◎マースク・コンテナ・インダストリー、大きな可能性を秘めた新テクノロジーの立ち上げへ

MCI

2014/1/28 11:25

AsiaNet 55649

【編註】クライアントからの要請により、提供された原稿をそのまま配信します。
    共同通信JBNでは一切編集を行っておりません。

ニュースリリース・2014年1月28日 01:01(中央ヨーロッパ標準時)

マースク・コンテナ・インダストリー、大きな可能性を秘めた新テクノロジーの立ち上げへ

生鮮食品と切り花の輸送における大きな効率性の向上を視野に入れて、この度マースク・コンテナ・インダストリー(MCI:Maersk Container Industry)は、ボストンを拠点とするテクノロジー企業、プリマイラ(Primaira LLC)と提携し、スター・クール・インテグレーテッド(Star Cool Integrated)冷蔵コンテナの空気清浄化システムの開発に臨むことになりました。

マルチメディアのニュースリリースは:
http://www.multivu.com/mnr/64186-maersk-container-launch-new-technology

(Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20120531/537201 )

特許取得済みの技術、ブルーゾーン(R)(Bluezone(R))が黴や菌類、バクテリアを効率的に除去することは、試験によって示されています。市場に流通しているものの300倍という高濃度のオゾンを用いるブルーゾーンは、エチレン除去にも効果的です。

「最終的な設計についてはまだ検討中ですが、ブルーゾーンとスター・クールの組み合わせが、経済面でも環境面でもコンテナ輸送史上にこれまでに無かった利点をもたらしてくれるものと確信しています。」と、MCIのチーフ・コマーシャル・オフィサー、ゾーレン・レス・ヨハンセン(Soren Leth Johannsen)氏はコメントしています。

MCIのパートナー、プリマイラは食品の品質を向上するテクノロジーの開発において、豊富な経験があります。

「エチレンと黴の除去におけるブルーゾーンの優位性と、生鮮食品の保存可能期間延長における有効性は、長年の厳格で科学的な研究によって証明されています。」と、プリマイラのマネージング・パートナーであるカレン・ベネデク(Karen Benedek)氏はコメントしています。

ブルーゾーンは、定評のあるMCIのCAやAV+システムを補強し、コンテナ輸送の及ぶ地理的範囲を拡張し、果物や生鮮食品の品質を保持します。

リーファー・コンテナの所有者は喜びを露わにしています。

「当社顧客は積荷の品質保持について益々注意を払うようになっています。このことから、当社では冷蔵コンテナ内の空気清浄化システムの動向を、何年にもわたって追ってきました。」と、シーボード・マリーン(Seaboard Marine Ltd. )の冷蔵サービス部門ディレクター、クライド・ウィンゲート(Clyde Wingate)氏はコメントしています。

ウィンゲート氏はまた、次のように付け加えています。「今日の市場で提供されているシステムのうち、例えばオゾンを用いるものは、一度の積荷に対して一時的にのみ設置されることがほとんどです。したがって、操作が繁雑になったり、オゾン濃度が低いことから効果が記録されないなどという問題が生じています。コンテナ所有者の視点からすれば、オゾンがその性質上、ゴム、アルミニウム、銅などに接触した際激しく作用することも大きな懸念事項です。」

「MCIが密閉空間における高濃度のオゾンを実現するシステムを本当に開発できれば、荷送人、コンテナ船ともにこれを大いに採用するでしょう。」と、ウィンゲート氏はコメントしています。

ブルーゾーンがモーダル・シフトをもたらす可能性があります。例えば、新鮮な切り花は世界的に140億ドルの市場があり、大陸間での花の輸送は90%以上が空輸で行われています。

「ブルーゾーンとスター・クールの新製品と、その可能性について非常に楽しみにしています。例えば、今日切り花は空輸されていますが、これをリーファー・コンテナ輸送へ移行させる可能性があるのです。その結果もたらされる経済面、環境面での利点を考えてみてください。」と、ゾーレン・レス・ヨハンセン氏はコメントしています。

ブルーゾーン搭載のスター・クールは2014年の下半期に発売されます。


Maersk Container Industry to Launch New Technology With Big Potential

PR55649

TINGLEV, Denmark, January 28/PRN=KYODO JBN/ --

    
    Eyeing vast new efficiencies in global fresh produce and fresh-cut flower
transport, Maersk Container Industry (MCI) is now partnering with Boston-based
technology company Primaira LLC to develop an air cleaning system in Star Cool
Integrated refrigerated containers.

    To view the Multimedia News Release, please click:

    http://www.multivu.com/mnr/64186-maersk-container-launch-new-technology

    (Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20120531/537201 )

    Thorough tests and trials have shown the patented technology, Bluezone(R),
to be an efficient eliminator of molds, fungi and bacteria. Using an ozone
concentration 300 times higher than otherwise seen on the market, Bluezone also
removes ethylene effectively.

    "We are still working on the final design, but we are convinced that the
Bluezone and Star Cool combination represents economic and environmental
upsides so far unseen in container transportation," says Soren Leth Johannsen,
chief commercial officer of MCI.

    MCI's partner, Primaira, has extensive experience developing technologies
that enhance food quality.

    "The years of exacting, scientific work demonstrate the superiority of the
Bluezone technology in ethylene and mold removal and value in extending the
shelf life of fresh produce," says Karen Benedek, managing partner of Primaira
LLC.

    Bluezone complements MCI's well-known CA and AV+ systems, increasing the
geographical reach of containerised transport and preserving the quality of
fruit and produce.

    Reefer container owners are enthusiastic.

    "We have for years followed the development in cleaning systems in
refrigerated containers because our shippers' attention to cargo quality
preservation is becoming more and more pronounced," says Clyde Wingate,
director of refrigeration services at Seaboard Marine Ltd.

    Wingate adds: "The systems offered today in the market, for example using
ozone, are often only temporary installed per shipment, meaning it is
operationally cumbersome or the effect, due to a low ozone concentration, is
undocumented. From a container owner's perspective it is also a major concern
that ozone by nature is aggressive when exposed on rubber, aluminium and
copper."

    "If MCI really can manage to develop a system with high concentration of
ozone in a concealed chamber, then I'm confident that both shippers and
container lines will be very adaptive," says Wingate.

    Bluezone has modal shift potential. Fresh-cut flowers, for example, are a
USD 14 billion market globally, and more than 90 percent of the
intercontinental shipments are by air.

    "We are excited about the Bluezone and Star Cool product and its prospects.
For example, just consider the economic and environmental upsides on
potentially converting today's airfreight of fresh-cut flowers into reefer
containers," says Soren Leth Johannsen.

    Bluezone in Star Cool will be available in 2nd half 2014.

    SOURCE: MCI



本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中