◎ジグビー・アライアンス、スマートグリッドNAN向けの標準規格化作業を発表

ジグビー・アライアンス

2014/1/28 10:15

◎ジグビー・アライアンス、スマートグリッドNAN向けの標準規格化作業を発表

AsiaNet 55554

共同JBN 0069 (2014.1.28)

【サンラモン(米カリフォルニア州)2014年1月28日PRN=共同JBN】

*オープンな国際標準規格IEEE、IETFに基づく相互運用可能な無線IPv6通信プロファイルの開発

エネルギー管理、商用、家庭用アプリケーション向け無線ソリューション規格を策定するグローバルな標準化団体であるジグビー・アライアンス(ZigBee Alliance)は28日、スマートメータリングおよびスマートグリッド分野の加盟企業グループが、各社の無線スマートグリッドNeighborhood Area Network(NAN)製品とソリューションの間に、真のプラグインプレー相互運用性を実現することを目指す通信プロファイルを開発中であると発表した。NANとは、RFコレクターあるいはデータ収信器、野外装置などの広域ネットワーク(WAN)ゲートウェイにスマートメーターと配電自動化デバイスを接続する、電力会社のラストマイルの屋外アクセス・ネットワークとして定義されるものである。

(Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20140127/AQ48645

(Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20091005/SF86596LOGO

世界の規制当局および電力会社は、標準規格に準拠する相互運用可能なNANを求めている。オープンな国際標準規格によって、製品間のシームレスな相互運用が常に保証されるだけでなく、電力会社は製品機能の幅広い選択が可能となるほか、料金競争力の向上と、供給リスクの軽減を実現し、ベンダー選択における柔軟性を確保できる。既存のIEEEおよびIETF規格は、その規格内に利用可能な多数のオプションがあるため、相互運用性を実現できない。このNAN仕様は、標準規格間で最適なオプションを選択し、認証可能な相互運用性のある通信プロファイルを定義することにより、この問題を解決する。これは、現在利用できる相互運用不可能な独自技術に基づくシングルベンダー・ソリューションに比べて、電力会社に大きな進歩をもたらすものである。

相互運用性を保証するため、完全な無線通信プロトコルは、ISO OSI通信スタックのレイヤー1から4までが定義される。このプロトコルは、さまざまなIPベースのアプリケーションをサポートする統一されたトランスポート・ネットワークを提供する。レイヤー1と2は、相互運用可能なNAN開発を実現するために導入されたIEEE 802.15.4(2011年)規格を修正したIEEE 802.15.4gに基づくものになる。レイヤー3と4は、IPv6ネットワーク・レイヤーとその関連ネットワーク・スキーム、適切なルーティング、トランスポート・プロトコル(例えばRPL、UDP、TCP)とそれに関連するセキュリティー・メカニズムを含むIEFT規格に基づくものになる。この無線通信プロファイルにより、スマートメーター、スマートグリッド機器、通信インフラストラクチャー・ノード製品の実装を認定可能なNAN通信プロファイルに基づいて完了しているさまざまなベンダーの間で、相互運用性が実現される。スマートメータリングや配電自動化など、現在存在するスマートグリッド・アプリケーションは、この相互運用可能なIPv6通信プロファイルを最優先して動作するようになる。

また、このNAN標準規格化作業の重要な目的の一つは、さまざまなメーカーのスマートグリッド製品およびソリューションの相互運用性を認定できるように、独立系テスト機関がサポートするテストおよび認定プログラムを確立することである。ジグビー・アライアンスは、電力会社の顧客がスマートグリッド・ベンダーの選択を行う際、顧客に信頼をもたらす認定されたスマートメーターおよびスマートグリッド製品の登録を確立していく。ジグビー・アライアンスは既に、スマートエネルギーなどの他のアプリケーション分野において、テストおよび認定プログラムを確実に管理する豊富な経験を誇っている。

Landis + Gyrの通信技術ディレクターであるビル・リヒテンシュタイガー氏は「ジグビー・アライアンスには、優れたシリコンおよび通信プロトコルのスペシャリストに加え、世界をリードするスマートメータリングおよびスマートグリッド・ソリューションの専門家が多数集まっている。この専門技術とアライアンスの豊富な経験、および相互通信可能な通信プロファイルのテストと認定への地道な取り組みを結びつけることで、アライアンスに所属する電力会社の顧客およびベンダーにとって一連の貴重な標準規格が生み出されることになる。これらの規格は、さまざまなベンダーの製品間の相互運用性を保証するだけでなく、性能と信頼性を向上させ、リスクの軽減と柔軟性の増大に寄与する」と語った。

現在までに、このNANに関する市場の要件、および詳細な技術要件の定義とドキュメンテーションは完成を見ている。NAN規格に含まれるPHY/MAC機能の相互運用性をテストする概念実証イベントについては昨年、数件が世界中の企業が参加して行われた。ここでは、参加企業のすべてのNAN製品が、PHY/MACレイヤーで相互通信が可能であった。さらにいくつかの企業では、基本的なIP機能の相互運用性を実証するに至っている。NAN標準規格化作業は2014年末までには完了する予定であり、そこには、技術仕様、プロトコル実装適合声明書(PICS)、認証テスト計画も含まれる。

ジグビー・アライアンスのトービン・J・M・リチャードソン会長兼最高経営責任者(CEO)は「ジグビー・アライアンスは長年にわたり、オープンなIEEE 802.15.4およびIETFの国際規格に基づく相互運用可能な無線通信規格を開発してきており、これらは世界中で多数のアプリケーションに採用されている。当アライアンスに加盟するスマートグリッド企業が着手した今回の新たなイニシアチブを歓迎するとともに、電力会社がNANによる相互運用性を達成できるよう、ジグビー・アライアンスの活動を一層充実させていく」と語った。

▽優れたコントロールを実現するZigBeeの無線通信管理技術

ZigBeeは環境に優しいグローバルな無線規格を提供しており、それによって最も広範囲の製品がインテリジェントに結ばれ、利用者による優れたコントロールを実現している。ジグビー・アライアンスはオープンな非営利団体であり、約400社の加盟企業が革新的で信頼性が高く、使いやすいZigBee規格の開発に携わっている。ジグビー・アライアンスは、消費者、商用、産業の各分野に対する最先端の無線ネットワークによるセンシングおよびコントロール規格であるZigBeeが世界中で採用されるように努めている。詳しい情報はウェブサイト(www.ZigBee.org)を参照。

▽問い合わせ先

Ryan Maley

(ジグビー・アライアンス)

rmaley@zigbee.org

+1 708-497-9260

Traci Renner

(GolinHarris、ジグビー・アライアンス担当)

trenner@golinharris.com

+1 714-918-8226

ZigBee Alliance Announces Standards Activity For Smart Grid Neighborhood Area Networks

PR55554

SAN RAMON, Calif., Jan. 28, 2014 /PRN=KYODO JBN/ --

       -- Development of an interoperable wireless IPv6 communication profile

based on international open IEEE and IETF standards

    Today the ZigBee Alliance, a global ecosystem of organizations creating

wireless solutions for use in energy management, commercial and consumer

applications, announced that a group of leading smart metering and smart grid

member companies are developing a communication profile aimed at achieving true

plug-and-play interoperability between the members' wireless smart grid

Neighborhood Area Network (NAN) products and solutions. The NAN is defined as a

utility's last-mile, outdoor access network that connects smart meters and

distribution automation devices to Wide Area Network (WAN) gateways such as RF

collectors or data concentrators and field devices.

       (Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20140127/AQ48645)

       (Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20091005/SF86596LOGO)

    There is a global requirement from regulators and utilities for

standards-based interoperable NANs. Open global standards provide utilities

with wider choice of product features, increased price competition, reduced

supply risk and flexibility in selecting vendors all while assuring that

products will interoperate seamlessly. Existing IEEE and IETF standards on

their own do not ensure interoperability due to the many options available

within the standards. The NAN specification will fill the gap by selecting the

most appropriate options between standards and defining a communication profile

with certifiable interoperability. This will be a significant improvement for

utilities when compared with the non-interoperable, proprietary single-vendor

solutions available today.

   In order to ensure interoperability, a full wireless communications protocol

is being defined for Layers 1 through 4 of the ISO OSI communication stack.

This provides a harmonized transport network supporting different IP-based

applications. Layers 1 and 2 will be based on the IEEE 802.15.4g amendment to

the IEEE 802.15.4 (2011) standard that was introduced to enable the development

of interoperable NANs. Layers 3 and 4 will be based on IEFT standards including

the IPv6 network layer and associated networking schemes, appropriate routing

and transport protocols (e.g., RPL, UDP and TCP) and relevant security

mechanisms. This wireless communications profile will enable interoperability

between different vendors who have all implemented their smart meters, smart

grid devices and communication infrastructure node products according to the

certifiable NAN communications profile. Today's existing smart grid

applications such as smart metering and distribution automation will run on top

of this interoperable wireless IPv6 communications profile.

   A key aspect of this NAN standardization work is to establish a test and

certification program supported by independent test houses with the aim of

certifying the interoperability of different manufacturers' smart grid products

and solutions. The ZigBee Alliance will maintain a register of certified smart

meter and smart grid products in order to provide confidence for utility

customers when making their smart grid vendor selections. The ZigBee Alliance

already has a great deal of experience in successfully managing test and

certification programs for other application areas such as Smart Energy.

   "Our Alliance contains an impressive collection of the world's leading smart

metering and smart grid solution experts, along with the leading silicon and

communication protocol specialists," said Bill Lichtensteiger, Director of

Communication Technology at Landis + Gyr. "When you combine this expertise with

our Alliance's experience and ever-increasing focus on testing and

certification of interoperable communication profiles, it results in a valuable

set of standards for our utility customers and vendors. As well as ensuring

interoperability between products from different vendors, these standards will

help to increase performance and reliability, reduce risk and increase

flexibility."

   To date, the definition and documentation of the market requirements and the

detailed technical requirements for the NAN has been completed. A number of

'proof of concept' events to test the interoperability of the PHY/MAC functions

that will be included in the NAN standard have been held during the past year

involving companies from around the world. All participants' NAN products were

able to communicate with each other through the PHY/MAC layers. In addition,

several companies demonstrated interoperability for basic IP functions. The NAN

standardization work is anticipated to be completed by the end of 2014 and will

also include the Technical Specification, Protocol Implementation Conformance

Statement (PICS) and Certification Test Plan.

   "The ZigBee Alliance has a long history of developing interoperable wireless

communication standards based on open international IEEE 802.15.4 and IETF

standards, which have been adopted worldwide in numerous applications," said

Tobin J.M. Richardson, President & CEO of the ZigBee Alliance. "We welcome this

new initiative which was started by our smart grid member companies and look

forward to extending our activities by helping utilities to achieve

interoperability in their NANs."

   ZigBee: Control your world

   ZigBee offers green and global wireless standards, connecting the widest

range of devices to work together intelligently and help you control your

world. The ZigBee Alliance is an open, non-profit association of approximately

400 members driving development of innovative, reliable and easy-to-use ZigBee

standards. The Alliance promotes worldwide adoption of ZigBee as the leading

wirelessly networked, sensing and control standard for use in consumer,

commercial and industrial areas. For more information, visit: www.zigbee.org.

   SOURCE:  ZigBee Alliance

   CONTACT:

   Ryan Maley, ZigBee Alliance,

   +1-708-497-9260,

   rmaley@zigbee.org;

   or Traci Renner, GolinHarris for the ZigBee Alliance,

   +1-714-918-8226,

   trenner@golinharris.com

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中