◎A4WPが中国、日本、韓国の標準化組織と覚書交わす

Alliance for Wireless Power (A4WP)

2014/2/25 10:25

◎A4WPが中国、日本、韓国の標準化組織と覚書交わす

AsiaNet 55912

共同JBN 0200(2014.2.25)

【フリーモント(米カリフォルニア州)、北京、東京、ソウル2014年2月25日PRN=共同JBN】

*CCSA(中国)、BWF(日本)、TTA(韓国)の標準化開発機関(SDO)は個別の覚書で、消費者アプリケーション向け磁気共鳴方式ワイヤレス電力伝送の世界的規格調整について重要な前進を示した

Alliance for Wireless Power(A4WP、http://www.a4wp.org/)は25日、China Communications Standards Association (CCSA、http://www.ccsa.org.cn/english/)、日本の横須賀リサーチパーク・ブロードバンドワイヤレスフォーラム(YRP-BWF、http://www.yrp.co.jp/en/yrprdc/exchange/bwf_e.html)、韓国のTelecommunications Technology Association(TTA、通信技術協会、http://www.tta.or.kr/English/)との間で個別に覚書を交わした。それぞれの覚書は、個別に独立管理されているワイヤレス電力伝送技術基準の要素としてA4WPベースライン・システム仕様(BSS)を採用することを目的としている。

A4WPの使命の中核となる要素は国、地域、国際的基盤に基づいて、個々のSDOと共同歩調を取って協力するというコミットメントである。各SDOは、それぞれ特定の規制、地元、世界市場の状況に対応してそれぞれのスケジュールに基づいて運営されている。アジアのSDOとのコラボレーションは、A4WPの半数以上のメンバーが中国圏、日本、韓国からであることから極めて重要である。

CCSAのヤン・ツェンミン理事長は「中国の標準化組織は世界のほとんどの業界がサポートし、世界市場で受け入れられている技術、標準を大いに採用したいと考えている。中国企業もまた国際標準化活動に貢献することを大変望んでいる。CCSAとA4WPの協力によって、A4WP標準から恩恵を受ける中国市場を育成する助けとなるし、ワイヤレス伝送に関する標準化活動に対する中国企業の貢献を促進することになる」と語った。

横須賀リサーチパーク・ブロードバンドワイヤレスフォーラム(YRP-BWF)の庄木裕樹ワイヤレス電力伝送標準開発部会長は「YRP-BWFワイヤレス電力伝送開発部会は、日本市場での技術標準を開発しており、日本の標準開発組織である電波産業会(ARIB)のための次世代ワイヤレス電力伝送技術の地域、国際的調整に加わっている。日本の国内技術標準としてBSSの採用に向けてA4WPと協力できて喜んでいる」と述べた。

チャシク・リムTTA理事長は「TTAはRezence(商標)認証の最初のテストラボであり、韓国企業はA4WPの国別メンバーの25%を占める2大のグループのひとつである。これは明らかに韓国がRezenceに大いに関心を持っている証拠である。TTAとA4WPの協力が強化されて喜んでおり、この強化された協力によって世界的なRezenceワイヤレス電力伝送製品市場が拡大することを確信している」と語った。

今回の新たなコラボレーションによって、Rezence磁気共鳴ベースのワイヤレス電力伝送技術の調整を通じたより迅速で広範な採用が期待され、業界と消費者に恩恵をもたらすことになる。

A4WPは2月24-27日バルセロナで開催される2014年モバイル・ワールド・コングレスのホール2、2J2スタンドでワイヤレス充電標準を紹介する。

A4WPのRezenceの空間的自由度に関するデモビデオは以下のサイトを参照。

http://www.rezence.com/media/multimedia

▽CCSAについて

CCSAは中国国家レベルの情報通信技術標準化組織で、300を超える製造業、ネットワーク運営事業者、サービスプロバイダー、通信分野の研究機関、学界がメンバーになっている。CCSAは情報・通信技術標準に関する研究活動を行っている。CCSAは中国通信市場が世界標準の進展に歩調を合わせ、国際標準化作業に貢献し、中国における通信標準化活動の推進に対応できるようにするのを目的としている。詳細は以下のサイトを参照。

http://www.ccsa.org.cn/english/about.php)

▽YRP-BWF

BWFは、新ワイヤレス通信技術を使用したシステムとサービスの早期商用化と国際発展に貢献するため設立された。研究開発、調査、情報収集、関係組織の連携と協力、宣伝活動を行うことによって、BWFは新ワイヤレス伝送技術を使用して、これら新システムとサービスが健全に発展することを目的としている。YRP研究開発促進委員会は、ブロードバンドワイヤレスフォーラムの事務局として2009年7月に設立された。詳細はhttp://bwf-yrp.netを参照。

▽TTAについて

1988年設立のTTAは技術の前進と情報通信サービスの技術、産業の促進に貢献し、国家経済の発展に貢献している。これらは効果的に技術標準を確立し発表することや、最新の国内および国際的な技術的進歩を反映するテストや認証サービスを提供することで行われており、計画、設計、世界のすみずみまでの電気通信や関連する情報サービスに必要である。これらはネットワーク運営事業者、サービスプロバイダー、機器製造業者、学界、研究開発機関などの情報・通信技術企業、組織やグループとの緊密なコラボレーションの元で進められている。詳細は以下のサイトを参照

http://www.tta.or.kr/English/

▽Alliance for Wireless Powerについて

Alliance for Wireless Power(A4WP)はRezence(登録商標)技術に基づく世界的なワイヤレス充電エコシステムの構築に務める独立非営利組織である。加盟企業は役員企業であるBroadcom Corporation、Gill Electronics、Integrated Device Technology、インテル、クアルコム、サムスン電子、Samsung Electro-Mechanics、WiTricity Corporationなど。A4WPの使命はRezence技術規格を高めて普及させ、世界的な検証・認証手続きを進め、家電 業界を通じて広くRezence技術の利点を積極的に推奨することである。詳細はhttp://www.a4wp.orgを参照。

ソース:Alliance for Wireless Power (A4WP)

▽問い合わせ先

Chris Prouty, MWW for A4WP

cprouty@mww.com

+1-415-987-5491

Naveen Khan, A4WP Administrative Coordinator

nkhan@a4wp.org

+1-510-492-4027

A4WP Signs Wireless Power Technical Standards Collaboration Agreements with Leading Asia Standards Development Organizations

PR55912

FREMONT, Calif., BEIJING, TOKYO and SEOUL, Feb. 25, 2014 /PRN=KYODO JBN/ --

  -- Separate MoUs with CCSA (China), BWF (Japan) and TTA (Korea) SDOs mark

critical step towards global harmonization of magnetic resonance-based wireless

power transfer for consumer applications

    The Alliance for Wireless Power (A4WP) (http://www.a4wp.org/ ) today

announced the signing of separate memoranda of understanding with the China

Communications Standards Association (CCSA) (http://www.ccsa.org.cn/english/ ),

Japan's Yokosuka Research Park Broadband Wireless Forum (YRP-BWF)

(http://www.yrp.co.jp/en/yrprdc/exchange/bwf_e.html ) and Korea's

Telecommunications Technology Association (TTA) (http://www.tta.or.kr/English/

) each aimed at the adoption of the A4WP baseline system specification (BSS) as

an element of respective, independently-managed national wireless power

transfer technical standards.

    A core element of the A4WP mission is a commitment to working

collaboratively with standards development organizations (SDO) on a national,

regional and international basis.  Each SDO operates according to its own

schedule in response to unique national regulatory, and local and global market

conditions.  Asia SDO collaborations are uniquely significant as more than half

of the A4WP membership is from Greater China, Japan or Korea.  

    "China standards organizations have always been willing to adopt the

technologies and standards which have been generally supported by the global

industry and accepted by the global market. China's enterprises are also very

active in contributing to the international standardization activities," said

CCSA Secretary General Zemin Yang.  "I believe the cooperation between CCSA and

A4WP will help to foster the Chinese market which will profit from A4WP

standards and to promote the contribution from Chinese industry to the global

standardization activities on wireless power transfer."

    "The YRP-BWF wireless power transmission working group develops technical

standards for the Japan market and participates in regional and international

harmonization of next-generation wireless power transfer technologies on behalf

of the Association of Radio Industries and Businesses (ARIB), a Japanese

standards development organization," said YRP-BWF wireless power transmission

working group chair Dr. Hiroki Shoki.  "We are pleased to collaborate with the

A4WP towards adoption of the BSS as a Japan national technical standard."

    "TTA became the first Rezence(TM) Authorized Test Lab and Korea companies

are one of the two largest contingents by country at 25% of total A4WP

membership.  These are clear indications of Korea's great interest in Rezence

technology," said Dr. Chasik Leem, TTA president.  "I am very pleased to see

the enhanced cooperation between TTA and A4WP, and I am confident that the

strengthened cooperation will contribute to the expansion of global Rezence

wireless power transmission product market."

    These new collaborations will benefit the industry and consumers with

anticipated more rapid, wider adoption through harmonization of Rezence

magnetic resonance based wireless power transfer technology.

    A4WP is exhibiting its wireless charging standard at the 2014 Mobile World

Congress, in Barcelona, Spain, 24-27 February, 2014 at Hall 2, Stand 2J2.

    For a video demonstration of A4WP's Rezence-enabled spatial freedom, visit

http://www.rezence.com/media/multimedia.

    About CCSA

    CCSA is the Chinese state-level Information Communication Technology (ICT)

standards organization with a membership of over 300 manufacturers, network

operators, service providers, research bodies and academia in the communication

field, which carries out research activities on information and communications

technical standards. CCSA has the objective to adapt the Chinese communications

market, to keep pace with global standardization progress, to promote the

activities on communications standardization in China, and to make

contributions to the global standardization work. For more information visit

the CCSA website (http://www.ccsa.org.cn/english/about.php ).

    About YRP-BWF

    BWF was established to contribute to the promotion of early

commercialization and international development of the systems and services

using new radio communication technologies. By conducting R&D, investigation,

information collection, liaison and coordination with related organizations,

and dissemination activities, BWF aims at the sound advancement of those new

systems and services using new wireless communication technologies.  YRP R&D

Promotion Committee serves as the secretariat of Broadband Wireless Forum (BWF)

established in July 2009.  For more information visit http://bwf-yrp.net/

    About TTA

    Established in 1988, TTA contributes to the advancement of technology and

the promotion of information and telecommunications services and industry as

well as the development of national economy, by effectively establishing and

publishing technical standards, as well as providing testing and certification

services that reflect the latest domestic and international technological

advances, needed for the planning, design and operation of global end-to-end

telecommunications and related information services, in close collaboration

with companies, organizations and groups concerned with information and

telecommunications such as network operators, service providers, equipment

manufacturers, academia, R&D institutes, etc.  For more information visit the

TTA website (http://www.tta.or.kr/English/ ).

    About The Alliance for Wireless Power

    The Alliance for Wireless Power (A4WP) is an independently operated,

not-for-profit organization dedicated to building a global wireless charging

ecosystem based on Rezence(TM) technology. Members include board of director

companies Broadcom Corporation, Gill Electronics., Integrated Device

Technology, Inc., Intel Corporation, Qualcomm Incorporated, Samsung Electronics

Co., Samsung Electro-Mechanics, Co, and WiTricity Corporation. A4WP's mission

includes evolving and publishing Rezence technical specifications, maintaining

global testing and certification processes, and actively promoting the benefits

of Rezence technology throughout the consumer electronics industry. For more

information visit http://www.a4wp.org.

    SOURCE: Alliance for Wireless Power (A4WP)

    CONTACT: Chris Prouty, MWW for A4WP, cprouty@mww.com +1-415-987-5491;

Naveen Khan, A4WP Administrative Coordinator, nkhan@a4wp.org, +1-510-492-4027

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中