ECHONET Lite最新仕様対応のミドルウェアをリリース!

日新システムズ

2014/1/27 10:00

株式会社日新システムズ(本社:京都、代表取締役社長:竹内嘉一)は、スマートハウス構築に必要なECHONET Lite(エコーネット ライト)対応機器の開発を促進する最新仕様に対応したミドルウェア「EW-ENET Lite(イーダブル イーネット ライト)」の新バージョン(Ver1.5.0)を2014年1月27日にリリース致します。

2014年1月27日

株式会社日新システムズ

ECHONET Lite最新仕様対応のミドルウェアをリリース!

普及が進むスマートメーターなど短期間の開発が可能

株式会社日新システムズ(本社:京都、代表取締役社長:竹内嘉一、以下日新システムズ)は、スマートハウス構築に必要なECHONET Lite(エコーネット ライト)対応機器の開発を促進する最新仕様に対応したミドルウェア「EW-ENET Lite(イーダブル イーネット ライト)」の新バージョン(Ver1.5.0)を2014年1月27日にリリース致します。

■主な特長

1.ECHONET Lite通信規格の最新版(ECHONET機器オブジェクト詳細規定Release D)に対応

 急速な普及が進むスマートメーターをはじめ、重点8機器(※1)や連携機器の最新仕様

 の対応が短期間で開発できます。

2.お客様の開発環境に合わせた製品ラインナップ

 主に組込み機器向けのC言語版、パソコン・スマートフォン向けのJava版(SE、ME)、

 をご用意しており、ソースコードにてご提供いたします。

 C言語版は、小さなメモリサイズの機器に対しECHONET Lite化が可能となります。

 使用する機能を簡単に取捨選択できるコンフィグレーション機能を追加することで、

 サイズを削減し、また機器の製造コストの低減も可能とします。

  (例)エアコンクラス機器オブジェクト搭載の場合、

   旧バージョン: ROM 18.6KB

   新バージョン: ROM 13.3KB   約30%のサイズダウン

3.周辺ツールも最新仕様に同時対応

 ECHONET Lite開発をサポートする周辺ツールである、デバッグ・検証ツール

 「機器マネージャ」、ECHONET Lite認証支援自動化テストツール

 「EW-ENET Lite Tester」も同時に最新仕様に対応しました。

■EW-ENET Lite新バージョン(Ver1.5.0)について

「EW-ENET Lite」は、ECHONET Lite対応機器を簡単に開発できるミドルウェアです。

経済産業省が推奨するHEMS通信プロトコルであるECHONET Liteの最新仕様に対応し、スマートメーター、太陽光発電、蓄電池など重点8機器(※1)を含めた全168種類の機器に対しECHONET Lite対応の開発を加速いたします。2012年3月にリリースして以来、数多くの採用を頂いており、弊社はECHONET Lite 対応機器開発の先駆者として、最新の機器オブジェクト詳細規定のバージョンアップにいち早く対応致しました。

「EW-ENET Lite」をお使いいただくことにより、ECHONET Lite 処理部分のミドルウェア開発工数を削減でき、短期間でECHONET Lite に対応した機器やシステムの開発、商品化を実現いたします。

○EW-ENET Lite(Ver1.5.0)のその他の特長

・最新仕様「ECHONET Lite 規格書 Ver1.10」に準拠

・APPENDIX ECHONET機器オブジェクト詳細規定Release(A,B,C,D)すべてに対応

・168種類の機器オブジェクトに対応

・機器オブジェクト詳細規定の全バージョン(Release A、B、C、D)対応により、

 異なるバージョンの機器との通信にも対応できるコントローラ開発が可能

・Linux/Windows(R)上でのECHONET Lite プログラミング開発が可能

日新システムズは様々な開発環境に対応し得る製品を取り揃えており、長年の組込み開発のノウハウをスペシャリストによるECHONET Lite実装といった受託開発も承り、ECHONET Lite開発ソリューションとして今後も開発者を支援する製品・サービスをご提供いたします。

※1 重点8機器とは

スマートメーター、太陽光発電、蓄電池、燃料電池、 EV/PHV、エアコン、照明機器、給湯器の8機器を言い、図1に重点8機器とHEMSとの関連イメージについて示します。

<参考情報>

■ECHONET Liteとは

ECHONET Liteとはスマートハウス構築を実現するための、エコーネットコンソーシアムが策定する通信規格です。家庭で使用するスマートメーターや家電機器、太陽光発電システム、蓄電池などの間で情報をやりとりし、エネルギーをより効率良く制御することを目的としています。その通信規格が、経済産業省や大手メーカを含む協議団体JSCA(Japan Smart Community Alliance)の国際標準化ワークグループ「スマートハウス標準化検討会」において、スマートハウスの中核を担うHEMSの公知な標準インタフェースとして推奨すると

2011年12月に発表されました。

■EW-ENET Liteについて

弊社は2010年よりHEMSサーバ開発への取り組みをスタートし、2011年4月よりエコーネットコンソーシアム会員に入会、そして現在ではエネルギー関連機器のネットワーク対応やEMS(エネルギー・マネジメント・システム)との接続部分

の開発実績を持っています。2011年3月11日に発生した東日本大震災以降、日本でもスマートグリッドへの意識は今まで以上に高まり、HEMSにおける通信規格の統一によって、得意とするHEMS分野において他社に先駆け本ミドルウェアの自社

開発を着手し、2012年3月にEW-ENET Liteをリリースすることになりました。

■EW-ENET Lite Tester について

ECHONET Lite規格適合性認証取得に必要なテスト全項目の自動テスト、認証申請書類に準じたフォーマットでの試験結果のファイル出力などが可能なツールです。※本製品はオプション(別売品)となります。

■機器マネージャについて

擬似的にホストからデバイスに対し、検索や各種コマンドを発行できるECHONET Lite対応機器開発のデバッグ・検証ができるツールです。

■日新システムズについて

日新電機株式会社(東証、大証1部上場)の全額出資子会社である、日新システムズは、“Smart Solution Partner”を掲げ、組込み事業とシステム開発事業で培った技術力とICT(情報通信技術)化の実現により、エネルギーをはじめとする様々な分野のお客様とともに新たな価値を創造し、スマートな社会創りに貢献する企業です。組込みソフトウェア開発の技術力としては、OSのカスタムボードへのポーティング、デバイスドライバ開発、アプリケーション開発を得意としており、エネルギー分野においては、ECHONET Lite 規格に対応したHEMS(Home Energy Management System)等を自社開発し販売、サポートを行っています。

日新システムズのホームページ http://www.co-nss.co.jp

※本資料に掲載する会社名、製品名は各社の登録商標または商標です。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中