平洋地域におけるブランドのデジタルコンテンツとブランドのストーリーテリングの効果に関する独自の調査結果を発表しました。調査報告のタイトルは「コンテンツがカギ:ブランドによるネット上でのストーリーテリングの効果(2014年)」

マルチメディアコンテンツを見る:http://en.prnasia.com/pr/2014/01/22/140023712.shtml

(グラフ:http://photos.prnasia.com/prnh/20140115/8521400237

(ロゴ:http://photos.prnasia.com/prnh/20140115/8521400237LOGO

新たに行われたこの地域調査はアジア内の10の市場で、ブランドのネット上でのストーリーテリングと、消費者の主要な行動(ブランドの支持、購入、エンゲージメント)との関係を、6つのビジネス分野に関して調査したものです。

調査対象となったのは15歳から60歳の2,200人以上の消費者で、対象地域はオーストラリア、中国本土、香港、インド、インドネシア、日本、フィリピン、シンガポール、韓国、ベトナムです。またこの報告にはアジア太平洋地域の分析も含まれています。

「アジアのコミュニケーションのプロ達は、デジタルコンテンツにおける投資利潤率を明らかにするのにますますプレッシャーを感じるようになってきています。私達が新たに行ったこの調査で、ブランドのネット上でのストーリーテリングと、消費者による購入、参照、エンゲージメントの増大とには明らかな関係があることがわかりました。」とワゲナー・エドストロム社のインサイト・アンド・アナリティクス・プラクティスのAPACリードであるスティーヴン・トレイシーは語りました。「単純にいうと、消費者のブランド・コンテンツに対するエンゲージメントが大きければ大きいほど、ブランドに費やす金額も大きくなるのです。」

ワゲナー・エドストロム社アジア太平洋地域スタジオDのデジタル部門副社長であるザヒア・ヌルウディンは以下のように語りました。「2014年にブランドのオーナーは、豊かで説得力があり、ブランドと相関性のあるストーリーテリングを消費者に対して行うことに集中しなければならない、ということが明らかになったのです。各ブランドがアジアのマーケットで高品質なコンテンツ・マーケティングによって消費者のエンゲージメントを作り出すことができれば、投資利潤率は後からついてくるでしょう。」

この調査では旅行・観光、モバイル端末、家電製品(モバイル端末を除く)、食品・飲料品、パーソナルケア製品、ヘルスケアの各分野に関して消費者がブランドとどのように関わっているかについて質問がなされました。

以下は今回の調査で明らかになった事柄です。

アジア太平洋地域全体

・アジア太平洋地域全域においてモバイル端末ブランドは最も多くのデジタル・ファン、及びフォロワーを獲得しています。72%のアジアの消費者がモバイル端末ブランドをネット上でフォローしていると回答しました。

・アジアのデジタル消費者の78%が、ソーシャル・メディアを通して製品やサービスの情報を得ていると回答しました。

オーストラリア

・パーソナルケア・ブランドをネット上でフォローしているオーストラリアの消費者は、1週間あたり最大で111%多くパーソナルケア製品を購入しています。

・旅行・観光ブランドをネット上でフォローしているオーストラリアの消費者は、年間で最大51%多く旅行・観光の商品やサービスを購入しています

中国本土

・食品・飲料品・ブランドをネット上でフォローしている中国の消費者は、毎週最大で160%多く食品・飲料品を購入しています。

・中国の86%のデジタル消費者は積極的にネット上の広告記事コンテンツを消費したり、デジタル広告をクリックしたりしています。

香港

・モバイル端末ブランドをフォローしている香港の消費者は、33%多い確率でモバイル端末のブランド、製品やサービスを友人、家族、同僚に推薦しています。

・香港の88%のデジタル消費者は、ソーシャルメディア上のコンテンツ及び無料プレゼントのあるブランドキャンペーンに参加しています。

インド

・インドの91%のオンライン消費者がFacebookを「頻繁に」または「非常に頻繁に」利用しています。

・旅行・観光ブランドをフォローしているインドの消費者は、年間で最大187%多く旅行・観光商品を購入しています

インドネシア

・ネット上の消費者の95%がソーシャル・メディアで製品やサービスの情報を得ています。

・インドネシアのデジタル消費者の87%がソーシャル・メディアで最新の割引情報やプロモーション情報を検索しています。

日本

・日本の家電製品ブランドをネット上でフォローしている消費者は、家電製品の購入1回あたり最大で12%多い金額を費やしています。

・日本の60%のデジタル消費者は積極的にネット上の広告記事コンテンツを消費したり、デジタル広告をクリックしたりしています。

韓国

・韓国のデジタル消費者の32%がCyworldを「頻繁に」または「非常に頻繁に」利用しています。

・食品・飲料品ブランドをネット上でフォローしている韓国の消費者は、毎週最大で167%多く食品・飲料品を購入しています。

フィリピン

・旅行・観光ブランドをネット上でフォローしているフィリピンの消費者は、年間で最大で160%多く旅行・観光の商品やサービスを購入しています。

・ヘルスケア・ブランドをネット上でフォローしているフィリピンの消費者は、ヘルスケア関連の製品やサービスの購入1回あたり、最大で257%多い金額を費やしています。

シンガポール

・食品・飲料品ブランドをネット上でフォローしている消費者は、最大で毎週108%多く食品・飲料品やサービスを購入しています。

・ヘルスケア・ブランドをネット上でフォローしているシンガポールの消費者は、ヘルスケア関連の製品やサービスの購入1回あたり、最大で172%多い金額を費やしています。

ベトナム

・パーソナルケア・ブランドをネット上でフォローしているベトナムの消費者は、1週間あたり最大で156%多くパーソナルケア製品を購入しています。

・ヘルスケア・ブランドをオンラインでフォローしているベトナムの消費者は、57%多い確率でヘルスケア・ブランドの製品やサービスを友人、家族、同僚に推薦しています。

「2014年にコミュニケーションをうまく進めるためには、デジタル主導型のブランドのストーリーテリングが重要であることがこの研究から分かります。消費者はオンラインでブランドへのエンゲージメントを持つことを望んでいるのです。」とワゲナー・エドストロム社の上席副社長であるマシュー・ラッキーは語りました。「2014年、B2B、B2C企業共に消費者に対してより素晴らしいコンテンツを提供すれば消費の拡大、エンゲージメントの度合い向上、より高度なブランド支持という報いが得られると見ています。」

ワゲナー・エドストロム社による調査報告の完全版は以下のサイトでダウンロードできます。http://apac.waggeneredstrom.com

ワゲナー・エドストロム社について

ワゲナー・エドストロム・コミュニケーションズ(WE)は世界的な独立総合コミュニケーション・エージェンシーです。革新的で世界に変革をもらたすようなクライアントに対して、戦略的コミュニケーション・プログラムの開発や提供を30年にわたり続けており、マーケットに影響を与え、人々にひらめきを呼び起こし、生活が向上することを目指しています。WE APACは特に消費者、テクノロジー、ヘルスケア、企業、デジタルのコミュニケーション分野を専門としています。WEはザ・ホームズ・レポートによってAPAC コンシューマー・コンサルタンシー・オブ・ザ・イヤー2013に選ばれました。また、2012年にWEはキャンペーン・アジア・パシフィック・PR賞のミッドサイズ・ネットワーク・オブ・ザ・イヤーに2年連続で選ばれました。さらに同年、ザ・ホームズ・レポートによってAPACテクノロジー・コンサルタンシー・オブ・ザ・イヤーに、2011年にはザ・ホームズ・レポートのアジア太平洋SABRE賞のベスト・デジタル・キャンペーン・オブ・ザ・イヤーを受賞しています。同社は750人以上の従業員を抱え世界中に19の拠点を持っており、グローバル・アライアンス・パートナーの協力によって80以上もの世界市場に版図を広げています。詳しくはウェブサイトを御覧ください。http://apac.waggeneredstrom.com

ここに使用されているワグナー・エドストロム社(R)のマーク、イノベーション・コミュニケーションズ(R)のマーク、トウェンズ(TM)のマーク、WEスタジオD(TM) のマークやその他のマークは登録済の、まはた未登録のワゲナー・エドストロム・ワールドワイド社のアメリカ合衆国および/またはその他の国での商標です。ここに言及されている会社の実際の名称や製品の名称は各社の登録済の、または未登録の商標である可能性があります。許諾のない使用を一切禁止します。

問い合わせ先:

Jordyn Hill ワゲナー・エドストロム 社 +65-9873-3121 jhill@waggeneredstrom.com

出所:ワゲナー・エドストロム社

Asian Consumers Spend up to 257% More on Brands They Follow Online

PR55548

SINGAPORE, Jan. 22, 2014 /PRN=KYODO JBN/ --

Content Matters: A New Asia-Pacific Content Marketing Impact Study from

Waggener Edstrom

Integrated communications agency Waggener Edstrom Communications (WE) today

released a new, proprietary research study about the impact of digital content

and brand storytelling online for brands across Asia-Pacific. The research is

entitled Content Matters: The Impact of Brand Storytelling Online in 2014.

View the multimedia assets at:

http://en.prnasia.com/pr/2014/01/22/140023712.shtml

(Infographic: http://photos.prnasia.com/prnh/20140115/8521400237 )

(Logo: http://photos.prnasia.com/prnh/20140115/8521400237LOGO )

The new regional study reveals the relationship between brand storytelling

online and key consumer behaviors such as brand advocacy, spending, and

engagement across six business categories in ten Asian markets.

The study surveyed over 2,200 consumers between the ages of 15 and 60 across

Australia, mainland China, Hong Kong, India, Indonesia, Japan, Philippines,

Singapore, South Korea, and Vietnam. The report also shares Asia-Pacific

regional findings.

"Communications professionals across Asia find themselves under increasing

pressure to prove the ROI of their investments in digital content. Our new

research reveals a clear relationship between brand storytelling online and

increased consumer spending, referrals, and engagement," said Stephen Tracy,

APAC Lead at Waggener Edstrom's Insight & Analytics (I&A) practice. "Put

simply, the more consumers engage with brand content, the more they spend on

brands."

Zaheer Nooruddin, Vice President of Digital at Waggener Edstrom's Studio D in

Asia-Pacific, added: "For us the real take-away is that brand owners must focus

on creating rich, compelling, and relevant storytelling for their audiences in

2014. If brands succeed with creating consumer engagement through high-quality

content marketing across Asian markets, then the ROI will follow."

Respondents were asked a series of questions related to how they interact with

brands across different business sectors, including Travel & Tourism, Mobile

Devices, Consumer Electronics and Appliances (excluding Mobile Devices), Food &

Beverage products, Personal Care products, and Healthcare.

Some of the findings from the study include:

ACROSS ASIA-PACIFIC

  -  Across the APAC region, Mobile Device brands have the most digital fans

     and followers; 72% of Asian consumers stated that they follow a Mobile

     Device brand in the digital space

  -  78% of Asian digital consumers state they obtain information about

     product and services using social media

AUSTRALIA

  -  Australian consumers who follow Personal Care brands online spend up to

     111% more on Personal Care products per week

  -  Consumers in Australia who follow Travel & Tourism brands online spend

     up to 51% more on Travel & Tourism products and services per year

MAINLAND CHINA

  -  Chinese consumers who follow Food & Beverage brands online spend up to

     160% more on Food & Beverage products every week

  -  86% of digital consumers in China actively consume online advertorial

     content or click on digital ads   

HONG KONG

  -  Consumers in Hong Kong who follow Mobile Device brands online are 33%

     more likely to recommend a Mobile Device brand, product, or service to a

     friend, family member, or colleague

  -  88% of digital consumers in Hong Kong participate in brand campaigns

     that have contests and giveaways on social media

INDIA

  -  91% of Indian online consumers use Facebook Frequently or Very

     Frequently  

  -  Consumers in India who follow Travel & Tourism brands spend up to 187%

     more on Travel & Tourism products per year

INDONESIA

  -  95% of Indonesian online consumers obtain information about products and

     services on social media

  -  87% of digital consumers in Indonesia search for the latest deals and

     promotions from brands on social media

JAPAN

  -  Consumers in Japan who follow Consumer Electronics & Appliance brands

     online spend up to 12% more on Consumer Electronics & Appliances

     products per purchase

  -  60% of digital consumers in Japan actively consume online advertorial

     content or click on digital ads

SOUTH KOREA

  -  32% of digital consumers in South Korea use Cyworld Frequently or Very

     Frequently

  -  Consumers in South Korea who follow Food & Beverage brands online spend

     up to 167% more on F&B products every week

PHILIPPINES

  -  Consumers in the Philippines who follow Travel & Tourism brands online

     spend up to 160% more on Travel & Tourism products and services per year

  -  Consumers in the Philippines who follow Healthcare brands online spend

     up to 257% more on Healthcare-related products and services per purchase

SINGAPORE

  -  Consumers who follow Food & Beverage brands spend up to 108% more on F&B

     products and services per week

  -  Consumers in Singapore who follow Healthcare brands online spend up to

     172% more on Healthcare-related products and services per purchase

VIETNAM

  -  Consumers in Vietnam who follow Personal Care brands online spend up to

     156% more on Personal Care products and services per week

  -  Consumers in Vietnam who follow Healthcare brands online are 57% more

     likely to recommend a Healthcare brand, product or service to a friend,

     family member, or colleague

"This study shows that in 2014 digital-driven brand storytelling is central to

successful communications. Consumers want to be engaged by brands online," said

Matthew Lackie, Senior Vice President at Waggener Edstrom. "We are seeing that

B2B and B2C companies will be rewarded in 2014 with larger spends, engagement

rates, and higher levels of brand advocacy when they provide their audiences

with great content."

The complete study from Waggener Edstrom can be downloaded from

http://apac.waggeneredstrom.com.

About Waggener Edstrom Communications

Waggener Edstrom Communications (WE) is a global, independent integrated

communications agency that has developed strategic communications programs for

innovative and world-changing clients for nearly 30 years -- working to

influence markets, inspire people and improve lives. WE APAC specializes in the

Consumer, Technology, Healthcare, Corporate and Digital communications sectors.

WE was recently named APAC Consumer Consultancy of the Year 2013 by The Holmes

Report. In 2012, WE was named Mid-Size Network of the Year at the Campaign

Asia-Pacific PR Awards for the second year running, APAC Technology Consultancy

of the Year by The Holmes Report, and in 2011 Best Digital Campaign of the Year

by The Holmes Report's Asia Pacific SABRE Awards. The agency has more than 750

employees in 19 offices around the world, and its Global Alliance partners

expand the agency's reach to more than 80 additional international markets. To

learn more, visit http://apac.waggeneredstrom.com.

The Waggener Edstrom(R) mark, the Innovation Communications(R) mark, the

twendz(TM) mark, the WE Studio D(TM) mark and other marks used herein are

registered or unregistered trademarks of Waggener Edstrom Worldwide Inc. in the

United States and/or other countries. The names of actual companies and

products mentioned herein may be the registered or unregistered trademarks of

their respective owners. Unauthorized use is strictly prohibited.

For more information:

Jordyn Hill, Waggener Edstrom, +65-9873-3121, jhill@waggeneredstrom.com

SOURCE  Waggener Edstrom Communications

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中